Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Sudan

スーダン入国、船の旅!

エジプト南部アスワンからスーダンへ
同じ宿には他にも何人か週一便の船を待つ旅人達がいる

2月第一週目を狙ったのは
欧米人グループ4人
中国人グループ4人
そして私達とダハブからの友人まりちゃんの、日本人3人

みんなアスワンでビザを取って
船のチケットを手に入れて準備してきた
なんかこんな大がかりな国境越えって中国―キルギス以来かも
初めての船入国にわくわく


いつも国境越えの時は買出しに余念がないけど
今回は余計に多かった
あれもこれも
トイレットペーパーも6ロールに
ダニ避けの丈夫なビニールシートも入手(これがここから大活躍!)
食糧もインスタントラーメンにパンに
ジャムにオレンジにトマトにお菓子

気がついたら過去最高なくらい荷物が膨れ上がってる…
最近日本からの差し入れ強化で、私のバックパックの中には未だ大量の日本食が入ってる
かずのバックパックの3分の1はドでかい登山靴を2足無理やり詰め込んでる

気合でせーので荷物を背負って
出発しますは船の出るアスワンハイダム駅まで、まずは電車で!
①


出航17時に向けてゲートの開門は午前10時
港に着いた9時前にはもう人でごった返してる

駅から港までは直結
当日キャンセル待ちをする人の列
出国ゲートに並ぶ列

これに並ぶのか…
と思ってたけど、パスポートを見せると外国人は最優先
ずらっと並ぶみんなを横目にあっさり手続きスルーなのだ
②


あれよという間にほぼ開門同刻で目指す船まで来れちゃった
これが噂の船!
③
結構愛らしい姿をしてるでしょ


しかしまー
みんなもの凄い荷物を持ってる
スーダンからエジプトに買出しに来ている人が多いって話だけど
持ってくものも半端じゃない

大液晶TVに、洗濯機、大型冷蔵庫
これ、みーんな個人のモノ

事前に船脇に準備されてるものだけでこんなにいっぱい
④

押し合いへし合いの乗船を覚悟してたけど
あれれ?こんなにあっさり乗り込めていいの?
外国人パスって凄い効力だなー
まだガラガラの船の中でいい場所も確保した


こっから出発まで7時間もあるのかーと思ってると
ぞろぞろみんな乗り込んできた

300人乗船に対して700人乗せるっていう船なのに
乗船口はたった一つ
みんなを乗り込ませるだけで7時間もかかるのか

でっかい荷物を狭い通路に持ち込むもんだから
ぶつかり合ってすぐにケンカが始まる
そこら中で大声が上がっても、でもみんなすぐ笑いあってる

真っ黒なスーダン人は結構陽気な国の人みたい


乗船料金は2等席で307ポンド、約4000円
もちろんこれは現地人のウン倍の外人料金だ
1回の食事券付

食事は早い方がいいものがあるよって情報を元に、落ち着いたらすぐに食堂車にいってみた
キッチンもいい感じ!
⑤

チキンにじゃがいもシチューにサラダ
パンにオレンジが一個付く
⑥
豪華だね~~~!!


床にビニールシートを敷いて、寝袋を出して
オレンジ剥いて、おやつも食べちゃう

どれだけ過酷かと思ったけど
結構快適な船旅でござい


ナイル川は風もなくて穏やかな凪
船は音もなく静かに進んでく
あぁこれからいよいよ南下してくんだなーなんて事をただぼんやり考えてる

荷物でいっぱいの席から
床に雑魚寝状態のスーダン人に囲まれて、いい夜です
⑦


早朝、朝もやの中で窓からアブシンベル神殿が見えた
アスワンから車で3時間の距離を、船は12時間かかってゆっくり進む
ありがとうエジプト、これで本当にバイバイだ!
⑧

さて
日も昇った事だし
甲板へ出てみましょう


コチラ、乗船直後の人がいない甲板
⑨
うーーん、広々ですね!!


コレ、乗船後はこんな状態になってた!!
⑩
物・人・人・物ーーーー!!

救命ボートにまで人がいっぱい
みんなこの状態で夜を明かしてたんだね
実は、ちょっとだけ、この状況期待してたりして(笑)

⑪

⑫

⑬

こんなに荷物がいっぱいでも
ちゃーんとみんな心地良い場所を見つけて、おしゃべりしてほんわか楽しいムード
これってやっぱり国民性かもね!

救命ボート下でのお茶会に参加してみる
ボウルの中に入ったジャムとチーズをパンにつけて
日陰で延々続く談話会
⑭

⑯

甲板にいると歩く度にすぐに声をかけられる
中国人か?
写真撮ってくれ
俺の携帯で写真撮ろう
みんなにこにこな可愛い笑顔の人でいっぱい


船の上にはエジプトとスーダンの国旗が並ぶ
⑮


両国の間は現在高速道路建設予定中って話も聞いた
今は週一便のこの船だけが唯一の手段
エジプトへ出稼ぎに来る人も、買い出しに来た人も
スーダン人の大量の荷物も旅人もみーんな一緒にまぜこぜに乗ってくる

こんなごちゃまぜ船での国境越えは
今じゃないと出来ないのかもしれないね

こういうのこそが醍醐味だよなーー


17時間の船旅
下船時は揉みに揉まれてーの怒涛でした



桟橋を歩いて、いざスーダン入国!!
⑰


カイロにいた時、天気予報を調べてみたら
スーダンの気温、38℃…

うん!
熱いよスーダン!!!!!!
この陽射し、強烈!!

ついこの前カイロが4℃だったとは思えない、お隣の国スーダンです


入口はナセル湖の南端の村、ワディハルファ
⑱

⑲

⑳


砂砂の国に到着です


21
宿の廊下にて


スポンサーサイト

  « 田舎村と首都ハルツーム  エジプト最後の地、南部アスワン »

Comments

Leave a Comment

07 | 08  (2017) | 09
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。