Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Egypt

カイロのお仕事

さーて、カイロでの生活もちょっぴり慣れてきた
カイロは1200万人の人口だそう

そりゃー街中人だらけだよね
人も溢れるから、車も溢れる

道路は完全に車スシ詰め状態
その合間を縫って道路を横断する訳だけども
カイロの車は容赦なくつっこんでくる

これは地下鉄もおんなじ
人が乗り込んでようがはみ出てようが
容赦なくガシャーーンと扉は閉まる

結構スレスレの日常である

道路には工事中の道路掘り起し跡がボッコボコ開いてる
器材はそのまま放置プレイ
路肩には砂漠から吹き流れてきたと思われる砂がてんこもりだ

こういうムチャクチャな場所っていうのは
日本人から見たら秩序がないように見えて
ちゃんとその場所なりの秩序がある

その印にどんだけムチャクチャな交通事情や穴ぼこだらけの道路でも
そんな事で怪我したりするような現地人はいないのだ
皆そんな秩序の中で生きてるからたくましいんだな
でもこれは「現地人は」って話であって
外人である私達は細心の注意を払わなきゃあっという間に痛い目に合うでしょう


そんなこんななでカイロの街にも慣れてきた
今回はお仕事についてのお話


旅中に長くその場に留まる場合、大体私達はこんな感じに生活してる
1.まずはその土地の生活感に慣れる
2.登録やら次国のビザの事務手続きをする
3.ふーやっとこ落ち着いたら観光でもしようか

この2が私達の言うところの「お仕事」でございます

カイロでのお仕事っていう事はこれから始まるアフリカ大陸を進むにあたっての重要なもの
というのもこれから先はまともに情報を仕入れられないかもしれない
旅する人口はまばらになっていくし
インターネットどころかATMすらない国もあるのだ

旅人の集まるカイロでの情報はとっても大切!


何からしようかーと思ったら
軽く今後の計画を立てなきゃいけない

地図を眺めててカレンダーと相談してみると
どうやら南下中に、雨季に入ってしまいそうだ

アフリカで一番怖いのは病気
マラリアさん
雨季なんて蚊がわんさか出てしまう

大雨季に当たってしまったら何ヶ月かは病魔に怯えながらの生活になっちゃう

という訳で南下中に一旦「雨季を避ける」という名目で
現在フライトが比較的安いのでインドに逃亡する事を検討中である
前回は思いっきり北局所しか周ってないので2ヶ月程南インドに行こうかなと

でもウカウカしてるとインドの猛烈な雨季に当たってきてしまうので要注意
季節はともかく雨季だけは本当に避けたい所だ


かるーく計画を立ててみると

エジプトからスーダン、エチオピアを経てケニア入国
ここまで来るのにやっぱりどう考えても3ヶ月はかかりそう…
雨季になる4月頃にケニアから南インドへどびゅーーん
雨季が明ける7月頃にケニアに舞い戻り、南下を続行

なーーるほどーーー
って思ったら、、半年先が見えちゃった
あれだけ今後は時間にしばられたくないなーと思ってたら
半年先見えちゃった…
いやん

でも雨季避けは最重要!
この計画は今の所進行中である


インドは6ヶ月ビザってのが最長でとれる
南下してアフリカ諸国で苦労をするよりかは
カイロでビザを取った方が安パイ

て事は半年先の為のビザを今取らないといけないんですなー
うーーんめんどくさい


そこから始まったお仕事の為に
通常一ヶ月のエジプトビザを延長しとこう


このエジプトビザ延長
簡単なようでめんどくさかった

ビザ手続きをするお役所さんは
現在デモ真っ只中の、カイロの中心タフリール広場の目の前にある

お陰でお役所さんは影響受けまくり
デモがひどくなればクローズしてしまうという

この状況の中、頼りになるのは宿にいるエジプト人の管理人
彼がデモ状況を把握し
「今なら役所が空いてるぞーーー!!」
の掛け声と共に役所を目指す

デモは実際にタフリール広場で起こっている
衝突の上、死者まで出てしまっているこの広場は
何気なく見れば焼き芋を売ってたり屋台茶屋がある
このアンバランスな空気の中で実際にデモは起きてるのだ

管理人のGOサインと共に向かった役所は人でごった返してた
いつ開くか分からないから、開いた瞬間は人が押し寄せてるのだろうか

最初に入った感想は、、野戦病院みたい、、
んーもう大変
押し分けて申請をし、翌日取りに来いとの指令

管理人の忠告を聞かずに向かった翌日は
やっぱり閉まってた…

さらに翌日GOサインと共に向かい、事なきを得た

管理人からは「ラッキーだったね、10日かかってる人もいるよ」との事
ひょーー…
デモの影響はこんな所にもある


それにしてもエジプトと言わず海外のお役所さん達のお仕事は日本と比べられない
以前ちょびっと役所仕事に関わっていた身からすると
「そんな管理で大丈夫ですかアナタの国!!?」
でも成り立ってるから、それが凄い事だ
でも、多分日本でやったらものの10分で出来る事かもしれない…

それと対照的だったのが、日本大使館
実は初めてお世話になった

向かったのは、前途のインドビザ取得の為に
レター「紹介状」が必要との事(めっめんどくさい…)

電車に揺られて向かう日本大使館は
そりゃー施設のレベルもエジプトお役所とは桁違いでした
ただし、表情をぴくりとも変えないTHE・日本の役人さんです
お土産にアフリカ各国の危険情報をまとめたフリーペーパーをごっそり頂く
さすが日本大使館!便利様様


そんなこんなで
①エジプトビザの延長
②インドビザ取得の為の日本大使館レター取得
無事完了…

お役所周りのお仕事は、やっぱりメンドクサイのだ
まだまだこのお仕事は続きます


ちょこまか動きながら、次国のスーダン情報を集めてみる

聞いた話が

これまた実にめんど~~~~くさぁ~~~い事だった


スーダンへの行き方はナイル川下流のアスワンハイダムを突っ切っていく
そー、船のみ

その船

週一便。

そして定員300名のところを無理くりつっこんで700人乗せる

もうこれを聞いただけでげっそり…

そのチケットを取るのはこれまた大変
で、無事にチケットを入手した所で船に乗船するのはこれまた熾烈な争い

出航17時の便に対し、開門は10時
開門同時のよーいドンで700人にあぶれてしまったら、はいまた来週って事

しかーーも
更に更に、ぎゅーぎゅーの甲板に無事乗れたとしよう

到着したスーダン国境の街には
一気に700人の乗船客で街の宿が埋まるそうだ
宿があぶれた者達は次の街へと宿を探しに行く


なんてこった!!!
過去ないくらい壮絶な国境越えが今から予想される…


以前アフリカを旅してきた人に聞いた話
東アフリカの難関は、このスーダンとエチオピア
逆に言ったらこの2国を越えてしまったら南アフリカに行くまでは楽勝ですよー とな
いやいや絶対それ以外も楽勝ではないハズだけど、、
でもやっぱりこのスーダン、入国前から相当なプレッシャーをかけてくる

ちなみにスーダンとエチオピアにはATMありましぇん
って事は第三国紙幣(日本円は効力ゼロ)、$の大金をぶら下げながら両替してくしか手がないのだ
アフリカを何千$もぶらさげて周る事は、かなり怖いよね

ううーーーん
ここから始まるアフリカとの戦い
怯えながら今はただ情報収集に励むのみ

ちなみに西アフリカは、東アフリカとは比べものにならないハードルの高さだそう

うううーーーん
西アフリカまで突入するかどうかなんて、、
まだその時にならないと分からんよね~~~!




こうしてなんやかんやしながら
日々一歩ずつ進んでいくのでありました




そんなこんななお仕事日記
頑張った今日の日の夜ごはんは


唐揚げでした!!!!

KA・RA・A・GE!!!!


らりほーーーーーーー!!


今日はながーく書いたので写真はゼロっっ



スポンサーサイト

  « ピラミッドとサファリ  ようこそエジプト »

Comments

Leave a Comment

09 | 10  (2017) | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。