Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Turkey

サフランボルからイスタンブール

グルジア国境から移動する事24時間、イスタンブールに入る前に小さな町でのんびりしていた

近頃、日本人にもとっても人気のある町
「サフランボル」

古い家並みが今でも残って、町自体が世界遺産登録されてる
旧市街に向かう道路の先にはどーんと目立つ看板が!
ようこそ~~♪
①

丘の上から覗くサフランボルは建物が統一されていてみーんな赤い屋根
②


ちっちゃい町はぐるぐる石畳の道が続いて
レンガ屋根の家屋に葡萄の葉っぱ
お土産屋さんがひしめく可愛らしい観光地

同じトルコ国内からも沢山のツアー客が来てる
③

④

⑤
石畳の道ってそれだけで雰囲気ある!


中心地にあるのはトルコ式お風呂のハマム
⑥
たこ焼き型の屋根から湯気がずっと立ち上ってる
ど真ん中にハマムがあるなんて草津の湯畑みたい


予告なくここまで一気にきちゃったから
トルコにいるんだって事に実感が湧かないままテンションはあがりっぱなし

美味しいトルコ料理がいっぱいーーーー!!

トルコと言えば、有名なのが「エキメッキ」と呼ばれるパンみたい
世界で一番美味しいフランスパンだそう
⑦
こんな魔女宅に出てきそうなパン屋が町中に沢山ある
宿の朝ごはんでも、食堂に入っても常に山盛りに出てくるエキメッキ
焼き立てはもちろん、冷めてもふわふわもモチモチで本当に美味しい


そしておかず食堂「ロカンタ」
⑧
温かく保温されてるのは
豆スープ
茄子トマト煮
牛肉煮込み
じゃがいもチーズ
豆ピラフ
ほうれん草リゾット…

もーー見てるだけで迷う
でもどれ選んでも外れなし
目の前でおかずをいっぱいよそってもらう
野菜いっぱい、トルコ料理
おいしい おいしいー
噂には聞いていたけど、素晴らしいクォリティ!


旧市街は思いっきり観光地なので物価はちょい高め
なので私達は歩いて30分かかる新市街まで美味しい物を探しに行く
ちょっと遠いなーと思った時は、優しいトルコ人が車に乗せてくれちゃったりする
ちょっとそこまでご飯にヒッチハイクが出来てしまうここ


新市街で見つけたイワシの唐揚げ
from黒海!!
⑨
揚げたてのイワシにレモンを沢山絞ってアツアツで頂く
これだけイワシがのって5リラ(220円)
久々のお魚はとーーーっても感動の旨さ!!


でも、驚いた事にここにはアレが無かった…
私達にとって重要な保存食
今まで何十食とお世話になりました、、


インスタントラーメンが売ってない!!!!!


商店を何件周っても全く姿を見せない

そうかー
トルコはもうアジアの終点だから、ラーメンは無いんだなぁ…
(多分違う)

その代わり市場で見つけたキャベツは
頭2個分あるくらい馬鹿デカかった!!
⑩


美味しい物をつまみながら、石畳の道を歩いて
久々にのんびり二人でお散歩しながらのサフランボル

丘の上からの夜景もとっても綺麗でした
⑪



さて、ここからいよいよイスタンブールへ
気がつけばシルクロードの終点
4ヶ月かけてここまで来れた


このイスタンブールでのイベントと言えば…


待ってました!!!


飯田両親との再会!!!



思い起こせば、あれはラダックにいた6月
雪山の中で猛烈にホームシックになってしまった私

ちょっと提案してみた「トルコあたりで集合してみない?」に
両親(特に母)は即決で「行く行く!!」


長旅をしてて
日本に帰りたいって思った事はない

けれど一番想う事は

家族に会いたい

ただそれだけ


ずっと待ち続けてきたこの日!
わーい!やっと会えるよ~おとんおかん~~^^



到着日の4日前にはイスタンブールIN

ここから私達は、トルコ経験のあるかずを社長とし
㈱白旗観光として感動の親子再会をバッチリとサポート致します


イスタンブールに着いて、なんとまぁビックリ!!


ででででかい!!!!
歩く人も
お店の数も
交通量も
なんて大都市いすたんぶーーーーる!!!

サフランボルがどれだけ可愛らしい規模の町だったか
ここに来てびっくり度肝を抜かれました私


街中にはこんな最新式トラム(路面電車)が走ってます
⑫


トルコに入ってからずっと曇り空が続いてた
って言うのも、冬はトルコは雨が多い時期
どんよりだな~って思ってたけれど

ここに来て初めての青空
⑬

海が見える宿のテラスにはカモメがやってくる
⑭
あぁ、この潮の匂い
久しぶり!!


イスタンブールは活気に満ち溢れる町
どこに行っても人人人
どこに行っても「ニホンジン?コンニチワ~」と声がかかる
客引きも半端ないほど気合入ってます


興奮冷めやらぬまま、㈱白旗観光はイスタンの下見開始
歩いて回れない規模の大きな町をひたすらぐるぐる歩く


町にはいくつものモスクが王蟲みたいにどーんと建ってる

⑮
こんなのが見える範囲で7~8個はあるのだ
立派な王蟲である


旧市街と新市街を結ぶガラタ橋は釣りをする人でいっぱい
⑯

橋のふもとで、初めまして!サバサンド!!!
⑰
ぶりっとしたサバの半身が丸々美味しく塩焼きされて
レタスと一緒にレモンを絞る

⑱
んんんんんん!!!
身がホクホクぅ~~~~!
ぷりっぷり~~~!!

お魚がパンに合うとは、、
これまたナイスな組み合わせ



中東一と言われるグランドバザールは4400軒も店があるらしい
⑲

も~~~一度入ったら迷路のようとはこの事
我らの体力でも2時間が限界です

タイコ
⑳

水タバコのシーシャ
21

ガラスのランプ
22



新市街はもの凄い急坂の上にある
えっちらおっちら歩くwithパン屋のおじさん
23

海が見えるよーー
24



魚市場はアメ横の勢いがある
25

ここにシャコが売ってたー!
1kg=6リラ(270円)
26

生のシャコって初めてみるけど
手足がいっぱい…前足カマキリみたい
ちょっぴり買って美味しく宿で茹でてみました
27
うん!甘かった!


イスタンブールをしっかり回ってたら1週間じゃ足りないくらい
すごいんだなー本当

28


美味しい食堂を発見して
つまみ食いポイントを発見して
オシャレcafeを発見して

んー下見もばっちりですな!!
食べ過ぎですな!!!!


さてさて、今晩にはいよいよ到着
小ネタの準備もバッチリ
旗を振って空港までお迎えに行こうっと♪♪
29

どんなハプニングが待ち受けているでしょうか
嬉しい楽しい2週間の家族旅の始まり始まり~~~





スポンサーサイト

  « 飯田親子旅①~イスタンブール・エフェソス~  ヴァルジアから西、トルコへ »

Comments

Leave a Comment

05 | 06  (2017) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。