Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Armenia

ナゴルノカラバフとゴリス

コーカサスは様々な領土問題が未だにある土地

1990年代、2000年代になっても紛争が多く起こっている訳だけど
すんご~~くざっくりした関係性はこんな感じ

アゼルバイジャン→イスラム国であり、トルコ側との結びつきが強固
アルメニア→キリスト国であり、ロシア側との結びつきが強固、トルコからの虐殺を受ける
グルジア→キリスト国だけど、ロシアとの間に軍事的緊張があり

特にこの中でもアゼルバイジャンとアルメニアはとっても仲が悪い
国境でアゼルのビザがあるだけで入国時には審査官の態度がかんばしくないという代物


大きいのはナゴルノ・カラバフ問題

これまたざっくりすると

アルメニア系住民が多いこの地域は元々アゼルバイジャンの領土だった
その後アルメニアへの帰属運動が勃発し、結果アゼル人を排斥し独立国家を興そうという動きへ
ナゴルノカラバフを巡り対立が続く中、この地域は「自称独立国家」となる

そう、簡単に言うと認められてない国なのだ
世界で国として認めてるのはアルメニアだけっていう

そんな場所、ナゴルノカラバフ
アルメニア側からは簡単に入れるけれど、ここのビザが貼ってあるとアゼルに入国できなくなるのです


うぅーーん
世界広しと言えど、どこの地域でも領土問題は実に深刻なんだな
こういうやっかいな問題は現地の人にとったらデリケートな話

入りずらい所へわざわざ行ってみよう!という興味本位な部分は全くなかったのだけれども
そのナゴルノ・カラバフ自治共和国とアルメニア南部への訪問



エレバンからマルシュで南へ走る事6時間
道中はこれといって何もない山道が続く
①

アルメニアは都市部以外はこんな風景ばっかりだ
農村地帯という訳でもなく、ちょっぴり寂しい


ナゴルノ・カラバフの首都、ステパナケルトへ向かう
ビザはマルシュで国境を越えた後、直接ステパナケルトで取って下さい
それでもって取得後、帰り際にまた国境で証明書を見せてね~っていう意外すぎる程ラフ

ちなみに国旗はこんな感じです

これがアルメニア
②
例の赤・青・オレンジちゃん

こちらがナゴルノ・カラバフ自治共和国
③

そう、ほぼアルメニアなんだな
これを見たらもうアルメニアに堂々と帰属させてあげてよって気持ちになった


私のパスポートには両国仲良くビザが並んでる
④



ステパナケルトは人口5万人の首都としては大きくない町
天候のせいもあってか薄曇りのちょっと閑散としてるイメージ

社宅の窓から連なる洗濯物たち
⑤

残念ながら食堂はこの町にはほぼ見つからず
さみしいの~と言いながらラーメンをすすりひまわりをかじってました
中央アジアから続くひまわりブームは未だ健在!



最も手近に見られるナガルノ名物は
通称「我らの山」
中心地から15分程歩いた丘に、この国の象徴はある

コレ
⑥

あらモアイ?、可愛らしいじゃない


並べてみた
⑦
ぷぷ

このロン毛の彼はここ最近ずっと一緒に旅してる仲間でございます

ビザにもちょこんとこの像の写真がついてるんだよね
ちょうど行った時に結婚式カップルがここにやってきた
ナゴルノ市民にも人気のスポット
でも、モアイみだいだなー



一泊した次の日は近郊のシューシ村へ

この村は排斥運動の後ほぼ廃墟になってしまったそうだ

確かに歩いてみると人気がほとんどない
⑧


崩れ落ちそうになっている民家や教会がひっそりと建っている

⑨

⑩


丘を歩いてみる

⑪


この領土を求めてほんの20年前には沢山の人が亡くなって、難民になっていった
たった2泊ではごくごく一部を覗いたにしかすぎなかった
急ぎ足では覗ききれないナゴルノカラバフ



ステパナケルトから次はアルメニアへ戻り、南部国境の街ゴリスへ

ゴリスには有名な修道院がある
崖の上にそびえるタテヴ

公共手段はなく、宿でチャーターしたTAXIで向かう

山の中をどんどん進む

⑫

⑬

これが結構な山道
そんでもって急坂
ゴリスから30kmの間はひたすらガタゴト道
紅葉もチラチラ見えるからいろは坂みたい


9世紀建築というタテヴ修道院
⑭
山の中にぽつんと姿を現した


コーカサスに入ってから、いくつか教会を見てきたけれど
ここも壮大だった

石造りの壁
高いアーチ状の天井に響く祈りの声
十字の位置に設置された窓から差し込む光

⑮

一歩入っただけで背筋がしゃんとする緊張感がある
空気そのものが荘厳なんだな


沢山の十字のモチーフに溢れてる

⑯

⑰

⑱


対岸見た、崖の上に立つタテヴ
⑲



昨年、麓からこの修道院まで昇るケーブルカーが設置されたそう
渓谷の下からここまで、なんとギネス記録の長さ!

観光客も少なくひっそりした山間だけれど
気合入ってます
でも1000年前の建築と山間にあるド近代ケーブルカー
これもまたミスマッチな風景


帰り道はTAXIチャーターをそのまま利用して、フンゾレク渓谷へ

ここは、にょきにょきの洞窟住居跡
アルメニアのカッパドキアと呼ばれてるみたい
トルコへ入る前にちょっと予習ね

ゴリスからも見えるにょきにょき達
街の裏側へ回ると大きな渓谷の中に一面の洞窟住居群が出てきたー!
⑳

おぉぉ
本当だ、穴空いてるよ

200年前まで人が住んでたみたい
初めて見る洞窟住居に興奮する

おぉーと思いながら階段を下ってみると、こんなロケーションにBBQ広場があった
賑やかな音が聞こえるなーと思ったら、集まってたのはアルメニアのおばちゃま達

あれよあれよという間に
あばちゃんと一緒にダンシング
21

ちゃっかりお邪魔してます
22

持ち寄りパーティーの真っ最中だったようで
美味しいチキンとアルメニアワインをご馳走になりました

アルメニアのおばちゃんはふくよかで豪快
23

ごちそうさまでありがとう!




なんとまぁ私達にしては異例の速さで観光地を進んでます
時間のない時ってチャーターTAXIって便利ね

コーカサスは思ってた以上に見どころがいっぱい
中央アジアの3倍速で一ヶ月フルに駆け足中
面白い所なんです
えっほ
えっほ

そろそろ時間切れにつき、こっからは北上してトルコに向かって進まなければ!!
10日後にはイスタンブール?
いけるのか?
いけるよ、ガンガン進むぞー

スポンサーサイト

  « ヴァルジアから西、トルコへ  アルメニア名物 »

Comments

教会の中の光線がきれい
• Re: 渡辺さん
ここ、本当に神聖でした
コーカサス、本当に面白いですね、まだ足りないよ
日本はどうですか?もう新しいお仕事ですか?
また必ず会いましょうね^^

Leave a Comment

04 | 05  (2017) | 06
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。