Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Armenia

アルメニア名物

さて、次なる国はグルジアの南
アルメニアです

コーカサス三国はグルジアとアルメニアの二ヶ国しか周らないけれど
アルメニアって更に何があるのか全く分からないままに突入

いけいけどんどん
国境越えはミニバスにて

アルメニア、国旗は赤・青・オレンジの三色ボーダーなんです
この組み合わせは実際見てみるとちょっと微妙な色合い…
①
ビザもアライバルで難なく取得
おまけに入国のすぐ脇に両替マシーンがあるという優れもの

山道をマルシュでガンガン進み、酔いもいい感じに回ってくる~


街中に着いてすぐに見つけたのはコチラ
②
これ、よく見えないけどタバコのUFOキャッチャーなのです
日本じゃ考えられない、もちろん年齢制限なんてものはありませぬ
取ったらウハウハもののコレ
男子諸君は挑戦してみたものの、そう甘くはないようです


グルジアよりぐっと素朴な国境を越えて来た訳だけれども
首都エレバンは中々オシャレタウンでもある


~街中お散歩の風景より~

公園の芝生は綺麗に手入れされていて
③


町の中心には一際目立つ教会がある
④


教会では蝋燭を灯して祈りを捧げる
⑤


おされカフェで一休み
⑥


ライトアップされる共和国広場
⑦


レストランとブランドショップが並ぶ出来立ての商業施設があったりと
町は右肩上がりな勢いがある
アルメニアの物価はグルジアと比べたらかなり安くなる
現在大体100ドラム=20円
惣菜パンの類は50ドラム~というインドもびっくりな価格設定
その割には高級車がバンバン走り、ブランド店では日本と同等っていうかなりアンバランスな国



さて、アルメニアと言えばなんでしょう


2つ


ザリガニとアララト山だ

こちらもアンバランス


でもでも、本当に皆口を揃えて言う

ザリガニとアララト山の国なのだ



町を歩くといるいるいる
小学校の時にみなさん学校で飼育していましたね
餌のゆで卵が腐ってちょっと臭ったりしたよね

そんなザリガニさんは大量にかごに入って売られてる
⑧


今回購入したのは4人前で2キロ=1400ドラム(270円)
2キロで50匹以上はいた気がする

調理をしてみましょう


の前ににゃんこも気になって猫パンチで威嚇中
⑨


ざざっとお鍋に入れてみるとと50匹のザリガニはぎゅうぎゅう
元気にガサガサ音を立てて動いてる
この時点ではまだ色的に小学校時代を思い出してしまう
⑩


熱湯投入係を任命された男子2人
完全に楽しんでる
⑪


みるみるうちに赤くなっていくザリガニ達よ!!
宿のママが入れてくれた月桂樹の葉と粒胡椒でなんだか美味しそうになってきた!!
⑫


やっぱりザリガニも甲殻類の一種だったのです
ぐらぐら煮ること十数分…


出来た―――!!
トマトパスタwithザリガニ
オシャレに緑の彩も忘れずに!
⑬


なんて豪快で豪華!!!
お味は、エビより勝る甘み、しこしこ感
泥臭さなんてちっともなくて味噌までしゃぶれて超超美味!!!

肉より安価で庶民の味方、アルメニア人の大好物
ザリガニ初体験です
お鍋いっぱいの殻を目の前に大満足。



さてと、アララト山を紹介する前に
町中を歩いてたらミニ遊園地を発見した

⑭
かずはジーニーに似てると思う

気になっちゃったのは、ぐるんぐるん回転する乗り物
なんと言っていいのか2人乗りで上下しながら台座が超回転をするマシーン
宇宙飛行士の訓練にありそうなやつ


かずはこの手の乗り物が大の苦手
2人で遊園地に行ってもさりげなくそのゾーンには近寄らないようにしてる
でも見つけちゃったら乗せたくなってしまった

乗る前
嫌がるかずも、まだまだ余裕
⑮


ぐんぐん上がるよーーー
⑯

ハイ、回転回転回転
⑰

これが回る回る

後から聞いたらおっちゃんの手動操作だったみたい
完全にもて遊ばれ、有り得ない程に回されるうちら
5分はぐるんぐるんしてた気がする

もういいってを連発
⑱


このコースター
5分回されてお値段100円
日本では経験出来ないやりすぎ感を感じさせてもらった


出来上がり
⑲

かず、頑張りました
いい顔してます


そんな楽しいマシーンもあるエレバンの街はかなり快適



アララト山がもっとも綺麗に見えるホルビラップの村は
エレバンから小1時間程マルシュで走った所にある

旧約聖書、ノアの箱舟が流れ着いたと言われるアララト山は
アルメニア人にとって日本の富士山以上のシンボル
実際はトルコの領土にあるみたいだけど、アララト山はアルメニア民族の心なのだ

ちなみにトルコによるアルメニア大虐殺があった過去もあり、両国間では国境は未だに閉鎖されている
なのでトルコに向かう私達はもう一回グルジアに帰らなければいけないのだ
他にもアゼルバイジャンとの国交が悪化していたりとコーカサスは小さな面積の中で未だ問題が多いエリア


ホルビラップの手前で降ろされ、1km程の真っ直ぐな道を歩く
今日はよく晴れていてよかった!

⑳


目の前にどんとしたアララトが見えてくる
21


アララトは大アララトと小アララトの2つの山
何もないまっすぐな大地と教会とこの親子山
この景色はなんとも言えない

22

23


教会の丘に登る
雲の上に山が浮いてるみたいだった

24

25



エレバンに戻って、高台の上から見たアララト
26


首都からこれだけ立派に見えるアララト山
日本人は富士山が大好きだから、この国に親近感を覚えるね
富士銀行があるみたいにアララト銀行がここにもあった



ザリガニとアララトの2大名物をしょっぱなから満喫して
この国で1周年の結婚式記念日を迎えました

27

大きなホールケーキは宿のファミリーみんなで分け合いっこ
日本人の友人が料理を作ってくれて
みんなでシャンパンを開ける

いいな、嬉しいな
記念日はこれからもこうやってお祝いしたいな


1年前を思うと今ここにいることが未だに信じられない
でも、着実に少しずつ、こうやって旅を続けてこれた事に感謝
まだまだ続く私達の旅

来年はどこの国で迎えるのかな

アルメニアに乾杯!!

IMG_6118.jpg


スポンサーサイト

  « ナゴルノカラバフとゴリス  塔の家Trekk ~メスティア~ »

Comments

Leave a Comment

03 | 04  (2017) | 05
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。