Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 登山

山行の終わりに

8.29 夜行新宿発―上高地
8.30 岳沢―前穂高―吊尾根―奥穂高
8.31 奥穂高小屋―北穂高―大切戸―南岳小屋
9.1  南岳小屋―天狗原―上高地



ついに来た。
やっとここに来る事が出来た。

山が好き。
その想いだけで登ってはいるが、明確な目標は二つあった。

・冬季赤岳
・大切戸越え

冬季赤岳は海外登山の登竜門。
キレットは言わずと知れた岩場の続く難ルート。
誰かにひっぱってってもらうのではなく、単独で行く事が目標だった。
一カ月に一本は大きな山行に出向きたい。そんな3年目。

海外の山を歩きたい。
ギアが必要になるような山にはもちろん個人ではいけないだろう。
でも、見知らぬ国の見知らぬ山に入るのならば、国内でこの2つは経験しておきたかった。
歩くだけならば十分過ぎる程の経験値だろう。


穂高から槍まで続く圧巻の峰々。
初めてジャンダルムを間近に見、背筋が凍った。
その岩峰は脅威でしかなく、美しいと思うより畏怖の念を抱く。
でも山に畏怖の念を感じるからこそ美しさが分かるようになったのかもしれないと思う。

IMGP0250.jpg


IMGP0284.jpg

   
山の本髄を見た気がする。
険しさと荒々しさと、人は山に登らせてもらってるのだと思う。
いざキレットへと一歩踏み出すのが、浮石だらけの岩壁を降りるのが怖かった。
両端が切れ落ちて、遥か下のカールが覗ける。
ちょいと落とした小さな小石がラックとなって何百メートルも下までずっと音を立てて落ちていく。

長谷川ピークに煙草の吸殻があった。
私にはその余裕はないが、越えてきたここで一服をする。その気持ちは分かる。
半泣きで越えた長谷川ピークの先には垂直に切れ立つ南岳。
ラストの登りの手前であまりにも圧巻すぎて力が抜ける。
南岳までは遠かった。


ここで一つ区切りとなる。
ここまでこれた事、やり切れた事、ほっと胸を撫で下ろす。


穂高に入る前に師匠からこんな言葉をもらった。
風にも匂いがある。
雲にも音がある。
山と話をしてきて下さい。

山と向き合う静かな時間が私は好きだ。


海外の山を歩いて
また日本に戻ってきて
きっと何十年後も山を歩きたいんだと思う。






スポンサーサイト

  « 飯田親子タイに行く の巻  雲ノ平 »

Comments

• 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Comment

09 | 10  (2017) | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。