Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 海外登山

塔の家Trekk ~メスティア~

グルジア北部のスワネティ地方には塔の家が建つ村があるという
石造りでにょきにょきと建ってる塔
そのにょきにょきを巡るトレッキングの旅~


拠点となるメスティアまでは夜行電車と乗合マルシュを乗り継いで半日の距離
今回は強い味方がいました

その名も
鮭おにぎり。

残念な事に写真がないけれど、トビリシで見つけちゃったの

鮭ハラス燻製半生
1パック2.5ラリ(125円)

あぁ、もうその名前聞いただけでヨダレが止まらない
海が近くなってきた事を実感するこのグルジア
最高の旅のお供の鮭おにぎりを持参しての、絶好の秋の遠足



マルシュがどんどん山の奥に入っていっていくと
辺りは紅葉真っ盛り
カズベキの山々とも違って、赤・黄・緑の狂喜乱舞
すっかり気分は奥日光


メスティアの村はそんな山の奥にある
爆睡して目が覚めると、最高の青空の下ににょきにょきの塔が出てきた!!

①


メスティアは今観光化に向けて一大建築ブームの到来が来ている
道は綺麗に石畳が敷かれ、立派な観光案内所も設置
メインロードは右も左もゲストハウスの建築中
なんだかオシャレな軽井沢にでも来たみたいな気がしちゃう
そんな中、10世紀前後の建築というなんとも古い塔が顔を出してる

はじめまして、にょきにょき!
②


この塔の家は見張り台の意味と
敵が侵入した際に何日も引き籠れるように建てられたそうな
今ではこのスワネティ地方一帯の塔の村が世界遺産指定になっている

調べてみるとグルジアは世界で一番侵略を受けた国みたい
そんな中、この地方には
「血の報復」と呼ばれるなんとも恐ろしい風習が今でも残ってるそうな

目には目を
歯には歯を

一族を挙げての弔い合戦がかつてはここで繰り広げられ
村々にこの要塞とも言える塔が建っている


そんな過去の歴史を持つ塔も、今ではのどかな村にのどかに建っている
山奥の自然の中でひっそりとね



宿泊したのはナチの家
ここらへんではゲストハウスは○○の家って呼ばれるいわゆるホームステイ型
ほっこりとした可愛らしいおうちです

ストーブのある居間
③

ぶどうのツタが壁にまで
④

ベランダにはカボチャと天日干しの豆
⑤

山の奥は秋深し



ここで合流した友人達と一緒に更に奥の村へとトレッキングへ
最奥にあるウシュグリを目指して、村を越えていくのだ

メスティアから車に揺られる事1時間
奥に連なるのは4000m~5000m級の山々
コーカサスってばやっぱり規模がでかいんだわ!!


写真スポットをバッチリ押さえてるドライバーのおっちゃん
歩き出す前の意気込みヨ~イ
⑥
もちろん裸になんてなれない気温ですぞ

もういっちょ!
DSC_2057.jpg



真っ青な空
紅葉と落ち葉の中を歩く、なんとも気持ちいいい
⑧

⑦



途中で見晴らしのよさそうな丘を発見したのでちょっぴり寄り道
⑨

そんでもってシートを広げてみんなでランチ
⑩

みんなお腹枕でお昼寝です
この密集度!!
⑪


インドで出会って再会した遼平君
中国系マレー人のティアンと達也君カップル
大勢で賑やかなトレッキングは楽しいね!


わーい
⑫



のんびり歩いて、アディシュ村が見えた
⑬


ここは商店もない、小さな小さな村
塔は既に崩れ落ちてるものもある
家は半分は人が住んでいない廃墟になってる

いつも思う
どうしてこんな山奥の小さな村に人は住むんだろうって
麓の大きな村へ行ったら生活はもっと便利になるだろうに
隣村へ行くだけで何時間も歩かなければいけない

でも、それはきっとこの場所にずっと住んできたから
代々受け継がれてる場所をずっと守ってるからなんだろうね

だけど人が少なくなってしまったこの村
ひっそり建ってる塔を見たらちょっぴり切ない気持ちになってくる

⑭


⑮


⑯



この塔からは煙が出てた
こうしてこの塔を使って生活をしてる人もまだまだいるのだ
⑰



再び歩き出す翌朝

気持ちいいロードはまだまだ続く

⑱

⑲



目の前が開けたら、こんなにでっかい雪山登場

⑳

21



と、歩いている途中でかずが謎の胃痛に襲われた
立ってられない位の激しい胃痛
こんなに辛そうなかずを見るのも初めて

2時間ばかり倒れ込みながら繰り返す痛み
私はおろおろするばかり
普段体が強いかずなだけに、この時ばかりはすぐ病院に行くかの瀬戸際だった

でも何とかおさまって、アディシュまでヨロヨロしながら帰ってこれた
とにかく休もう

大事にならなくて良かった



22



一日ゆっくり休んで元気になったかず
先に進んだ3人を追っかけようと思った翌日は、朝からしとしと雨が降っていた
この雨の中峠は越えられず、アディシュからメスティアまで戻ってきた

ウシュグリから帰ってきた3人とも再び合流できて、ほっと一安心


お母さんの手作りグルジア料理が豪快にどんどん出てくる
23


度数の強いチャチャ酒もどんどん出てくる
24


お腹ぺこぺこな我らも負けじと豪快に食す



謎胃痛もあったけど
塔の家トレッキング、無事に全員帰還できました
25






秋深し、お次はどこへ行く人ぞ

次はアルメニアに向かいまっす


スポンサーサイト

  « アルメニア名物  グルジア軍道 »

Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

• まとめ【塔の家Trekk 〜メステ】
グルジア北部のスワネティ地方には塔の家が建つ村があるという石造りでにょきにょきと建ってる塔そのにょ

Comments

• 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
• 山やー山やー
素敵な山やー♪
かずさんの胃痛はもう平気なのですか?
みきさんもお気を付け下さい。
そこの部分読んでる時いっしょにドキドキ心配になってしまいました。。
ジャンプの写真も素敵ー♪
ご飯もおいしそうで初めて聞く場所でしたけど一気に憧れちゃいました:))
• Re: けいちゃん
わ!^^
ブログ見てくれてたんだね!ありがとう
そうだね、法事だったんだね
こちらはとっても元気にしてるよ
また帰国したらみんなにご挨拶にいくね!

> はあい、お元気?
• Re: まりえ
まりー♪
ありがとう、かずはすっかり元気だよ
ドキドキしたよ、本当よかった^^
グルジアとっても素敵なとこだよ
ねーねーいつ集合するよまりーーーー!!

> 素敵な山やー♪
> かずさんの胃痛はもう平気なのですか?
> みきさんもお気を付け下さい。
> そこの部分読んでる時いっしょにドキドキ心配になってしまいました。。
> ジャンプの写真も素敵ー♪
> ご飯もおいしそうで初めて聞く場所でしたけど一気に憧れちゃいました:))

Leave a Comment

05 | 06  (2017) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。