Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Uzbekistan

アフリカ熱発動とウズベク入国

予定していたタジキスタンの出発が一日伸びた

パッキングをしようかと思ってる所で、一人の旅人に出会ったのだ

彼は日本から東周りで来た人
そう、私達とは逆のルート、初めて逆ルートの人に出会えた!
折り返しの人に会えて、私達も地球の半分まで来た気がするけど、まだまだそんな所までは来れてない…


まだ知らない大陸の話程面白いものはない
一瞬で延泊の確定になった

アフリカって実際はどれくらい興味があるか未知数だった
入ってみないと分からないってずっと思ってたし、正直結構ビビッてる
でも10ケ月アフリカを旅してきたって彼の話を聞いたら、アフリカは極彩色の大地に見えてきた

話を聞けば聞く程
まだ知らないアフリカに興奮してきた
あまりにもバカでかく、気候が場所によって全然違う
移動も簡単なものじゃない
マラリアや病気の話なんてそこら中で聞く
政治情勢、治安、不安要素は山程

でも、生きるのが色濃い大地
そんなイメージだ
これがわくわくしない訳ない!!

南米とアフリカを旅して来た彼はアジアを旅する人よりずっとたくましく見える
それだけ旅するのも容易ではないんだろうな
今ここでこのタイミングに出会えて嬉しかった

彼が言うには、数年単位の長期旅行者にはエジプトを越えないと出会えないらしい
そして旅が1年と予定してる人は2年に
2年だったら4年に伸びるねって冗談まじりに

もう1年近く旅をしてる訳だけども
やっぱりなんとなくいつまでにここに行かなきゃなとか
ルートと時間が決まってる旅をしてきたと思う

でもここに来て、それがなんとなく窮屈になってきた
あまり縛られずに、とことん旅しようって
南米とアフリカにはそれだけ冒険が詰まってる気がする
だから、気が済むまで
疲れたら休んだらいいし、とことん続けてもいいし
彼の話を聞いたらそんな風に2人で思った

なんだかんだ言っても2人で出てきた事によって2人とも何かに縛られてはいたんだろうね
かずと出るって決まる前は私は日本に帰ってくる必要もないなって思ってたけど
どれくらいの旅になるだろうかっていう事も考えるのやめとこう


そんなアフリカ先生・竹しゃんと出会えた一期一会の夜は素敵な日本食ナイト
竹しゃんが持っていた稲庭うどん あーんど茄子の含め煮
そしてロシア米のおいしー塩にぎり
①

みんなであっちっち言いながら食べきれない程おにぎりを握る
②

どうしてこんな旨いんだろうね
みんな一気に食が進む進む
ダシの味が久々に染み渡るよ

もっと話を聞きたかったけど、一期一会ナイトは一晩だから面白いのかもね

竹しゃんは有名な水中写真家さんだった
http://www.uruma-photo.com/
今は世界を写真に撮りながらの旅
http://www.bepal.net/e_uruma/
すんごーく面白い人い出会ってしまった
インスピレーションと受ける刺激は特大
アフリカ熱を多いに竹しゃんからもらった


ウズベキスタンへの国境へは何事もなくあっさりと
③

ウズの国旗は青と白と緑
爽やかな3色でのお出迎え

噂に聞いてた持ち物検査、税関審査もなーんにも問題なくあっさりとしちゃった
これは出国時がめんどくさいのかな?

④
周りが畑ばっかりのなーんもない国境を越えて
なーんもない道路を120km以上でぶっぱなして
アフガニスタンに国境を隣接する南部テルメズの町に入った


バザールにはひっさびさに見たかぼちゃがあった!!
これを砂糖と醤油で煮たい!!
⑤

クッキーの種類も、豪華に豊富になった
⑥

漬物系のお惣菜屋さん
茄子漬けはそれだけでご飯が食べれる程の味の濃さ!
⑦


忘れちゃいけない最初のお仕事は両替だった
この辺りでは闇両替が普通
銀行の公定レートは100$=190000スム
闇レートだと=265000スム程度
こんなに差があっては公定の意味なんて1ミクロンもないね

闇両替屋はウロウロしてるかと思ったら、中々見つからない
でも、誰かに聞くと
「両替屋いないか?」
「あぁアイツがそうだよ」ってふとした所からひょっこり現れる
闇両替屋は一見全く普通の人がズボンのポッケから大量の札束を出す
地元民にも人気者、闇両替の商売は忙しい
なんでもルートは日々大きく変動してるみたいで交渉は中々手厳しい


100$だと
こんなもの(本当はもうちょっと多い)
⑧

お金を数えるのが趣味の私
 →貯金は必ず現金を見てから投入
現ナマにはあまり縁のない電子マネー派のかず
 →いくら使ったかはほとんど把握せず

このうんざりする程の札束でしばらく現ナマ数え競争の練習ですなっ
⑨
にやり


テルメズは仏教遺跡で有名な場所みたい
バスを乗り継いで行ってみようと思ったら
迷った
というか、道が全く分からなかった…

着いた場所はアフガニスタンとの国境

このなーーんもない所にかつては仏塔がたくさん建ってたんだろうし
昔も今もアフガンの境目だ

⑩

でもそんなのどっちも全然感じさせないくらい穏やかすぎる空気が流れてた
TVのアフガンと全く別物のここに、人生で一番アフガンに近づいた
遺跡が見つからないままに、このなーんにもない場所で寝っころがってみた



南部テルメズからサマルカンドまでは列車を使う事にした
時間にして11時間、バスの方が早いんだけど最近ちょっぴり腰を痛めてしまった
久々にじんわり痛い腰、この手の腰痛はとにかく無理をしない事だ
列車はウズベクカラーで座席も木目調でほんわか
⑪

⑫
久々の列車はウズベク人の質問責め状態
本を開けばみんな集まり
音楽を聞けばイヤホンを持っていく
PC出しちゃったらもう囲まれちゃう

でも久々のこの感じは悪くないな
列車は一番素直に現地の人と触れ合える気がするね

外の景色をのんびりみながら
窓がそんなに開かない車内はまだ蒸し暑い
⑬


サマルカンド着は深夜二時近く
日本から合流する友達と同じ宿に深夜TAXIで向かう
翌朝気づいたら、どうも向かいのシングルに泊まってるみたい

にやり、こっそり部屋を覗いてみる
日本語発見!いたね^^

青の都サマルカンドとまたもの再会合流
という訳で深夜に着いた今日は宿の中庭でのんびりなのです

真っ青サマルカンドブルーを早く見に行こっっ!!

スポンサーサイト

  « サマルカンド、青・牛・能  タジキスタンな日々 »

Comments

Leave a Comment

09 | 10  (2017) | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。