Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Kyrgyzstan

キルギス国境越え

キルギスに着いたーー!!

この国境越えを事前に情報を調べると本当に情報がマチマチだし
ヒッチハイクを選んだ人達は皆苦労して越えてきていた
結果的に私達は日本語が話せるロシア人に出会い
本当に本当にラッキーにヒッチハイクでここまで来る事ができた

みんなを惑わせてるのが、実は中国側のイミグレが2つあるって話
イミグレが2つ??世にも不思議なこの国境、やっかいな訳
ウルグチャットのイミグレは新しいもの、でもキルギス国境まではなんとまだ142kmもあるのだ
どうしてこんなに離れてるのか、その間は無法地帯じゃないか
実際にキルギス国境付近に古いイミグレがある
そして中国側出国とキルギス側入国のイミグレ間が、なんと7km
しかもこの間、公共乗り物はなし
ダイレクトに行きたいのならばカシュガルからの国際バスを利用するか旅行会社でチャーターするしかない
このめんどくさい話、旅行者に混乱と困難を招いている以外何者でもない

今まで私のブログは旅の情報的なものは何も載せてないけれど
今回はちょびっともろもろ載せてます


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【カシュガル⇒ウルグチャット(新出国Ⅰ)】:4人でTAXI(3台乗り継ぎ) 計1人35元
  
【ウルグチャット⇒イルケシュタム(旧出国Ⅱ)142km】 :ヒッチハイク①

【イルケシュタム(出国Ⅱ)⇒イルケシュタム(キルギス入国)7km】 :ヒッチハイク②

【イルケシュタム⇒オシュ300km】 :ヒッチハイク③

計30時間
かかった費用:1人35元
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【カシュガル⇒ウルグチャット(新出国Ⅰ)】
カシュガルの宿の出発はAM7:00
同宿だった大学生2人と向かった
この旅で初めて出会う休学パッカー、中央アジアで学生に会うなんて思わなかったー
2人ともしばらくルートがおんなじ

宿を出ると外がようやっと明るくなり始めたくらい
国境の町、ウルグチャットに行くまでは公共バスを使う予定で、国際バスターミナルまで15分ほど歩く
と、ターミナルに着くとまだ時間が早すぎたのか  開いてなかった…

近くにいたTAXIのおっちゃんに交渉する
4人乗車で1人30元、乗合バスと同じ値段
おっちゃんにはウルグチャットのイミグレまでと伝えたのに、しばらく走ったとこで別のTAXIに乗り換えろとの事
お金は2台のドライバー同志で引き継がれてる
ウルグチャットの町についたところでまた降ろされた
イミグレまでの料金を最初に払ってるのに!!
どうやらここからイミグレまではわずかな距離だけど、正規のTAXIじゃないとイミグレまでは入れないみたい
交渉むなしく、数キロの距離を4人で15元

この日のイミグレはAM9:30に一番のり
けどここもまだ開いてなかったのだ
まぁゆっくり待とうかと軒先で朝ごはんを食べ始める我ら
朝陽が眩しい
①
これがその中国側の新イミグレ
そうだよね、ウルムチ時間じゃ2時間の時差があるもの
待つこと30分、ぞろぞろ係員が集まってイミグレが開いた


イミグレ自体はちょいと丁寧に30分くらいの時間がかかった
外に出ると係員に誘導され、パスポートをホールドされる
どうもヒッチハイクのトラックを振り分けてくれるらしい
後に来たアメリカ人はチャーターでさくっと出発
私達は指示を待っての待機

まずは無事に出国できて4人で中国にさよなら!
中国人もみんな親切だ
②

ばんざ~い
③


割り振りを待ってても早朝一発目だからか中々トラックは来ない
トラックは人以上に出国審査に時間がかかる

とそこに一組のカップル登場
日本語ペラペラのロシア人のロマと、日本人のミカさんのご夫婦
2人は中国国内も全てヒッチハイクで移動してきたそう

ロマは身長200m!!
あ、あ、足長っっっ!!
ちょっと関西弁のめっちゃいいヤツ!素敵ご夫婦だ
④


ここから先は英語がほぼ通じないロシア語圏に入る
このロマに出会えなかったら私達のヒッチハイクはどうなってたか分からない
本当にありがたい嬉しい出会いだったのだ

ロマ達はイミグレが2つある事を知らずに
昨日一度イルケシュタムの国境まで行って往復ヒッチハイクで引き返してきたそう
考えただけでも大変…
てかスルー出来ちゃうこのイミグレって凄い。。


係員は後からきた中国人にトラックを割り振ってしまって、中々私達が乗れるトラックがない

待つ事1時間半、ロマの交渉で私達も無事トラックに乗る事が出来た
大学生組・みきかず組・ロマ夫婦組
順番にこの3台が出発する

⑤

いってきまーーす
わくわく



【ウルグチャット⇒イルケシュタム(旧出国Ⅱ)142km】
トラックはキルギスやタジキスタンまでの長距離便ばかり
みんなこうやってヒッチハイクを乗せる事には慣れてるみたい
言葉は全く分からないけど、一つよろしく!!
車内はびっくりする程広い
運転席の後ろはベッドになってて全部で5人以上は座れる
⑧

ここに贅沢にも寝転がらせてもらう


窓から見える景色はパノラマ絶景!
舗装されたりされなかったりの道だけど、乗り心地も問題なし

⑥


快調に景色を楽しむ事3時間
何やら前方でトラックが列をなして並んでる
どうやら1台のトラックが砂山に乗り上げ、ショベルカーが発動してるよう
⑦

行き交うトラック10台以上足止め
のんびり休憩しながら30分くらいで無事に動き出す

きっとこんな事も日常茶飯事なんだろうなー


途中でパスポートチェック
ここでカメラの画像までチェックされ、最初に見られた大学生の航平はイミグレの写真を消されてしまった
もう一人もマサ君もPCの電源を入れられチェック
旅行人のガイドブックも没収されそうになった

こういう所はやっぱり厳しいんだ中国!!
私達は貴重品リュックを開けもされなかった
でも結構適当だな中国!!


そんなこんなでイルケシュタムまで6時間の道のり
距離は142kmだけど、トラックが走ってる速度ってかなり遅い
積載量がもの凄い重いから、どうしてもゆっくりだし道だって良くはない
でもこの道路を走るのは9割以上は大型トラックなのだ




【イルケシュタム(出国Ⅱ)⇒イルケシュタム(キルギス入国)7km】
出国スタンプを貰ってても、次の旧イミグレでもチェックは必要
イルケシュタムに着いた時点で北京時間でPM6:30
キルギスイミグレが閉まるのは北京時間PM8:00、ウイグル時間でPM6:00だ
この国境越えの日は丁度金曜日
土日はイミグレが閉まる事を考えるとなんとしても今日中に入国手続きを済ませなきゃ!!

※実際は中国側が土日もopen、キルギス側が土日closeだった
なんで??どっちかが閉まってるなんて意味分からない…


中国イミグレが東側に移動したお蔭でこのイルケシュタムの小さな町はほぼ廃墟になってる
元々なんにもない所にある町だから行き来する人の為の食堂や宿が数軒あるくらい
町のはじっこからズラーっとトラックが審査待ちをしてる

ここで1台目のトラックに別れを告げ、旧イミグレへ歩いて向かう
⑨


中には既に新イミグレから本日の通過者リストが届いてる
この日通過者のリストは15人
外国人は私達の他にアメリカ人のファミリーのみ
キルギスに行く王道ルートなのに、一日こんなもんしかこの国境を超えないんだ

中国人係員はかなりフレンドリーだった
キルギスイミグレまでのトラックを割り振ってくれて無事に2台目に乗る事が出来た


この間は7km
閉まるまで後1時間
入国スタンプもらえなかったら月曜になるまで2日間待つって事?
とにかく急げだ!!


この7kmが大渋滞
後からキルギスに着いて聞いた話だと
一週間程前にタジキスタンで暴動が起こってしばらく周辺国境が閉鎖されてたみたい
この中国―キルギス国境も数日閉鎖されてたそう
だからなのかな、解除されてこんなに混んでたのかな

⑩


結局着いたのは閉鎖時間を1時間過ぎてからだった
でも、、セ―――――フ
ちゃんと、スタンプ押してくれた~~~~~
⑪


キルギスイミグレは小さい建物のちっちゃい小窓
手を差し込んだらさっさと押してくれる
拍子抜けするくらいあっさり


ここでようやっと6人集合した
みんなそれぞれ問題なく来れてよかったーー

イミグレを抜けるとオンボロなトレーラハウスが並んでて
この中が食堂や宿になってる
⑫

もう表記は完全にロシア語
この辺はウイグル語・キルギス語・ロシア語が交じってる
…全く読めない


今日初めてのまともなご飯を食べてほっと一安心




【イルケシュタム⇒オシュ300km】※ここからウイグル時間
ご飯を食べてしばし休憩
なんだかほっとしたら急に熱が出てきたかもーーーーーーーー!!
慌てて必須アイテムのパブロンを飲む
したら食堂のおばちゃんも現地薬をくれた

こうなったらダブルじゃ
この発熱癖、ちゃんとタイミングを見計らってる気がする…


オシュへ向かうトラックはロマがタジキスタン人とロシア語で交渉してくれた
ロマがいなかったらここでのヒッチハイクは無理だったと思う
中国側は予想以上にも係員が割り振りをしてくれたけど、ここではそれはない

同じ運送会社のトラック、ドライバーはタイジキスタン人
出発するのは深夜、着くのは何時になるか分からないよとの事

3台に分かれ、それぞれ乗り込む
24時に他のトラックも一緒に一斉に出発しだした

本当は峠越えの絶景ポイント
残念ながら夜中の通過だったけど、星はよく見えた

後ろのベッドで寝てた私は風邪も大丈夫になったみたい
薬ダブルのお蔭かな

4時過ぎまで走って、仮眠の為にトラックは止まって
ドライバーのおじちゃんにベッドを交代


朝7時半、他のドライバーが起こしにきた
高所なのか外はかなりひんやりしてる
私達はトラックの中でコンロを借りて持ってきてたラーメンを食べる

のんびりとそれぞれが朝の準備をする時間


すると食事を終えたおじちゃん達がタイヤを外しはじめた
⑬

みんなも手伝ってのタイヤ交換
昨日はちょっと緊迫した雰囲気だったうちのドライバーもすっかり和やか
3人ともお腹が出てて兄弟みたい

すっかり仲良くなっての全員集合写真
⑭

オシュまであとちょっと、9人での楽しい旅です


この峠を越えたらなんだか遠足ムードになってきた

ドライバーのおじちゃんは温泉に行って汗を流し
景色のいい場所で止まって写真を取ってくれる
道端で売ってたチーズを分けてくれた
チーズとヨーグルトのドリンクは独特の味

うぅーんと思いながらも癖になるかも
発酵物は体にいいって言うしね!

⑮
高原ってなんてさわやかなんだーーーー!!!

周りには羊やロバ、馬が沢山いる
キルギスは遊牧民の国みたい

⑯

今までキルギスのイメージなんて全く湧かなかったけど
こんな国なんだね
北海道みたいだ


オシュの手前でタジキスタンに向かうトラックとお別れ
最高に良い雰囲気のヒッチハイクだった
3人兄弟みたいな仲良しのおじちゃん達、最後に住所を書いたメモを渡してくれた
ありがとう


⑰

出発して30時間、こうしてキルギスのオシュに無事到着した





正直めちゃめちゃ楽しい国境越えだった
でもこうして他にも通過する日本人がいた事、ロシア人のロマに出会えた事
もの凄いラッキーだったと思う
ヒッチハイクでもトラブルに見舞われたりもの凄く時間がかかったりした話は沢山聞く
女の子1人だったら危険な事かもしれない

どんな風にどうやって越えれるかは人それぞれなんだ
国境越えはドラマが生まれる


オシュは2年前にウズベク人との大きな争いがあって
中央アジアで一番古いと言われるバザールはその時に半分は破壊されてしまったみたい
治安もいいとは言えない


今しばらくは6人でわいわいしながら、それぞれ首都のビシュケクに向かいます




※びっくりメモ※
トマト1個=1ソム(1.7円)
この夏の栄養源はリコピンです
うま!!


スポンサーサイト

  « ひっちはいく1年生~700km草原の道程~  ラマダンinカシュガル »

Comments

• 箱根庵通信
 素敵な旅をしてますね。小生は昨年夏ウズベキスタンからオシュ経由でキルギス、カザフへ抜けました。ウズベキスタンはいい国ですが、料理が超油ずけで体調を壊しました。気をつけてください。闇両替は1ドル2500スム前後でした。今年はウルムチからカシュガルに行くので旅行記参考になります。ウズベクはラマダンの影響は薄かったのですが、ウイグルはあるのですね。
• Re: 箱根庵通信
中村さん
ブログ読んでいただいてありがとうございます^^
情報はあまり載せてはいないのですが、今回はとっても面白い国境越えでした
今夏のカシュガル行ですか?中央アジアの夏はカラっとしていて気持ちいい暑さですね^^
私達はこれからどう行こうか目下思案中です…どうしようかなーと思いながらしばらくキルギスでゆっくりです
食事が高いのでもっぱら自炊の日々ですが、ゆっくり出来る所があるのは有難いです
カシュガル、素敵な旅になりますように!

>  素敵な旅をしてますね。小生は昨年夏ウズベキスタンからオシュ経由でキルギス、カザフへ抜けました。ウズベキスタンはいい国ですが、料理が超油ずけで体調を壊しました。気をつけてください。闇両替は1ドル2500スム前後でした。今年はウルムチからカシュガルに行くので旅行記参考になります。ウズベクはラマダンの影響は薄かったのですが、ウイグルはあるのですね。

Leave a Comment

09 | 10  (2017) | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。