Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 海外登山

カンチェジュンガ trekk②

day4. dzongra→thansing(3950m)
5. thansing→gochala(4600m)
6. gochala→tshoka
7. tshoka→yuksam



ゾングリから更に奥に進む
ここはこれだけ大きな山脈になってるのにルートは一つしかない

①
生活道になってる訳ではなく真っ直ぐに伸びた道はとても分かりやすい
もっと多くのトレッカーが来てもいいだろうに
魅力は存分にある
でもほとんど人がいないのだ
俗らしさが全くない


川を越えて着いたのは、大きな河原
ここがタンシンだ
②


馬もヤクも今日の仕事を終えて空身になって草を食む
繋がなくたってちゃんと帰ってくるのだ
草っ原に3軒のほったて小屋があるだけ、ここは炊事小屋になっててガイド達の寝場所でもある
トタンに穴が開いた石作りの簡素な小屋だけどみんなで入ればあったかい

③


私達はというと、ここで初めてのテント泊
デンマークの男の子達2人と私達で2張
でっかい草原の中にぽつんとあるテント
④

テントって狭い空間が凄くワクワクする
山に向かう為だけにここにいる気がするから


再びここでも牛ゲーム再開!
⑤
賭けるのはチョコバー
熱い戦いが繰り広げられる
やんややんやーーー!!



このタンシンの奥はもう白い山々に囲まれている
その一番奥がゴーチャラ峠、今回の最終目的地だ

日の出に合わせてそこに向かう為には、、
なんと出発がAM1:00!!
…20時に就寝、起きたのは24時半
全く体内時計が狂ったまま勢いでテンション上げていざ出陣!!

ヘッドライトだけ頼りに歩いて歩いて
物陰が動いたと思ったら野生のヤク出没
途中にあった湖の湖面に星影が綺麗に映る

とにかく歩いてるのは5人だけなのだ
あまりにも真っ暗でシンとしすぎてて一体自分がどこにいるのか不思議な感覚

4000mを超えると自分の心臓と呼吸が激しくのたうちまわるのが分かる
今回はチームのペースが速すぎて、順応が追い付かない
置いてかれないように一歩ずつ

AM4:30
最初のview pointで日の出を見る

段々と薄明りになる空の下で山の稜線だけがくっきり分かる
それがどんどん色づいてくる

⑥

山が朝陽に照らされて赤く焼ける
こんなに綺麗な焼けを見るのは初めて
空気が澄んでるからか色が眩しいくらい

この真ん中の黒い山がカンチェジュンガだ
⑦


夜明け前のこの時が一番寒い
それでも-5℃くらいかな
ほんの少し身震いするくらいがちょうどいい


右を見ても左を見ても白い山
足元は岩と薄く雪が積もって滑りやすい

⑧



正面にカンチェジュンガが見える
もうこれ以上ないくらい真正面
どん詰まりのここがゴーチャラ峠だ
4600m
⑨

⑩


7000m級の山を越えて陽射しがここにも届き始める
光が増えると空の色は一層青が濃くなっていく
最高に綺麗だ

⑫

ガイドのチリンがザックから
りんごとジャガイモとゆで卵と、ザックいっぱいの朝ごはんを出してくれた
AM7:00、歩き始めて既に6時間が経ってる

かぶりつく
⑪


チリンは若干18歳
凄く落ち着いてて静かに優しい人
でもはにかんだ笑顔が可愛い


⑬

こんなにこのトレッキングが圧巻の景観だなんて
知らなかっただけに興奮が倍増する
エベレスト街道にはなかったこの静けさ
今ここにいるのは私達だけ



帰路、ようやく来た道の全貌が見える
氷河の脇には巨大な砂地

⑭

やっぱりここも地球じゃないみたい


私が旅したいと思うのは
ただ地球を歩きたかったから
山が好きなのは、大地を一番感じられると思うから

地球じゃないみたいなこの場所は
紛れもなく地球本来の姿なのだ

人里からたった5日でこの場所に出会えた
もっともっと歩いたらどんな地球がそこにあるんだろう



その日はひたすら眠った
テントの中で疲れ切った身体が地面に染み込むみたい

翌朝、下る最後にすっきりとした晴れ間が見えた
⑮

ここに来れて良かった
もう一回顔が見れて嬉しいのだ




低地に戻って最後の夜
デンマークの彼らとゲームをしながらスタッフの皆に歌をプレゼントする事にした

うた:シモン
ハーモニカ:マチア
ダンサー:かず
ダンサー振付:みき

曲目はデンマークの「いただきますの歌」
今日も美味しい食事をありがとう
可愛いメロディーが大好きでここ何日か口ずさんでいた歌

サプライズで発表したら
みんなニコニコ顔で聞いてくれた

そしたらサプライズでこんなケーキが出てきた!!

⑯
(正しくはカナダじゃなくてデンマークだけど)

こんな山の中で
チョコケーキを焼いてくれたなんて!
嬉しい嬉しいプレゼント
8人で分けっこして食べる

サプライズがお互い用意してたなんて
なんか両想いみたいでめちゃくちゃ嬉しい事!!



4週間のエベレストトレックに比べたら1週間ってあっという間
でも濃い濃い時間だったのはみんながいたから

⑰

⑱




スポンサーサイト

  « 一路デリーまで  カンチェジュンガ trekk① »

Comments

Leave a Comment

05 | 06  (2017) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。