Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 海外登山

カンチェジュンガ trekk①

kangchendzodnga trekking
2012.5.18-24

day1. yuksam(2000m)→tshoka(2950m)
2. tshoka→dzongra(3950m)
3. dzongra→dzongratop(4200m)順応日



このトレッキングの事についての情報はほとんど知らなかった
ヨクサムの村の小さなメインロードにあるトレッキング会社は3件
どんな山でどんな行程なのか、手書きの地図が一枚だけでツアーの写真もなかったから

でもこの小さな村に毎日外国人旅行者が入れ替わり立ち替わりしてる
数日居たらほぼ全員の顔が分かるくらいの人数だけど
今日トレッキングから帰ってきた来た人達、明日から行く人達の話を聞きながら
全く予備知識がないままに、ただワクワクするだけ

そんな始まりもいいなと思う
前日の夜はこれから山に向かう気が全くしなかったのだ


出発早朝集まったのは計7名
デンマーク・アイルランド・US・インド・我ら日本から
気のいい外人さん達と一緒に国立公園に入る入域許可を取得する
…といっても簡素な建物に優しそうなおじちゃんが1人、パスポートにポンと印を押してくれる

ヤクと馬に積む荷物は村の人があちこちから集まって皆で詰めてくれる

①
こんな風に竹籠に入った食糧、寝袋、マット…
私達の防寒具はトウモロコシが入ってた麻の袋に入れてくれる


荷物を積んだヤクに挨拶していよいよ出発!
②


道は意外にも歩きやすくしっかりとしてる
この辺り一帯は山というよりかは森
おっきい木がとにかく沢山生えてる

同じヒマラヤでも田園風景広がるネパールと趣は全く違う
濃い濃い緑とねっとりした湿気であっという間にじっとり汗をかいてしまう

沢山生えてるのはシダ
③

いや、本当はこんなに可愛いものじゃなくって白亜紀時代の如くワサワサいる

うっかり足を滑らせて藪に突っ込んだら
ものの数分後に植物に触れた個所がびっしり湿疹状態に…

ここはジャングルだ

でもそんなワサワサの中に野生の苺が生えてた
白い花が一面に、とってもかわいい
④


メンバーとワイワイ話しながらジャングルを歩くと
やっと山らしい景色も出てきたりする
⑤



道中でダージリンにあったヒマラヤ登山学校の生徒さん達に出会った
若い女の子達ばかりが30名程、彼女達はカンチェジュンガBCで登攀訓練をするそう
世界各国から屈強な山男が集まるのかと思ったら、ほとんどが高校を出たばかりのインドの女の子
入学は年2回、5月が女子のみで9月が男子のみだそう
なんだかみんなハイキングみたいに楽しそう!

というか私も入学させて頂きたい!!
とりあえずは賑やかな輪に混ぜてもらった♪わーい
⑥


初日はツォカ泊
人家が数軒あるだけ、電気はもう通っていない
これ以降が人が住まない無人地帯になる

⑦



山のごはんは何だろう
17歳のコックさんが作ってくれる
びっくりする量の野菜の中から毎日美味しい温かいごはんが出てきた

⑧

⑨


パンケーキ・コーンフレーク・チャパティ・ポリッジ
チーズと豆のカレー、マカロニ、モモ、オクラ炒め
ダルバードにガーリックスープ
とにかく毎食お腹いっぱいになるまでドカンと出てくる
それをみんなでロウソクで囲んで食べる
一日数回のティーサービスまで
なんと豪華なんだ、、町にいるより栄養たっぷりだ

自炊小屋でガスストーブを炊いてご飯を作っているのをお邪魔するのが毎日の楽しみだった


チームメンバーは元気いっぱいしっかり者のお母さん役に
何してても面白い若い男の子達に
家族みたいなチーム
初日の夕食にはすっかり家族団らん
心地良い距離感、外国人ってどうしてそういうのが得意なんだろう


翌日はひたすら登り登り登り、ジョングラへ
荷物は小さなリュックだけなのに、どうしてこうして一か月で体力は落ちるのかな…
中々キツイ毎日です
⑩



4000m近いここで二日の高所順応を取る

ここで登場したのは…

うしゲーーーーーーーーーーム!
初の海外でびゅーでございます
ぱんぱかぱーん
⑪

えー牛ゲームとは昨年飯田家で爆発的なブームを巻き起こしたカードゲーム
海外で広めてくる任務を背負ったまま、かずと2人でする事数回…
旅用にくれた姉!!外国人にもウケ度抜群でしたよーーーー!!

今回は牛ではなく「ヤク」ゲームに改名

気になるわん!なアナタ
是非東急ハンズに行ってください



順応の一つはジョングラの丘に登る事
ここの標高は4200m
山が一望出来るview point!

登るのは、サンライズ
早朝3時半起き!!!!!
真っ暗な中ライトを頼りに登る
初日はあいにくの曇り空

翌日、天気が良かったらもう一回登ろう
と立候補したのはなんと私達2人だった、、
うん、さすがみんなあっさりしてるね!

わざわざ天候を一度チェックしてから起こしに来てくれた
ガイドのチリンと一緒に、再チャレンジアタック

見えてきたのはくっきりとした稜線!!

⑫


今までシッキムに入ってからもどこでも山は見えるよと聞きながら
中々雲隠れしていたこの山達
見えるのは早朝のほんの数時間だけ
やっと全貌が見えました

歩いてきたら、ここまで近くに来てたんだ
全く気付いてなかっただけにこの対面は感動もの

この指の先っちょがカンチェジュンガ峰8585m
⑬


早朝のピリっとした空気が気持ちいい
てっぺんには10名程の人しかいないけど、みんなまっすぐ前を見てる
ただただ同じ方面を向いて過ごす同じ時間
前に山があるから、それを見たくてみんなここまで来たんだ


ゆっくり下った後にチリンが持ってきてくれるお茶を飲む
朝の紅茶は体に糖分が染み渡る

⑭



一日に1000mずつ上がるのは簡単じゃない
インド人のモーハンは高山病がひどく、何度か吐いていた
私もペースがきつくていつも最後尾

それでも順応日にはみんなでだるまさんが転んだをして
子供みたいに外で大はしゃぎ
はしゃぎすぎたら酸素が無くなった…

ツアーって沢山の種類があるけれど
トレッキングが一番一緒に過ごす時間が長い気がする

ただ山を見る為に歩くだけ
山には何もないから、自然と距離が近くなる
寝るときは文字通り肩を並べて7人で並んで寝袋にくるまる



この3日で下山組と更に奥に進む組とでチームは分かれる事になる
下山報告を待ってるよ!の一言が嬉しい仲間

私達はもうちょっと奥に進みます

⑮





スポンサーサイト

  « カンチェジュンガ trekk②  西シッキムの村々 »

Comments

Leave a Comment

03 | 04  (2017) | 05
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。