Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: India

西シッキムの村々

西シッキムの村、ペリンに到着した時は連続ジープのおかげでクタクタになった


5月は夏休み期間にあたるらしく、周りはインド人ツーリストでわんさか
ペリンは小さな村だけれど、小奇麗なホテルが沢山ある

シッキム州でも最古のチベット寺院
ペマヤンツェ・ゴンパ
①

どこの国のお寺でも装飾は凄く細かいけれど、
チベット寺の木彫りと色の鮮やかさは本当に美しい
②

現在修繕中らしく職人さん達が一つ一つ手作業で彫ってる
日本で言うところの宮大工さんになるのかな?
③
この手作り感がたまらなくいいのだ



滞在した時に丁度シッキムカーニバルのイベントに当たった
どうやら昨年シッキムで大規模な地震が発生して観光客が激減したそう
復興の意味も込めてのこのお祭り、今年だけ特別に開催してるみたい
シッキム全州で行われてるらしく、ペリン観光局の人が教えてくれた
④

観光局のすぐ上が彼のおうち
この辺りでは珍しい黒のかわいいラブラドールちゃんがいる
名前は「ハチ」
ハチ公物語を見て号泣したらしい
⑤

カーニバルには写真展示からシッキム料理、生バンドがあるそうで
駆け付けたグランドは、、
⑥


おーまいがっ
残念な事に人気がなかった…
おまけにこれぞバケツをひっくり返したような豪雨、、
一日に一回はこのレベルの雨が降る
でもまだ運がいい事に移動中には雨に降られてない私達
かずは晴れ男だし
私はなんたってウンが付いたからねっっ!!!

ぎゃふん



翌日早起きを頑張ってみると
見えたのは綺麗な青空、カンンチェジュンガ山群!!

⑦
朝日を浴びながらのクロワッサン、最高です


本当はダージリンからでも見えるみたいだけど
曇り空ばっかりだった今まで
はじめまして、白い山^^



ペリンから更に奥に進みます
狙いはもちろんマウンテーーン!
ヨクサムという村はカンチェジュンガの麓から僅か35kmとの事

地球の歩き方にも
地図にもほとんど載ってないこの村
トレッキングに向かう僅かな欧米人がいるだけ
⑧

⑨



本当に小さな小さな村のメインストリートは100m程
ただ山に近い!ってだけでなんの情報もなくここまで来た
なんとも居心地の良いサイズの村
宿にはこんなに可愛い男の子とちびワンコ

⑩


ちょっくら山を仰ぎ見るかの~~の気持ちで来てみたけど
来てみたら
ムクムク湧いてきた

んん~~~~
ぬぉ~~~~~~~~~
見るだけじゃたまらんばい!!!!
登ったるけーーーーー!!!!!


うん、即決
着いて早々にトレッキングツアーに申し込んでしまった

7日間のカンチェジュンガトレック
目指すはゴーチャラ峠、4600m
しかも今回は

ヤク付き♡

・ヤクでの荷揚げ
・テント泊
・コック付

いやーースペシャル!!
でもこんなに豪華でも1人一日800Rs(¥1700)でございます


ヒマラヤ広し、でも殆どはネパールから始まるトレッキング
インドとの国境にカンチェジュンガ山群がある事すらあまり知られてない
ジープを乗り継いで行く不便さやロッジが全くない無人地帯って事もあって
トレッキングとしてはあまり有名じゃない

エベレストトレックから一か月後にこんなBIGなトレッキングに向かえるなんて
全く予備知識も準備もないままにトントントンと進んでしまった

わくわくわくわく
世界第三位の高峰と出会える
んーもうここまで来たら絶対会いたいよ
パキスタンの世界第二位K2峰~~~~!!
だれか、私をカラコルムへ連れてって。。



トレッキングが始まるまでの間に付近のケチュペリ湖までハイキングに行ってきました
珍しく晴天に恵まれる
でも今度は湿気が蒸し蒸しで
猛烈暑い

2人とも豚汁だくだくでございます

とうもろこし畑ーーーー♪
⑪


テーマソングはトトロの「さんぽ」♪♪
まるでネパール、美しい段々畑がここにもあります

お花もきれい

⑫


あじさいって海外にもあるんだね

⑬


ヤギもこんにちは

⑭


牛さんこんにちは
ブラジャーこんにちは
⑮


小さな働き者の男の子
カメラの前ではピタっと静止
⑯


汗だくになって5時間
民家と畑と森の中を通ってケチュペリ湖へ

⑰
この山の中にひっそりある湖は、聖なる湖として崇められていて
チベット教のみならず
ヒンドゥー教、キリスト教、イスラム教
全ての宗教の人達が参拝しにくる

湖の横には僧侶が全て女性の尼寺がある
ラダックから集まった僧侶達
小さな女の子僧侶も勤行に励んでる


ここで日本人女性に出会いました
⑱

春子さんはシッキムを旅していてここでブティア族の彼と結婚したそう
穏やかなとっても素敵な女性
湖の入口で雑貨屋さんをしてます
現在旦那さんの手作りで新居を建設中!


森の中は真っ暗
夜は曇り空が信じられないくらいの満天の星

何もない
電気もない
その静けさの中に
ひっそりと居る

自然の中はいつだって気持ちいい


そんな夜
題して「ヒルズ・ナイト」
なんて優雅な響きだろう
イッツゴージャス!!

布団に入ったら
右足にぷにゅっとした感触
ここは冷静に
気持ちはおおらかに

こっそり毛布をめくれば、、
森から連れてきちゃったよ!!!
コイツはヒル!!!

初めて見た…
黒くうごめく彼はなめくじ大

一斉捜査をすれば、かずの足は既に餌食に…
丸いヒルの口の跡から出血


自然の驚異の前には成す術もありませんな



翌日、久々の運動に疲労を感じた我らは帰り道をヒッチハイク

乗せてくれたのは
卒業旅行で来ていた、シッキム州都ガントクの大学生たち
総勢20名程!
教授家族も一緒にとにかく賑やか!!

ジープの中ではギターを片手に
ネパールソング、インドポップス、シッキム民謡と
みんなで大合唱

こちらの披露は
トトロの「さんぽ」
ラピュタの「君を乗せて」
BIGINの沖縄ソング「島人ぬ宝」

イーヤーサァーサーーっ♪♪

ハイテンション大学生の勢いは止まらない

⑲
滝の前でフォーーーーーー!!!


最後の最後まで楽しませてもらいました
ありがとうみんなっ!


シッキムの人達はみんな優しい
奥までこれて良かった











スポンサーサイト

  « カンチェジュンガ trekk①  茶畑と登山の町、ダージリン »

Comments

Leave a Comment

05 | 06  (2017) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。