Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 海外登山

Everest trekk④ チョラパス~ゴーキョピーク

Day22 thokla→dzonglha
23 dzonglha→cho la pass(5368m)→gokyo
24 gokyo→gokyopeak(5357m)→macchermo



カラパタールとベースキャンプにたどり着いた私達の次なる目的はゴーキョだった
このゴーキョ、今いるエベレスト方面からは一つ峠を越えなければいけない
このクーンブ地方には3大パスと呼ばれる大きな峠があって

renjo pass
cho la pass
congma la

この3つがゴーキョ方面・エベレスト方面・ローツェ方面とビックポイントをつないでる
でもこの峠、基本的には一般トレックルートではない
時期によってはアイゼン、ザイル装備要な難所だ
ガイド付団体でここを超える人達は沢山いるけれど、単独はあまりいないというか危ないところ

実際ルートを組む時にタメルの旅行会社からはチョラパスは止めた方がいいと言われ、一度ナムチェ近くまで下がってからゴーキョ方面に向かう予定を立ててたけど
ルクラや他でチョラパスに実際に単独で行った人達の話を聞いて是非とも挑戦したくなったのだ
天気が良くて雪がなければ難しくはないよとネパリ達も話す

ロブチェから下がって来た時、天候は微妙に雪がチラついてるとこだった
んんーーー、、どうだろう
でもまずはチョラパスに向かう起点の村ジョンラまで行こうか

ロブチェから3時間の道のり
通る人はほとんどいないけど、しっかり付いてるトレースを追ってく
段々強くなる雪と風
そのうちあっという間にホワイトアウトしてトレースが分からなくなってくる
2時間以上は頑張ってきたけど後ちょっとの所で一度戻る事を決めた

これは危ないなー
と思いながら戻ろうとするとあっという間に来たトレースもなくなってる

やばい
やばい

探していて、気が付いたら谷底の方に迷いこんでる
必死にその斜面を登るもなんせこの軽登山靴
ズルズル滑って危ない
結構な斜面を迷いに迷ってると一瞬視界が晴れた

5000m近くでもがいてもがいて、高山病が悪化しフラフラの状態でようやくトゥクラの村に到着

危ないとこだった…

天候は不安定、このまま下山をしようと一度は決めた
それぐらい怖い思いをしたのだ

けど、翌日
窓の外を見るとなんとか行けそうだ!!!

んーーーーー
どうする?
んーーー

再アタックしよう
途中でまた悪くなっても一度通った道、ダメ元でもやっぱり行ってみたい!!
そう奮起して向かってみる



今度は何とか天気ももってくれた 
①


華やかなエベレスト方面と違って人気の全くないチョラパスへの道は
山がより切り立ってなんだかすごく怖い、、
でもここがヒマラヤなんだって山をより感じられる道だった
山を常に怖いと思って、畏怖の念を抱きながら山に登る
当然の事をひしひし感じながら歩く


無事にジョンラのロッジが見えた時は安心した
②



翌日は前日まで雪が降り続いてたけど、空は晴れ渡ってる
うん!行こう!
ロッジの早朝組と時間を合わせて人が見える範囲で出発をする

雪道を汗をじっとりかきながら進むと
この景色

③

しんと静まり返って山に囲まれてる



さてこっからがチョラパス峠越え
まずは登らなきゃね
なんせトップは5368mなんだもん

ちょっとした岩場が出てくる
この傾斜、新雪で踏ん張りが効かない
④

かずも一歩ずつ慎重に岩をつかんでく
ずっとトレッキングルートだったから、こうして岩をつかんでくとワクワクする
やっぱりピークハントしたい!!


よいしょよいしょで頂上についたーー!!
景色は最高だ
後ろから来てた団体さんにまじって記念撮影

⑤


やったねひゃっほう!!
⑥
あ、もちろんこの後酸素が切れてます…


峠の間はこんなに穏やかな雪原
⑦

それにしても雪が深い…
トレースを外れるとズボっといくくらい
靴のゴアテックスも信用できないから、雪団子になる度にコンコン雪をはらってく

そんなに遠くなく峠の反対側に出た!
今まで見えなかったゴーキョ側の景色だ!!

景色に感動した後に下るかと思うと、、


何やら前方でごそごそ…
⑧


ん!!!?
ザイル出してますけど!!
しかもみんな軽アイゼン装着し始めた

そう
登ったぞーと油断してたけど、こっからが本番だったのだ

登りより更なる斜度、というかバカでかい斜面
あっという間に足元もずるずる
ここを降りる!?
この装備じゃ全然無理…

あわわわしてる間に前のツアーはどんどん下降を始める
そんな私達を見かねてか、ガイドさんが君たちもこれで降りなと声をかけてくれた

…助かったぁぁぁ


という訳でかず、初めてのザイル下降
⑨


実際笑顔なんて全く出ない程危なかった
アイゼンないから踏ん張りは効かないし、ハーネスなんてもちろんない
雪がべったり付いてる急斜面を100m以上下降する

2人とも無事に降りれた時はぐったりだった
相当怖い思いになってしまったかず
ごめんねごめんね
良くがんばって降りれたーーーー、良かったぁ

ここここ
この右の合間
山がでかすぎて分かんないけどすんごい斜面です
⑩



甘く見すぎてたチョラパス
ちゃんとした下調べもないまま行けるだろうと思う程優しくはなかった
ガイドがザイルを貸してくれなかったら絶対渡れなかった
今回は色々と反省点が多すぎる

付近の村ではチョラパスでの行方不明者のビラも出てた
ここはそういう所
山に向かうのに、私甘すぎた
反省が多すぎる…




ゴーキョ谷は色合いが全く変わってくる
土が多くなってこの茶色の色が青と白に映えてとっても綺麗

⑪


ここからゴーキョまではまだまだ長かった…
峠を一気に下り、そしてまた登り、ぐんぐん下る
そして最後は全長16キロ幅1キロの大氷河越え

1カ月のトレッキングの中でこの日が一番キツかった
早朝6時に出発して到着したのが夕方5時
しかもハードハードな難所続き、、誰もいない氷河が割れる音を聞いたら不安いっぱい
足がくがくでゴーキョが見えた時は気が抜けた~~


⑫

ゴーキョ、湖の湖畔にひっそりある村
⑬


着いたーーーー
着いたーーーーーーー涙


この日はもうチョラパス制覇記念に食べてやりましたとも!!

⑭
ヤクのストロガノフ!(ごりごりの筋だった…)
マカロニチーズソース(沢山食べたマカロニの中で一番美味だった)
ピザ(初めて手を出した高級品の代名詞、ここからピザにハマる事になる)

んまーーーーーーーーー!!
がんばった後のディナーは最高ーーーーー!!!



疲れ切った体に美味しい栄養が染み渡り、翌日はパワーも復活
んでもってお天気もばっちし!
目の前のゴーキョレイクはわずかに出た水面が青く光ってとっても綺麗

⑮

美しさってこういうもの
カメラを切る手が止まりません

⑰

地元ガイドのカラパタールを上回るNo1絶景のゴーキョピークを目指します
⑯


雪のない土だけの黒い緩やかな丘
もう丘登りもチュクンリー、カラパタールに続いて3回目だもんね!
丘マスターとして頑張りますよ!
と思ったけど、このゴーキョピーク、、半端なくデカい
標高差は500m以上
3時間かけてゆっくりと景色を楽しみながら向かう


ロッジからは見えなかった
一歩上がるごとに山がどんどん出てくる、湧いてくる
昨日越えるのに苦労した巨大氷河ももう足元に
⑱


なんて景色だろう
山が集まってる
本当にここは世界の尾根なんだなぁ

眩しい太陽に目がくらみながら、もったいなくて閉じてなんかいらんない
噛みしめながら歩く3時間なんてあっという間



着いた先は360度見渡す限りの白い峰々

⑲


3日前に見たエベレストが遠くなってるハズなのにもっと大き見える
ここクーンブ地方にある8000m峰
エベレスト
ローツェ
マカル-
そして峠を越えて初めて見れたチョオユー

この4座が一度に展望できるのはヒマラヤ広しといえどここだけだ


感動なんて何度もしてるのに、想いが溢れて止まんなかった
ヒマラヤに包まれているって事以上に
このゴーキョピークで長い長いトレッキングをやりきったからだ

諦めないでよかった
ぶつかりながらもここまで2人一緒に来れてよかった


長い長い道のり
山も夫婦も一緒
私達のトレッキングはここがゴールだけど、夫婦としてのスタートはこの場所からだ


祈りのタルチョも穏やかな風にたなびいてる

20

ありがとうございます 2人で何度も手を合わせた
またおじいちゃんおばあちゃんになってもゴーキョを目指そう
それがこの景色に約束した事です



長かったトレッキング
ここからが初めての下山路になります


21

22








スポンサーサイト

  « Everest trekk⑤ ゴーキョ~ルクラ  Everest trekk③ ロブチェ~ベースキャンプ »

Comments

Leave a Comment

05 | 06  (2017) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。