Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 海外登山

Everest trekk③ ロブチェ~ベースキャンプ

Day17 dingboche→lobuche
18 lobuche停滞日 (4910m)
19 lobuche→gorakshep→kalapattar(5550m)
20 gorakshep→everestBC(5364m)
21 gorakshep→thokla



いよいよエベレスト方面へ向かう
分岐からロブチェに向かう日は雪が降って完全なホワイトアウト
それでも向かう人は沢山いるし荷揚げ隊も沢山
①


でも、もし人がいなかったら?
吹雪いてトレースもあっという間に消えたら?
そう思ったら本当に怖くなった
こんなに雪があっても軽登山靴だし
ストックの代わりに木の棒で歩いてるし
装備は不安、ガイドだっていない
その怖さを痛感する
山は山なんだ

結局はかなりの大人数がロブチェに向かい、一緒になって事なきを得た
到着する頃にはきれいに空も晴れてる
山の天気は本当に分からない

でも油断していたら雪目になった
状況はかなりひどくて一日痛さで目が全く開かない

そんな私を見て同宿のガイドさんが目薬と錠剤をくれる
オーナーが温かいスープを出してくれる
快晴のロブチェで部屋のカーテンを閉め切っての療養
ボロボロ涙を流しながら山に対しての甘さを反省する
ネパリの沢山の優しさが沁みる、、

ようやっと開いた目をあけると目の前には圧巻のヌプツェが!!

んーーーー!!もっともっと前に進みたい~~~!!
ここからの道のりは酸素不足との戦い
岩がごろごろしててもちゃんと道ははっきりしてる
けれど一歩がしんどい…
すれ違うトレッカー達とみんなでがんばろーと言い合う
一本道は両サイドに6000・7000m級の山が連なり絶景ばかり

③


ここは地球なのかな
地球の一番地球らしい景色を見たら、なんだか地球じゃないとこに来たみたいだね
って2人で話す
本当にそう思う程現実じゃないみたい



一歩ずつ踏みしめてようやっとゴラクシェプに着いた!
ここが最果ての村、5100mを超えてる
こんなところにも人は住むし、なんとネットもある!!
IMG_9443.jpg


ロッジが4軒しかない為、トレッカー達で常に満員状態
事前に予約を入れないとかなり厳しいみたい
案の定、宿はフル
でも幸運にもシェルパの人達が泊まる別棟に泊まっていいよとの事!
わーい、お邪魔しまっす!
こんなとこ
⑤

ここにも毎日沢山のシェルパが荷上げをしに来てる
私達が個室をもらえたからか、床にもダイニングにもシェルパの人達がザコ寝してた
申し訳なくも温かいとこで寝る事が出来ました

標高=物価の高さ、なのだ
比較するとカトマンズでダルバートは50Rsで食べれるけど
ルクラ→300Rs
ナムチェ→400Rs
ゴラクシェプ→500Rs
くらいかな
実際はもっと高いごはんもあるけど、我らは比較的安いダルバートお替りで満たされてます

このゴラクシェプで2泊してカラパタールとBCをゆっくり周る事にした
毎日変わる天候に山が全く見えない時もあるけど
丁度滞在した時には真っ青な快晴だった!
ありがとう山の神様ーーーーー



ロッジから見える黒々とした丘がカラパタール
エベレストが最も近く見えるポイントだ
午後出発して2時間かけて登る

相変わらず息が切れる
上を見れば何人かの人が集まってる

きた
きた
きた

ついにきた
夢が叶う瞬間ってこんなにドキドキするんだ!


上がる程に猛烈な風が吹いて飛ばされそう!
先は切れ落ちてて氷河が見える

⑥


てっぺんは沢山のタルチョで埋め尽くされてる

⑦

最後は手をとりあってよいしょよいしょ

4月9日
カラパタール登頂!

⑧


かずの横断幕を掲げて喜び合う
同時に登ったモンゴル隊の人は雄叫びを上げてる
最高の気分!

2人でこの頂を踏めた事
何より一番嬉しい!!

無事にここまでこれた事、ありがとうでいっぱい
山の神様に感謝でいっぱいです
おいのり
⑩


登頂後はてっぺんで日本から4か月大事にとっておいたカントリーマームを!!
山はマームでしょ!!
これ、出発の日お義母さんが持たせてくれたおやつ
美智子ママ、いただきまーす^^
IMG_9520.jpg


強風で手袋をしてても手がかじかみながら
興奮冷めやらぬで下山
降りるのはあっというま

ゴラクシェプにはヘリがきてた
物資の荷下ろしだろうか
中には救命のヘリもあるだろう
何機も飛んでるのを見た
山の命をつなぐヘリコプター
その姿は格好良い
⑫




翌日はベースキャンプへ
標高差はそれ程でもないけど、ロッジから4時間の距離

ごろごろの岩を乗り越えてでっかい氷河の脇を通る
目の前の山が大きすぎてなんだか変な感覚だ
IMGP9628.jpg


ポーターさん達もヤク達も荷物を運んでる
IMGP9569.jpg

⑮


ここから先は本当の登山隊の世界
でも登山家だけでなくてこうして人もヤクもヒマラヤで活躍してる
ヤクは大人しく一生懸命運んでて、大きな顔が可愛らしい
すれ違う度にがんばれー!って2人で小さく応援してみる

エベレスト街道の果ては気持ちいい道
ふりかえるとまっすぐ一本につながってる

いいなぁ
空の青と雲の近さ
高所でしかみれないこの景色

気持ちいいぜっっ

⑰


道中はずっとエベレストが見える
この指の先っちょ
8848m世界最高峰でございます!!

IMGP9588.jpg

アップでどどーーーーーん

⑲

エベレストは黒々とした岩肌がちょこっと三角形に見える
ヌプツェに阻まれて裾までなんて到底見えないけど
この三角形のお顔、まさか人生で拝めるなんてね


えっちらおっちら進んでベースキャンプに到着!!
この石、みんなが記念に落書きを残してていい感じになってる
中には「ありがとうママ!無事に着いたよ」的なものも、笑
しかも他にもママ宛がたくさん、、
⑳

ベースキャンプはまさに4月のシーズン真っ盛りで30か国、300人以上の人が集まってるみたい!
おぉぉぉ!
でこぼこの岩地に沢山のテントが張られてとっても賑やか
一般のトレッカー達も遠巻きながらテント周辺まで見学できる

こうやってトレッキングしてる間にも沢山の登山家が8848mのてっぺんにアタックしてるんだもんなー
IMGP9624.jpg


天気も良く穏やかなベースキャンプでしばしのんびりしてみます
おやつはチョコバー
IMGP9621.jpg






最高の景色をくれたカラパタールとベースキャンプ
いっぱいいっぱいありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!

スポンサーサイト

  « Everest trekk④ チョラパス~ゴーキョピーク  Everest trekk② ルクラ~チュクン »

Comments

Leave a Comment

09 | 10  (2017) | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。