Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: China②

水墨画の世界へ

薄曇でどんよりとしたベトナムのハノイを出発する

目指すのは、この旅最後の国
3度目の中国
広西チトワン自治区の南寧へ

外国人が誰もいないバスに乗って、国境までは順調に着いたのに
1つしか空かないベトナムのイ出国窓口に大勢の人が殺到して長蛇の列
出国スタンプをポンと押すだけなのに1時間半も待って
そこから中国側に向かって、結局イミグレを抜けるだけで2時間半もかかった

よく分からないままに並んで待って、乗り換えのバスを待って待って待って
最後の国境越えは今までの中でも結構面倒くさい国境越えだった
いやぁーーちかれたび!

漢字の国にようこそ
①
ベトナムの事は「越南」って書くんだって


中国はでっかい
旅の最初に訪れたのはお隣の雲南省・四川省
中央アジアを抜ける前に寄ったのは新疆ウイグル自治区
そしてこれから目指すのは上海まで
中国の一番面白い部分を周ってこれてる気がする

でっかいね~上海遠いね~~
これをわずか10日で駆け抜けようと思うのだ
えー!?いけるんか?!
中国地図
地理知らなかったけど、石垣島ってほぼ台湾だね!!


中国玄関口、南寧の大都市に着いた時はもう暗くなってた
中国って、外国人が宿泊出来る宿探しが面倒くさくって、事前に調べとかなきゃ困る事が多い
一応調べといてはみたものの、一泊しかしない南寧でバスターミナルの近くに泊まりたかった

どうしようか~この辺宿なんて見当たらないな~と暗くなった中で困ってたら
食堂のおっちゃんが声をかけてくれて、最初の宿は高層マンションの一室に泊まる事になった
宿探し難関の中国で中々おもろい一発目。
どうにかなったよ、なるもんだねやっぱし、笑

とゆー訳で、さい先良くって嬉しくって
丸一日の国境越え無事にお疲れ様、初中華っっ!!!
んーーーーーまーーーーーーーー!!!
22

②
この日のご飯は木桶飯ってその名の通り木の桶にご飯が入ってた
茄子炒めと豆腐炒めが乗ってて、安定の旨さ中華万歳なり!!!

我らは3度目の訪問で多少の漢字は予測できるようになったものの
まだまだ中国の四文字熟語メニューには頭を悩ます
③
最近覚えたのは、腐竹=湯葉って事。

まずは中華に舌鼓打って、一泊だけの南寧
こんな高層マンションに泊まってました
④
お値段、値切って80元(1600えん)
中国ってばけっこー高いのよ><


さーて、向かうよ中国ラスト旅!
どこに行こうか迷って迷って決めたのは桂林周辺
⑤
日本でも桂林って観光地としてとても有名だと思うけど
これぞチャイナって感じの水墨画みたいなにょきにょきした山に仙人がいそうなあの風景
これが最後に見たかったんだよね~ぃ


だけど、桂林は観光の中心部かつ大都会らしいので
目指すのは桂林から70km離れた陽朔って町へ
(陽朔、ようさく。中国語読みではヤンソウ)

経由した桂林では、とゆーと

ほっ
⑥
いや~ん、胡麻団子~♪

路上で点心~~♪
⑦
ショーロンポー、チャオズーーーー!

うぅーむ
ベトナムで相当食い散らかして来たけれど
食の本場は中国に有り

日本に着くまでに私達はどーなっちゃうんだブー
既に楽チンタイツ生活は始まっているのだ
食い倒れ珍道中。


陽朔までの道のり


むむむ

出た出た

にょきにょき!
⑧

実はこの風景、陽朔に来る前から
更にはベトナムの国境付近からずーーーっとある
既に何百キロもにょきにょきの道は続いてるのだ

これってごく一部の中国の秘境の山奥の風景だと思ってたけど
かなりの広範囲のにょきにょき地形だった

その中でもにょきにょきの本場、陽朔
こーんな感じのとこでした

⑨

⑩
おぉぉぉぉ
にょきにょき連投!!


周りをあちこちこのとんがり山に囲まれてて
どこからでも見渡せばにょきにょき

町の中にも小さなにょきにょきはいっぱいあって
こんな風にライトアップされててカッコいい
⑪
うーん、とってもチャイナ4000年の歴史っ

桂林観光と言えば、このにょきにょき山を眺めながら璃江という河下りをするのが有名で
桂林をスタートにして陽朔がゴールになる感じで河を下っていく
陽朔もとっても観光地なんだけど、規模が小さくて生活感溢れる所がいい感じ


町中には三輪オートがいっぱい走ってて
⑫

この雰囲気が好き
⑬

路上セイロ
⑭

歯医者の事を牙科っていう。歯ブラシは牙具
⑮
ドアの先、すぐ施術台だぜぃ

中華は菜っぱ類が豊富でおいしい
⑯
このスカート、ベトナムサパの民族刺繍ものでお気に入り♪
緑のスカートをはいて、ネパールの新しい黄緑のダウンを着て、緑のリュック背負って
緑いっぱいの青空八百屋を眺める、みどりガール。


レンタサイクルをして、ぐるり走ってみる
自転車DEゴーっ
32

⑰
最近はアンコールワットもベトナムも自転車やバイクで自分の足で周れてる
普段自分で運転するなんて中々ないから走るのがめちゃ気持ちいーね!

おばちゃん達の焚き火に入れてもらた♪
⑱
カンボジアでは30℃以上だったのに
今はもうダウンも手袋も必要になってきた
段々と季節も文化も日本に近づいてって、徐々に順応中なのです


町を出るとすぐに田舎になって、続くのはずーーーっとにょきにょきの風景
⑲
お天気はちょっとイマイチだったけど
こんな霞かかってる時の方がにょきにょきは神秘的に見える
今にも仙人が出そうだ

サイクリング中国、いいねー!
⑳


この日は30キロ以上走って、またもお尻が4つに割れそうだった
走ったらおなか空くもんねー
21
配給係の人、ご飯が漫画盛です


帰り道、学校があったからふと寄ってみたら
にょきにょき山の下で中国雑技の丸秘特訓が行われてた!!
23
さすがっス中国。
超人技も日々の積み重ねなのだ



次の日、璃江の中腹にある興坪という小さな町に行ってみた

24


興坪古鎮、古い町並みが残ってる所
25

26

中国は観光地の作り方が上手
雰囲気を残しながらお洒落なカフェや宿を作ったりする
でも、そういう素敵なとこのコーヒーなんてちょっと手が出ない程のお値段なのよねぇ(涙)
入場料なんぞはびっくりするほどお高い
意外にも観光大国なのである、チャイナ

ここは璃江河下りのメイン所になるみたいで
客引きや、桂林から下ってきた人で河はにぎやか

河沿いをのんびりと歩いてみる
いー景色!!
27

ここは中国の20元札の裏の絵になった場所だそう
28

すごいねー!中国広しなのに、数ある景勝地の中で
この桂林璃江の景色が描かれてるとは!!
まさに水墨画そのもの
ここは中国のイメージそのものの場所なのだ


この日はお天気もよくって、ぽかぽかで
なんともお散歩日和
興坪の小さな町はおだやかな雰囲気でいっぱい

町中であちこちで見るのは
おじちゃんおばちゃん達が路上で集まってる姿
29

30
将棋やトランプのカードゲームなんだけど
お金がバンバン飛び交っててみんな真剣勝負
こーやってご近所さんが仲が良くって外でわいわい集まって
いーね、こういうの

中国版のトランプ!
31

河沿いをのんびり歩いて
おっちゃん達の一勝負を覗き込んで
タピオカ入りジュースを飲んで一休みしてたら
隣の店のお姉ちゃんが声をかけてくれて
どっかいいとこある?って聞いたら、おすすめを教えてくれた

なんと、あのニョキニョキ。
登れるんだって!!

えーーーーー!
それはもう行くしかないよね!ありがとう姉ちゃんよ!!

GOっっ!!
33

ニョキニョキはありえない角度でそそり立ってて
下から見上げれば巨大な垂直の岩
でも感度がいいのか、あちこちのてっぺんは電波塔みたいになってる

緑の中をあるく~
34

そのうち急な階段になって
垂直なハシゴなんて出てきちゃって
最近肥えた体にはキツイんだけども!!


ふーふー(ブーブー)言いながら登ること30分

てっぺんはすんごい景色が広がった

35

目の前はずーーっと続くにょきにょきの山達

今まで世界中のあちこちの景色を見てきたけれど
度肝抜かれたここ、不思議な世界

自然の作る地球の姿は、本当に色んな形をしている

最後にこの景色を見れて良かった


にょきにょきのてっぺんに登れたよ!
36

かずさん、仙人になるの巻
37



この日、バスの中から見た夕陽は
ニョキニョキの山の後ろに真っ赤な太陽が沈んで
ちょっと感動しちゃうくらい綺麗だった



やっぱりこの国は面白いよ
景色も人も食べ物も、パワーがみなぎってる

早口でまくし立てられて、タバコの煙真っ白だけど
でも話してみると、いー人なんだよ中国人

私もかずも、中国はかなーり好きなのである


38



駆け抜けるよチャイナ旋風!





スポンサーサイト

  « 熱烈歓迎美味香港  棚田のある村 »

Comments

Leave a Comment

07 | 08  (2017) | 09
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。