Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Cambodia

アンコールワット、自転車でGO!

2014.11.27-30

バンコクを出発して
ここから日本を目指す、アジア最後の旅
期間はぽっきり3週間
ゴールは中国上海!

あれ、結構上海って遠くない!?
果たして無事に日本までたどり着けるのだろうか・・

かんぼじあ地図完成
まずはお隣の国、カンボジアに向かうよ~!!

私はカンボジアに行った事がなくって
かずは10年近く前に行ってるんだけれども
アンコールワットはとっても行きたい場所のひとつだったのだ


久々の国境超え陸路の旅
わっくわくで始まるどーーーー

しかし旅は便利なもので
タイのカオサンからアンコールワットのあるシェムリアップまでのチケットが沢山売ってる
そのお値段は200B(700えん)と超格安なのだ

そんな安くて大丈夫?って思った国境超えは中々面白かった


まずミニバンで国境付近まで行った後、何故かレストランの併設旅行会社に連れてかれ
こんな所でカンボジアのビザが取れた
あれ?ちょっと普通より高かったかも?!

そして国境手前になって次の案内人にバトンタッチされ
「カンボジアはATMの手数料が高く、円と$の両替レートがとっても悪いので
タイ側でタイバーツを沢山作ってカンボジア側で両替するといい」と言う

え??何ソレ!?
と思いながらも見ると一緒に乗ってた欧米人達は大量のタイバーツをATMで下ろしてた

不思議に思いながらも急げという声に乗せられて2万円をタイバーツに両替した我ら

えーーー、変なの。


そのまま案内人に連れてかれるまま国境へ


来たーーーよカンボジア~~!!

①
門がアンコールワット調だ!!

カンボジア文字って、タイ語のニョロニョロ文字より更に分けわかんなくなってる!!!
②


国境の後、そのままフリートランスポートと言うバスに乗り
シェムリアップの町まで走る、大きなバスターミナルに着いた

と、案内人
「シェムリの町は両替レートが悪いから、ここでカンボジアマネーに両替せよ」と。

しかーーし
良く見ると、ものごっつい悪いレート
タイバーツだけでなく、日本円も$も同じように悪い
この外人専用的なバスターミナルで、両替所はこの一軒しかない

???

隣の欧米人達はまたもガッツリと束のようにこのレートで両替をかけてたのだ

我らは何か変だぞと思いながら、取り急ぎ町まで分で数百円のみを両替。

この頃には元の案内人はどこかに消え
更にお金を払ってミニバンに乗り込む事になる
シェムリまでの通しチケットじゃなかったのか?

さーてこの辺りでやんわり気がついた

あ。コレ両替詐欺ですやん。

案内人がびっちり着いて、両替を強要する所がそもそも怪しいのだ
ビザ発給からタイバーツを下ろして両替まで
あまりにもスムーズに何人もの手を渡ってここまで来た
思えばバンコクでチケットを買った時からみんなグルだったのねん

結果私達はタイバーツには替えてしまったものの
めちゃ悪いレートの両替で踏みとどまった為、ほとんどの差だったけれど
これがもし2万円分全部やってたら、3500円くらいのボラれ計算だった
大丈夫なのか、あの欧米人達は!?
もちろんシェムリでは公定レートで全ての通貨を両替できる。

いやー、アジア凄いね
この巧妙さ、完成されすぎてるこの流れ。
後でネットで調べたらこの手は結構有名みたい
両替以外にも、アジアは沢山の詐欺が横行してるけど
なんだかふとその流れに乗ってしまいそうな自然な流れは、あっぱれ!

よくよく後になって考えてからじんわり来る、やられた感
東南アジアっぽいこの胡散臭さ、インド人のが可愛い気がある
でも旅最後の私達は悪い癖か、こんな事もおもろいね~~と感心しちゃう

アジアだから、何にも調べなくてイケルよね
最後だから行き当たりばったりも面白いよねって
本当に何にも調べないで来たけれど、それはそれでこれから結構困る事になるのだっだ
ちーーーん(笑)


そんな国境超えを終え、
無事に到着時間を5時間くらいオーバーしてシェムリアップに到着!


天秤籠売りのおばちゃんがいるー!
③

初日、夜屋台をウロウロし
カンボジアも美味しいねーと舌鼓を打ち

衝動買いしちゃったのはコチラ
④
メガネ15ドル、計測中

レーシックしたのにさぁ、旅中に視力が落ちちゃったのよね~
こちら、メガネは憧れ。のマサイ族バリに視力の良いかず
やってみたかっただけ、視力検査
⑤

あほだよね~
この人たちって本当にあほだよね~~

ものの10分で新しいプラスチックレンズのメガネを手に入れた私
お気に入りでかけてみる、お食事タイムは生春巻きです
⑥
うまうまーー!!


翌日
早速目玉に行ってミヨウ
カンボジアと言えば、もちろんアンコールワットです

アンコールワットは朝焼けが有名らしい
みんな朝陽が昇るのを目指して向かう
だので、頑張ったよ我らも5時起きで!!!!

レンタルしたチャリを漕ぎ漕ぎして、7km離れたアンコールワットまで
空が薄明るくなってもうすぐ朝陽が昇っちゃうーーー!!と急いで入ろうとしたチェックポイント


「チケット売り場はここから5km手前です。」


なんとーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!涙


もう、朝陽のぼっちゃうの、これ見に5時に起きたの、頑張って漕いで来たの
てかチケット売り場なんて気づかなかったよ、一本隣の道じゃんっ
周りを見ると同じようにチャリで来てた外人達が回れ右して戻ってる

あぁ、、やっぱり色々調べといたほうがいいですよねって思う旅3年生。
ガックシ。


朝陽がすっかり昇った頃、5kmの道のりを戻って
ようやっと手にしましたよ、アンコールチケット様!!!
手ぬぐい夫婦。
⑦
慰めは、この日の朝焼けは雲が多くて見れなかったってとこカシラ


気を取り直して、もっかい向かうよー、今度こそ入り口へっ

あ、やっぱ本道にはこんな立派な看板もあるよね
⑧
でもさー、あの道、自力で行く人の6割は間違えるってば絶対><

シャーーと走るよ~
⑨


アンコールワットの遺跡エリアってばむちゃくちゃ広い
大抵はトゥクトゥクをチャーターして一日周るみたいだけど
自転車で走ってみるとそのデカさは半端なかった

入り口までひたすら見える直線を走って走って
途中で朝ごはん食べて


来たよ~~アンコールワット入場っ!!
⑩

まだ早朝だけど、たっくさんのツアー客が来てる
中国人のド派手な団体に押され気味
すごいねーすごいねーアンコールワット
東南アジアで一番有名なこの遺跡、やっと来れたよ、嬉しい

石彫刻の細かさって、見ていて飽きない

⑪

⑫

⑬
あれ?かずさんちょっと肥えた?

あんまり早朝に起きて意識ぶっ飛びそうな位眠かったから
この素敵な遺跡の中で、ちょっくらお昼寝してしまった
そんな幸せタイム

民族衣装の人達がいたよ
⑭

蓮池の前で
⑮


さて、これがアンコールワットなのですが
遺跡「群」はまだまだ広い
休憩しながら次に向かって走るよ~~

お昼のお弁当用に、竹筒に入った餅米を買う
⑯
これ美味しいんだよね~2人とも大好物


途中、遺跡の入り口を前に象が歩いてた
⑰


アンコールワット周辺は、もう完全に観光の場所なんだけど
なんてーか、綺麗に整備されてるのが違和感なくて
穏やかな真っ直ぐロードが気持ちいお散歩道

陽射しが暑いんだけど、木があるとこは爽やかで
自分の足で周れる遺跡めぐりは楽しい

⑱


今にも崩れ落ちそうなバイヨン寺院
⑲

⑳


遺跡の上に巨木の根が垂れ下がるタプロム寺院
21

22


一日走り周って、でものんびりしながら遺跡めぐりを楽しんだ
まだまだ他にも沢山の遺跡達があったよ
すごいねーアンコールワット

道中可愛いちび達に癒されながら、素敵サイクリング日和だったのでした

23

24


この日走った距離はざっと30km
灼熱の陽射しの中、よー頑張ったね~~!!
自転車初心者の我らは、帰る頃にはお尻が4つに割れそうになってたのだった


だけど懲りずに翌日
4つに割れたお尻で更にサイクリングをしてみた

どこまでもまーーーっすぐな幹線道路を走り続けてたら
ようやっとお気に入りの風景に出会えた

25

26

27

舗装が終わってデコボコの土道に
用水路で手作りの釣竿で魚釣りをする子供達
夕陽が差し込む水田の緑が綺麗だった


カンボジアの観光を商売にしてる人達は
今までの中でもかなーりメンドクサイ部類に入る人が多いけれど
一般の市民達は、とっても穏やかでシャイで、でも人当たりが良い人が多い
たった3日間の滞在だったけど、

こんにちは=スッスダイ
ありがとう=オクーン
おいしい=チュガン

この3語だけで仲良くなれたよ

28
屋台の前で

29
蓮の実を売るお姉ちゃん


いいとこだったなーカンボジア
ほっこりと。



ではは長くなりましたが、最後に
カンボジア名物2発

①ごちゃまぜかき氷
31

これね、タイにもあって大好物なんですが
色んなプルプルしたタピオカ系や豆芋類と、
氷の上からココナッツミルクと練乳をかけたもの

30
タイよりカンボジアの方がプルプル度が増して
プルプル好きにはたまらんアジアデザートなのです
あーーー毎日食べてたら太っちゃう。


もういっちょーーーー

②ホビロン
32

えっとねー、これ閲覧要注意

普通のゆで卵じゃないよ
孵化直前のアヒルの卵なのだ
ベトナムやラオス、フィリピン辺りでも食べられるとゆー

普通の卵より栄養があるそうな
地元の人達にはかなり人気で一人でいくつも食べてる

かずさんは完全にアウト
私、超興味深々でトライ
33
どっきどきーーー

キャーーーーー!!!思ったよりも完全体
思ったよりも全てが(身が)柔らかいっっ
でも、、、、美味しいとは、、思えなかった、、、
34
ぴよぴよぴぴぴぴ

かずに本気で尊敬するよと言われたよ
もう一回食べてみようっと



そんなこんなで、駆け抜けながらも
思いっきり楽しみました、カンボジア3日間
(アンコールワットだけだけどねっ)

結構ね、短い時間だけど、楽しめちゃうんだよ


お次はベトナムに行っちゃうもんねーーー

35


まだまだこっから~!!!!


スポンサーサイト

  « ベトナム、おいしい国  白飯復活タイランドっ »

Comments

Leave a Comment

05 | 06  (2017) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。