Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 海外登山

Lobuche peak summit⑤

2014.10.27-11.11
16days

day1. KTM→Lukla(2840m)→Monjo(2835m)
day2. Monjo→Namche(3440m)
day3. Namche→Khumjung(3780m)
day4. Khumjung→phortse(3810m)→pangboche(3930m)
day5. pangboche→dingboche(4410m)
day6. dingboche→chukungri(5550m)→dingboche
day7. dingboche→lobuche(4910m)
day8. lobuche→kalapatthar(5550m)→lobuche
day9. lobuche→BC(4820m)
day10. BC→HC(5200m)
day11. HC→summit(6000m)→BC(4820m)
day12. BC→tengboche(3860m)
day13. tengboche festival
day14. tengboche(3860m)→Namche(3440m)
day15. Namche→Lukla(2840m)
day16. Lukla→KTM(1300m)




ロブチェサミットを終えて、爽やかな気持ちで下山し始める
目の前にずっといたチョラツェともこれでお別れだと思うと寂しい
①


本当はまだ元気があったから、チョラパスを越えてゴーキョに行こうかと思ってたんだけど
ガイドのパッサンが別れ際に教えてくれた
「そういえば明日からタンボチェでシェルパのお祭があるんだよね~俺も行きたいんだよね~」
って言ってシェルパダンスを踊りはじめた

え?お祭りがあるの!?
なんてグッドタイミング!!
いやーこれはゴーキョではない、お祭りに向かうのだ、向かうのだ

向かう先は行きに通らなかった反対側のタンボチェ
この当たりで一番大きなチベット寺院のゴンパがある村だ
地図さいごの



ざくざく下るよ~~
ぺリチェの村は始めて通ったけど、谷あいの静かな村だったな
②

かわいい宿の門を発見♪
③

再び山の中腹を通っていく
木が生え始めて、陽射しが穏やかで、標高が下がった事を実感する
あーぽかぽかあったかい
④
お散歩気分で歩いて、なんとも気持ちがいいのだ

タンボチェに向かおうと思ったら
村手前から下ってきた人達とすれ違って
「君は宿とれたの?もーいっぱいだから僕達一個隣の村まで戻るんだよ~」と声をかけられた

なにーーー!?
そんなに混んでるのか、さすがお祭・・
確かにこの辺り人がめっちゃいるぞ

どうしよう、どうしよう
でもとりあえず行ってみるっきゃないよね

急ぎ足でタンボチェまで向かった
いやー今日は結構歩いたぞ


目の前はローツェです!
山のお寺、タンボチェは宿が5軒しかない小さな村
⑤
懐かしいここは、私達の中で誘惑に負けた村
歩いてきてちょーど目の前にあったパン屋のケーキには勝てなかった場所なのだ

そのケーキ達は健在だったよ
でもね、2年半前250Rsだったケーキは今や400Rs
パンひとつは300Rsという日本以上の価格になってしまい
今となっては到底手の出ない存在で今回は一度も誘惑に負ける事はありませんでした


夕方近くになってしまって、宿をのぞいたら「フルよ!来るのが遅いわよ!」って言われた
どこでもいいからダイニングでいいからって言っても断られた
それが隣の宿に行ってみたらあっさりOKだった
この宿はダイニングだけでなく、外に臨時テントまで張っていてばっちり客収集に努めてたのだ

とゆー訳で、お宿は外の貸し出しテントっ
やったー!テントテント♪
⑥
しかもこの旧式テント、中は広いしスポンジふかふかマットレスだし最高の寝心地!
いや~来てみるもんだね、よかったよかった♪


早速ウロウロしてみると
村の裏で何やら儀式が行われてた
⑦
おぉっ!!正装したチベット僧が!

楽隊に囲まれて、僧達はゴンパへと行列して帰っていく所だった
⑧

こちらは正装したチベット女性
毛の帽子が特徴的
⑨

なんだか知らなかったけどすごい良いタイミングで着ちゃったぞ
ワクワクわくわく、お祭りだ

ゴンパをのぞくと、張り紙がしてあった
お祭りの名前は「ニマ・リンドゥ」
通称、仮面の祭りと呼ばれるものだそう
前夜祭、後夜祭を入れて4日間、この日は2日目のお経を唱える日だったらしい
明日が仮面舞踊の本番
入場料は一人1000Rs
一般人カメラは無料だけど、取材用のビデオカメラはなんと150$も徴収するそうだ


その日の夜、晩ご飯は
テント・ダイニング組はキッチンの中で食べた、笑
ここもお客で満員で、キッチン内は大忙しだった
⑩
こんなに手早く動くシェルパニ達、初めて見たよ!!
ママは外でごめんね~っていいながら、あぶれ組にお茶をサービスしてくれた
ありがたや~


夜中、ゴンパの方から鐘を鳴らす音と笛の音がずっと聞こえた
きっと何か神聖な儀式なんだろうな


テントの朝は、隣の草を食むヤクの首の鐘の音で目覚めた
うぅ~ん、これも旅情ですなっ
素敵テント生活


朝8時からって書いてあったから、6時過ぎにはスタンバイしてみると周りは全く静かだった
ありっ?そーなんだ~
テントの中で様子を伺いつつ、8時前にゴンパの中にいってみるとほとんど人がいなかった
どーやら9時スタートみたい、結構適当チベット寺院。
でもおかげで正面にある観光客席のいーとことれたっ♪

じわりじわりと人が集まって、9時過ぎにニマ・リンドゥのお祭りが始まった

僧が一人ずつ出てきて、シンバルみたいなのを鳴らす
後ろにある長い角笛がずっとブォーーと低音を響かせてる
⑪
チベット仏教については全く詳しくないけれど宗教儀式は、いつみても神聖な気持ちになる

ひとつひとつの動きがゆっくりで体系を変えて動いていく
なんと、この10人の僧の部だけで1時間もかけて行った
⑫

日が昇り始めて、
ゴンパの真ん中に立つのぼりが青空に向かって伸びてた
⑬

隣に座ってた日本人のおじさんは前もニマ・リンドゥを見たらしく色々解説してくれた
おじさんは
クマリ(活神と呼ばれる初潮前の女児)のお祭
ダサイン・ティハールの犠牲祭
そしてこのニマリンドゥのネパールの3大祭を全部見にきてた


ニマリンドゥは色んなパターンの衣装と舞がある
⑭

⑮

メインの、「仮面の舞」
⑯

⑰

⑱

コミカルなものから、戦いのシーン、剣の舞、色んな舞があった

このお祭り、どれくらいやるのかな~って思ったら
なんと朝9時から夕方5時までぶっ通しでやってた
んーーー!見ごたえたっぷり!(全部見た)

尼僧さん達も見学中
⑲

観光客だけじゃなくて、付近の村から沢山のシェルパ族の人達が見にきてた
⑳
舞台の合間、何度もお茶とお菓子が回ってきて
お昼にはヨーグルトに米を混ぜた軽食まで頂いた

人数は入れ替わり立ち代りだけど、300人~400人くらいは来てたと思う
山奥の村の、年に一回の皆が楽しみにしてるお祭りなんだろうね

日本からもTVクルーが来てた!
21
この模様、12月28日BSプレミアムで
「頂上チャレンジ」って言うイエティを探す番組で放送されるそう


そして、なんと大舞台が待ち受けてた・・・

途中コミカルな僧を演ずるシーンで
お客さんから選ばれる場面、ばっちり選ばれてしまった!!

しかも、、午前の部、午後の部共に
まさかの2回も!!
しかも、、一回が1時間の計2時間近く引っ張られるという超ロング!!

とんだサプライズのチベタン祭デビューなのでした
22

23

24
これ、完全なコント仕様で
一緒に踊って、強い地酒のチャンを飲まされ
お客さんはずっと大爆笑でなんだか良く分かんなかったけど、おもしろかった!

どうやら、このおかげで私は一躍有名人になってしまったみたいだった・・
いや~思い出深いお祭りになりますた!


夕方、このお祭りが終わり、いったん人がはけた後
夜にはシェルパ達がシェルパダンスを行うというので見に行った
ほとんど地元の人達だけだった、この夜のお楽しみ

初めて見るシェルパダンス
25

26
輪になって腕を組んで、口ずさむ民謡に合わせて足だけでステップを踏んでいく
しかも歌ごとにステップが違って超むずかしい
私も仲間に入れてもらったけど、全く覚えられなかった!!

その昔は今と違ってこのお祭りだけが男女の出会いだったらしく
みんな一生懸命アプローチしてたみたい
着るものも伝統衣装から現代服になっても
それでもこのお祭りは今でもみんなの一番の楽しみって事は変わらない

輪はどんどん増えて50人くらいになって
足だけのステップダンスは延々に3時間近く続いた
チャンの地酒が振舞われ、最後には僧から一人ずつカタと呼ばれる敬意を示す布が配られて
有難い事に私も頂いた

27

このシェルパダンス
50年前にルクラの空港を作る時に地盤が緩く
村人総出で列を組んで、チャンを飲みながら4日ぶっとおしで足を踏みならして踊り
そしてルクラの地盤を固め、空港が作られた
っていう話を聞いた

すごいね、すごいね、本当にすごい
このシェルパダンスもニマリンドゥも、歴史あるお祭りを見れて本当に良かった
ヒマラヤに住む彼らの晴れの姿を見れて良かった
忘れられない一夜でした


翌朝、村は一斉に人が出発し
観光客はトレッキングに、村人は自分の村に帰って
すっかり静かになってしまった
28

よーし!
では最後、再び歩きはじめます
29

ナムチェまでの道のりは結構長かった
途中、生まれたての5匹の子犬と遊んでたらすっかり遅くなっちゃった
かわいかったーーー!
30

ナムチェ手前、これが最後に見れるエベレスト
振り返って何度も何度も見た
31


しかし、、道中で何度
「昨日のお祭りの子だね!!」って言われたことか
素晴らしいパフォーマンスだったわ!(何もしてない・・)ってお菓子を沢山もらったり
君はスーパースターだよ!(何もしてない・・)なんてお言葉を頂いた
んーー、しいて言えば踊った時にちょっと南米サルサチックに踊ってみたとこくらいかしら
後はこの黄色いフリースが絶対目立ったんだと思う。
シェルパ族のおばあちゃんには拝まれてしまったのだった、、笑

そんな祭デビューの甲斐あってか
ナムチェに着いた頃、私は持病「発熱」を発症した
最近ずっとこらえてきて久々の超発熱!!
今回はかなりやばく、必殺のポカリとホッカイロを貼って
パブロンとバファリンのw使用で集中治療した
夜中汗ダクダクにかいて、うんうん唸った

翌朝、まだフラフラするものの、何とか荷物を背負って下れそうだった


ナムチェから一気にルクラまで向かう
これが最後の歩きだと思うと本当に寂しい
疲れてるけど、やっぱりいつまでも山の中に入ってたいのだ

32

すっかり道が濃くなって、2週間近く前に通った道をまた通る
同じようにまた上がっていく人達が沢山いた

トレッキングとしては「エベレスト街道」はもはやトレイルとは言えないかもしれないけど
それでも私は世界一のトレッキングルートだと思う
こんなにワクワクする道は他にはない

沢山のシェルパ族が住み、世界中の人を受け入れ
ネパールの人達はこうやってエベレストと一緒に暮らしてるのだ


2週間歩ききりました
エベレスト街道、完!
33
ばんざーーーーーーーーーい!!!


ルクラで、久々にホットシャワーを浴びたら一気に体が動けなくなった
最後の夜はヤクステーキをモリモリ食べてぐっすり寝たのだった



翌日
さぁ、帰るぞ!と思ったら
ルクラの空港で6時間待ちした
そして空港でも「タンボチェの子だね!」って何人にも言われた、笑



再会の連続に、ロブチェ登頂に、お祭りに
最後の山旅は思い出パンパンに詰め込んで、無事に下山

楽しかった、嬉しかった、最高だった

34


ありがとう、バイバイ

また必ず
ここに帰ってくる!!!






スポンサーサイト

  « 2014年 登山総括 /3年間の山旅  Lobuche peak summit④ »

Comments

Leave a Comment

10 | 11  (2017) | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。