Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 海外登山

Lobuche peak summit③

2014.10.27-11.11
16days

day1. KTM→Lukla(2840m)→Monjo(2835m)
day2. Monjo→Namche(3440m)
day3. Namche→Khumjung(3780m)
day4. Khumjung→phortse(3810m)→pangboche(3930m)
day5. pangboche→dingboche(4410m)
day6. dingboche→chukungri(5550m)→dingboche
day7. dingboche→lobuche(4910m)
day8. lobuche→kalapatthar(5550m)→lobuche

day9. lobuche→BC(4820m)
day10. BC→HC(5200m)
day11. HC→summit(6000m)→BC(4820m)
day12. BC→tengboche(3860m)
day13. tengboche festival
day14. tengboche(3860m)→Namche(3440m)
day15. Namche→Lukla(2840m)
day16. Lukla→KTM(1300m)



出発して7日目、11月2日
いよいよロブチェへと向かう
ディンボチェの裏からは今までとまた違った山が現れる

①

早朝に出発し、だだっ広い丘を延々に歩く
山腹の狭い道より、この広い空間を歩いてる時が一番気持ちいい


途中で前を行くフランス人のジョンに会った
彼は「これなんて意味?」って聞いて脱ぎだした
②
爆笑。
京都で買ったってTシャツ、多分嵐山なんだろうね~
big stormって説明して
嵐山の桜は有名なんだよって事を教えてあげたら喜んでた

道中、ここからしばらくお世話にになるのは、チョラチェ・タウチェの2峰
このとんがりが凄いチョラチェは私が一番かっこいいと思う山だ
③

丘を回り込むと、トクチェの谷間に出た
ここを上がると、この先がエベレスト街道の最奥部分になる
このトクチェから初めてロブチェピークをはっきりと見る事ができた
この奥の半分白いヤツ!
④
おぉぉ!!
想像以上に岩部分が露出していて、今までの山と比べて異質な感じがした
あれを目指すのだ、来たよついに来たよ


鬼門と言われる最後のトクチェ峠の登りは
意外にもこんなもんだっけ?って言うくらい軽くパス出来た
我が体は今日も順調なり

そもそもエベレスト街道は標高が高いものの歩く時間は短い
順応タイムを無視すれば3日で最奥に行けるくらいの距離なのだ
それを思うとアンナプルナラウンドは一日8時間以上を毎日歩いて本当にキツかった
エベレストが楽勝に思えるのはアンナプルナでびっしり汗をかいたからだと思う

誰よりも大きい荷物を背負う私は、通りすがるポーター達に
「ヘ~イ ジャパニーズシェルパ~」って言われるくらい
こちとら少しでも節約しようとラーメンもクッキーも沢山に詰め込んで必死なのである


エベレストで遭難死した登山者達のメモリアル碑がある丘を抜けると
もうロブチェ村は目の前だ
ヤク達と一緒に進んで、4910mのロブチェに着いた

目の前には巨大な真っ白のヌプツェがはだかる
⑤
この奥にエベレストとローツェは隠れている

ガイドと待ち合わせのロッジに向かったら
これまた前と同じロッジだった
どうしてこんなに沢山宿があるのに、今回は思い出を巡る山旅になってるんだろう
なんかおかしな運命に笑っちゃう

そろそろ宿は穴蔵的になっております
25

ロブチェのヤク達は冷たいのに水場に足をつけて
真っ白な鼻息をふがふが出しながらのんびりしてた
⑥


だいぶ早く着いたので、ロブチェの手間にある丘に登ってみた
何もないように見えて、登ってみたらそこは氷河がよく見える
ケルンだらけの不思議な丘だった

⑦


夜、ダイニングに居たら凄い風景に遭遇した
18時近くになったら、どこから集まったのかぞろぞろとポーター達が30人程集まってきた
するとキッチンから続々とダルバートが運ばれてきて、彼らの食事が始まったんだけれど
すごかったぜー
ダルバートとはおかわり自由の米にダルと言う豆スープと野菜をぶっかけたネパールの国民食だけれども
ポーター達は食べる食べる
元々大盛りに盛られてる最初の一皿に
姉ちゃん達はタライに米、バケツにダルを持ってガンガンにおかわりをよそってく
そりゃーもーネパリ達が「もーいーよ!」って言ってるのにガンガンよそってく
米だけで1kgくらい食べてると思われる

トレッカー達が唖然と見守る中
30人近いネパリ達の戦いのような食事時間はわずか10分足らずだった

⑧

ネパリの冗談の中で、何でも「ダルパートパワーだぜ」的なものがあるんだけれど
超体力勝負の彼ら達の体はこうやって作られていたのであった
ちなみに仕事中でも彼らの食事代は自費払いらしく
そのお値段はバカ高い外人の半額と言えど結構な出費だよな~と可哀相に思ってしまった
※下界では100Rs程が、最高所では600Rsのダルバートなのです

この後、私も同じくダルバートを頼み
刺激されたのかめっちゃ食べてやろうと思って大盛りおかわり米1kg級を食べたら
その夜は口から米が出そうなくらいパンパンで苦しんだのであった


さて、その翌日
待ち合わせまで一日レストを取っていたけど、調子が良かったので
カラパタールまで足を伸ばす事にした

氷河沿いのモレーン地帯を歩いて、いよいよエベレスト地帯へと踏み込む

タイマーでこんな事しちゃうくらい元気です
るんたっ♪
⑨

ポーター達は今日もがんばってる
⑩

⑪

二時間程歩いて、最奥の村ゴラクシェプが見えた
左手の薄く道がついている先の丘が、カラパタールだ
⑫

世界中のトレッカーの憧れの地
エベレストを真正面に望める、カラパール
⑬

カラパタールは目の前にある、綺麗な三角形のプモリに向かって進んでいく
プモリの白さは、紺碧の空にくっきりと浮かび上がる
お気に入りの一枚
⑭


ここは思い出の場所で、ずっと憧れだったカラパタールに来た時
かずが私に内緒で大きなカラパタール登頂!の横断幕を作ってきてくれたのだ
ちょうどその時28歳の誕生日も迎えて、忘れられない大切な大切な場所

そんな事を思い返しながら登った
またここに2人で、いつか子供も連れて来たいんだ
カラパタールっ!
⑮

沢山のタルチョがあるてっぺん
⑱

丁度てっぺん付近で関君に再び会った
またこんな場所で会うなんてすごいよね~!
関君は晴れのヒマラヤ登山なのに本気でデジカメを日本に忘れてしまったという
なんともオッチョコチョイな可愛い男の子である
エベレストに向かって
⑯

辺りに雲がなくとも
てっぺんからジェットストームという高速のガス気流が吹き荒れてる
王者エベレスト
⑰

カラパタールから見渡す景色は、氷河と乱立する高峰たち
ここは本当に凄い場所なのだ
⑲

再びこの地にこれた事に、感謝する
私の山旅はここから始まって、ここで締める
山の神様達に、今まで見守ってくれてありがとうって挨拶をした


翌朝、ガイドとの待ち合わせまで時間があったので
ロブチェの裏手丘に登ってみた

登ったら、なんとばっちりロブチェの全貌が見えた

どーーーーん
⑳

おぉぉぉぉ

これは裏側なので、実際には反対側から登るのだけれど
なんとも迫力のある山だった
ロブチェに入る前にこの姿を見れて、ぐっと気が引き締まった
やったるで!!!!


早朝の丘はだーれもいなくて、いい気持ちだった

ほっ♪
21

ごろごろ
22

よいしょーー
23

うん、ひとりだけど、思いっきり楽しんでるよ



最後にダルバート貯金をしこたま貯めこんで(げふっ)
準備は万端♪
24


順応を終えて、いよいよロブチェピークへと向かいます



スポンサーサイト

  « Lobuche peak summit④  Lobuche peak summit② »

Comments

Leave a Comment

05 | 06  (2017) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。