Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 海外登山

Lobuche peak summit②

2014.10.27-11.11
16days

day1. KTM→Lukla(2840m)→Monjo(2835m)
day2. Monjo→Namche(3440m)
day3. Namche→Khumjung(3780m)
day4. Khumjung→phortse(3810m)→pangboche(3930m)
day5. pangboche→dingboche(4410m)
day6. dingboche→chukungri(5550m)→dingboche

day7. dingboche→lobuche(4910m)
day8. lobuche→kalapatthar(5550m)→lobuche
day9. lobuche→BC(4820m)
day10. BC→HC(5200m)
day11. HC→summit(6000m)→BC(4820m)
day12. BC→tengboche(3860m)
day13. tengboche festival
day14. tengboche(3860m)→Namche(3440m)
day15. Namche→Lukla(2840m)
day16. Lukla→KTM(1300m)


ちず②no


クムジュンから更に奥に奥に進もう
今日も天気が良いよ、秋晴れ最高に空は快晴!!
①


まず、歩き始めたのは、谷の向こう側にあるポルツェという村に向かって
え?向こう側ってこんな感じ?笑
②
小さな村々は、山の端っこにへばりつくように固まってたり
こんなとこに住んじゃうの!?ってもの凄いとこに人が住んでたりする
このポルツェへ行くのには、もちろん思いっきり谷を下って、登らなきゃいけない

その手前のモン峠は仏塔にタルチョがたなびいていて綺麗だった
③
えー、これはその後が辛いんですよって前置きで。

ひーこら言いながら歩いて、谷を下って、川を越えて
再び谷をひーこら登ってポルツェに出た
うん、きつかったよ

ポルツェには冬季にクライミングシェルパを養成するシェルパの学校があるという
エベレストや高峰をサポートする彼らの技術は、こんな所で培われたりする
凍った滝をアイスクライミングで登ったり、外国人クライマーの講義があったり
山の民として生まれた彼らは、ここで山で生きる技を学ぶそうだ

今はトレッキングシーズンど真ん中
若手達はみんな各方面にお仕事に出かけているのであった

のんびりとお昼ご飯を食べて、裏手の丘に登り
さっき見ていた反対側からポルツェを眺めた
④

道は山の中腹沿いに細く長く続いていて
遠めから見ても土道がずっと伸びているのが分かる
もう高い木なんて生えてないけれど、所々低木の葉が赤く色づいて
ここにも秋が来ていることを感じる

通りすぎるのは荷を運ぶヤクとポーター達
ほとんど誰も通らない道を静かに静かに歩いていく

時折カランカランというヤクの鈴が鳴り響いて
景色に吸い込まれそうになる、気持ちいい道

⑤

⑥


すると、反対側から歩いてきたネパリが近づいてきた

「アレ!!昔アイマシタネーー!!!!」

そういって覗いたのは見覚えのあるはにかんだ笑顔だった

2年半の時を経て、再び出会ったのは
日本語がしゃべれるガイドのマチンドラだった
⑦

「えーーーーーー!!えーーーーーーー!!」
「覚えてるよーーーーー!すごいねすごいねすごいね!」
思わず駆け寄って、ハグして再会を喜んだ

彼は、前にロブチェの村で雪盲になった私に
目薬をくれてずっと心配してくれていたガイドさん
自分のお客さんじゃないのに、たった数日のあの小屋の出会いを
今でもこうして覚えていてくれた

本当に嬉しい瞬間だった

ネパリ達は昔も今も、こうして暖かく迎え入れてくれる
だから私はこの国が大好き


目の前は、宙に浮いたようなアマダブラムの白い頂
エベレスト街道で一番の景観の道を、今歩いてる
⑧


その日はパンボチェの誰もいないロッジに一人泊まって
家族のみんなとご飯を食べながら火のそばでワイワイ温まった


パンボチェのちびっこ達
⑨

⑩
みんなほっぺを真っ赤にしてキョトンとしてる
こうみるとやっぱり日本人と同じ顔をしてるね!


更に奥に進んでディンボチェの村に着いた
ここは標高が4400mを超える、順応第二ポイントの場所だ
⑪

前はディンボチェで頭が痛くて結構苦しんだ

そ・れ・が
なんと、快調そのもの♪

わぉーーーーー!珍しいこともあるもんだっ

飲み続ける水は一日7リットル近い
こんだけ飲んでるのも初めてなんだけど、これだけ飲むと強いって事を初めて実感する
私は幸い高所でも食欲は落ちない体質なので、更にはモリモリ食べる

よく歩いて、よく背負って、よく食べて、よく寝て
こんなに超健康的な体に生んでくれた両親に感謝なりなり


どんだけ元気かってゆーと
これぐらい
順応の為裏手の丘に登って・・・

⑫
アマダブラムバックでどーーーーん

いやこれね、タイマーだからテイク10くらいまでがんばってるんだよ
足あげるのってすごい酸素食うんだからっ!


タルチョが空に吸い込まれそう!!
⑬


この順応の丘は、絶景の場所で
遠くにローツェと、目の前のアマダブラムと
振り返れば今まで通ってきた山達がぜーんぶ並んで見える

前はディンボチェは真っ白にガスに巻かれて、雪が降ってて何も見えなかった
こんなに穏やかで綺麗な所だったんだね
丘の上でのんびり座って、ローツェをぼんやりと眺めた

ここの場所がすごい良かった
静かでぽかぽか温かくて
隣にかずがいたらなーって何度も思った
こんなとこでゆっくり語りあいたいなぁ

⑭



今回私の登山はピークの時だけクライミングガイドをつけるもの(それでも家計は火の車)
ギアはBCまで運んでくれるけど、高所靴はディンボチェにいるオーナーに借りてねって
事前に指令の紙をもらってた
その紙を元に指定されたロッジに行くと、急がしそうに働くオーナーが
おぉ!ちょっと待ってな!!って言って、違うロッジを案内してくれた

それがまた、いくつも小屋はあるのに
2年半前に泊まった小屋だった!
なんとまー!
今回はまさに思い出をめぐる山旅なのだ
⑮
あの時ここは雪に埋もれて真っ白だったのー

オーナーはこの裏の小屋をごそごそして
ピッケルやらザイルやら、あーらこんなに色々あるのねって埋もれた装備品の中から
立派な高所靴をいくつか出してサイズ合わせをしてくれた

待ち合わせは3日後のロブチェ村
ガイドは誰?って聞くと

うーーーん、今まだアイランドピークにいるんだよね~
候補は2人、一人はエベレストに何度も登ってるよ~
どっちか手が空いた方が向かうよ~って

おぉ!!!エベレストのクライミングガイドが!!!
なんとも身に余りすぎる!!

そしてこのアバウトすぎる現地集合アレンジ
こーんなことも出来るんですよね~
だって私のもらった紙には名前と携帯番号しかなかったし
その番号は山の中ではほぼ繋がらないとゆーシロモノ

いやはや、本当にやってみれば色々どうにでもなるもんだね


翌日、順応がてらにディンボチェからチュクンリーと言う丘ピークを登りに行く事にした
ここも前に行ったけれど、前は高山病にやられて順応ミスマッチな感じであった
今回はディンボチェからの往復で目指す
時間は?って聞くと、うーーーーん8~10時間かなぁと
・・・・順応初5000m超え地点にしてはハードな時間帯である

がんばんべ!!
⑯
朝はポーター達も荷運び中

今までずっと20kg近い荷物を背負ってたから
初の空身歩行に、もー体がずっと楽になる
荷物を背負うってのはそれだけである意味順応になってるんだと思う

チュクンの村までの道のりは楽チンで楽チンでスキップしたいくらいだった
私の体は今までになりくらい本当に快調だった、うれしー
⑰
お茶だけの休憩をとってすぐにチュクンリーへと登りはじめる
チュクンはアマダブラムが目の前の、ここも最奥の村だ


進んでいくとどんどんローツェの岩壁が迫ってくる
人がほとんどいない、静かな奥地
この風景も一人占め
⑱

急登をゆっくりと歩いていく
息切れはするものの、キツくはない、いい感じいい感じ

1時間ほどかけて丘の上に出た
上を見ると黒い岩だらけの斜面はまだ続いてる
前は稜線沿いまでだったけど、調子が良かったから本当のてっぺんまで向かう
⑲
このラストが結構凄かった
チュクンリーは5500mの丘ピークだけど
上部はごろごろの岩だらけの場所だった

横はスパっと切れ落ちてて、足元は不安定なガラガラ
予想外にも両手両足で渡らなきゃいけない所もあって怖かった
⑳
えーーーチュクンリーって凄かったんだね!!

同じように順応で来た人や、アイランドピークに行く前に登ってる人もいる
みんなで危ないねぇぇって言いながらよじよじ

30分程登って、ようやくてっぺんへ
到着したら先に着いてたスペイン人がテルモスの温かい紅茶を一杯くれた
こんな気遣い、ちょー嬉しい!!
21

チュクンリー5550m
ローツェ岩壁間近大迫力のてっぺんです
22

いや~~、中々登り甲斐のある丘だった!
3大ピークの中では一番人が少ないけど、おススメのポイントです
最高の眺め
23


登りはひーこらだけど、帰りもひーこら
ガラガラの岩場を下るのは登りより怖いよ、だって私高所恐怖症だもん
下りで大事なのは、一気に下るから水分を忘れずにとること
意外にも下り時に高山病が出ることがあるのです

チュクンから800mの登り、時間は2時間
ディンボチェからの往復は7時間と中々の好タイムだった


以前、チュクンの村に泊まった時、とーっても可愛い男の子達と友達になった
あの時の子はまだいるかな~と同じ茶屋にいってみると、ママが居た!
パジューとアンジュンって2人のかわいこちゃん達は、今は大きくなってナムチェの学校に通ってるそう

ママに前に来た事を伝えるととっても喜んでくれて、お茶をご馳走してくれた
あの時の写真を持ってこれなかったのが残念で
またいつか届けに来るねってママに伝えた
24

25
ここでも嬉しい再会ができた


順応が順調って何より大事な事
ここまでびっくりうまいこと来れてる気がする
2年半の間で前より歩けるようになったし、自分の体の事をずっと分かるようになった
それを実感できるのが嬉しい変化だった

いいぞいいぞ
ロブチェへの道のり中盤戦
おしっこを1日20回くらいしながら、我が体は高所仕様になりつつある



◎おまけ◎
ディンボチェで出会ったフランス人のジョンと
26
サムイネーサムイネーと言いながらストーブに当たる2人
何と彼は日産勤務の参宮橋在住
「イチバン好キナノハ、日光デスネーー!」というジョン

こんな外国の山奥で
見猿・言わ猿・聞か猿、について語り合う我らなのでした



まだまだこっから
がんばっていくぞーーーーー!!




スポンサーサイト

  « Lobuche peak summit③  Lobuche peak summit① »

Comments

Leave a Comment

07 | 08  (2017) | 09
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。