Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 海外登山

Lobuche peak summit①

2014.10.27-11.11
16days

day1. KTM→Lukla(2840m)→Monjo(2835m)
day2. Monjo→Namche(3440m)
day3. Namche→Khumjung(3780m)

day4. Khumjung→phortse(3810m)→pangboche(3930m)
day5. pangboche→dingboche(4410m)
day6. dingboche→chukungri(5550m)→dingboche
day7. dingboche→lobuche(4910m)
day8. lobuche→kalapatthar(5550m)→lobuche
day9. lobuche→BC(4820m)
day10. BC→HC(5200m)
day11. HC→summit(6000m)→BC(4820m)
day12. BC→tengboche(3860m)
day13. tengboche festival
day14. tengboche(3860m)→Namche(3440m)
day15. Namche→Lukla(2840m)
day16. Lukla→KTM(1300m)



大惨事となった天災で
不本意ながらも早めの帰還となったアンナプルナから一週間

私は次なる山をちゃっかりと準備してた

この旅最後の山に
やっぱりこのヒマラヤのてっぺんを目指したくて
選んだのはクーンブ地方のロブチェピークだ


そもそもネパールでピークに登るのにはお金がかかる
トレッキングと違う特殊なパーミットに、クライミングシェルパの雇用
クーンブ地方以外のエリアになるとざっとウン十万はかかる
エベレストなんて最低でも500~600万だってさ!!

お財布と相談していけそうだったのは
クーンブ地方の有名な3つのピーク

・アイランドピーク 6189m
・メラピーク 6461m
・ロブチェピーク  6000m

この中で標高が最も高いのはメラで、最も簡単に行けるのがアイランドだった
そして、一番テクニカルだよ、と言われたのがロブチェピーク


7000、8000m峰が乱立するこのエリアでは6000mなんて可愛い丘みたいなもんだけど
何度か敗退してる6000m峰に自分の力で登りたかったし
最後に少しでも骨がある所に行きたかった

迷う事なく決めたのは、このロブチェだった

ロブチェは完全にエベレストのお膝元にあって
前にかずと訪れたエベレスト街道と全く同じ道を行く

2年半前に二人で歩いた道をもう一度
今度はひとりで、お互いにやり切ろうって決めた最後の目標

これが本当に最後
この旅の、私自身の総まとめなのだ



出発の朝
カトマンズ空港の国内線は人でごった返してた
①

超ピークシーズンの今は各国のツアー客だらけで
1機15人乗りのセスナはルクラとカトマンズをじゃんじゃん往復してる

ツアーのガイドは割り込み有り、押せ押せグイグイのアグレッシブさ
負けるもんかと独り身達は入り口から戦闘態勢
チェックインカウンターに荷物検査所はぴりぴりムードが漂う

でもね~
こんな時も日本女子は有利なものか~
ささっとくぐり抜けてセスナに乗り込んだ

行きは左、帰りは右!この鉄則をちゃーんと覚えてたから
ガタガタ揺れるセスナの中から、ばっちりと真っ白なヒマラヤ達が顔を見せてくれた
②

これからあそこに行く
ヒマラヤから始まって今まで沢山、山を見てきたけれど
やっぱりここは別世界だと思う



エベレスト街道の始点、ルクラ
もー誰もがテンション上がっちゃう
もーカフェマークだって山だもんっ(完全なパクリだけど、笑)
③

標高が2800mと一気に上がって身震いするくらい寒くなったルクラ
ここはトレッキングの始まりの人と終わりの人が交差してて
荷担ぎのヤクもあっち行ったりこっち行ったり、にぎやかにぎやか♪
④


キンと冷えた空気を目一杯吸い込んで
懐かしい景色を楽しんで
私達が二人で歩き始めたゲートをくぐる
⑤
相棒よ、行ってくるでよーーーー!!


さてさて、今回のルートまっぷ。気合入ったよ~
ざっくりと適当に大きな山だけ入れました
すごいねーーーこの巨峰の数々!!
地図①

ロブチェは街道から少し外れた、チョラパスの道の途中から始まる
契約したガイドとはロブチェの村で待ち合わせしてる
そこまでは一人エベレスト街道なのだ


10月27日、元気いっぱいで出発進行~!!


朝着の便で、スタートする人はいっぱい
日本から来たツアーの方々も大勢いる、みんなエベレストに向かっていく
おばちゃん達は

「あら~どこから来たの~?」
「え?あらそう横浜なの~??」
「やだ~うちは千葉よぉ~~」

そうやって話してると
「特急通りますよーーー!!」(早足の人が抜かしていく事)
って後ろの添乗員さんから声がかかる
こんな一コマが面白い


緑の多い田園風景を抜けて、いくつもある茶屋を通りすぎる
他のエリアに比べたら、世界中の人が集まるとんでもなくツーリスティックなとこだけど
みんなが一緒になって奥を目指していく雰囲気が、いい感じ

初日は大きなチェックポストがあるモンジョまでのんびり歩いて
これから泊まっていくロッジは、こーんな感じに気持ちのいい布団がある小屋なのです
⑥
歩いて汗かいて、ご飯をたっぷり食べてぐっすり寝る
トレッキングって、最高に健康的な生活だと思う!


二日目、序盤に皆が目指すのは
600mの登りの大きな峠の先にあるナムチェバザール
クーンブ地方最大の村だ
⑦
いや~ね、これ、かなり大変
え?まだ?まだあるの?ってくらいシツコイ登り

荷物を持ったポーターと一緒にふーふー言いながら
格闘してひたすら登った先に、、、、
出たよーーーナムチェーーーーー!!
⑧
どーーーん

ここには何だってある
もはやwifiは山の中にどこでもあるけど
焼きたてベーカリーに、登山道具ショップにお土産屋に
疲れた登山客を癒してくれるパラダイスなのだっ


急段差になってる村をひーこら言いながら歩いてたら
なんともびっくりな人に出会った
⑨
彼、関君は
今年の2月に行ったアコンカグアで出会った男の子だったのだ

「・・・・アコンですか??」←凝視してから
「・・・・えぇぇえええーーーーーーーー!!」
2人のびっくりはコダマした

1年近くの時を経て、地球の反対側の山で出会った関君に
まさかナムチェで再会するだなんてっっ
しかも彼は旅人ではなく単発で登りに来てる登山者なのだ

今回関君はメラピークにアタックに来たものの、大積雪で敗退し
そのままエベレスト方面に来て既に3週間以上立つというツワモノだった
アコンも驚異のスピードで登っていった

関君とはこの後も何回もエベレスト街道沿いで出会う事になる



さてさて、最初の順応地となるナムチェバザール

私はルクラに着いた瞬間から軽い高山病の気が出てしまい
「今回ヤバイぜ!!」と焦りまくって、初日から6リットル近い水を飲みまくった
しょっぱなからこんなに飲んだのは初めての事、気合入ってます

だけど最初から飲んだおかげで、ナムチェに着いた頃には体が順応し始めたみたい
本来はナムチェで2泊するのが通常だけど、1泊だけしてちょっとその先に行ってみたくなった

エベレスト街道から少し外れたナムチェの裏側、クムジュンという村はシェルパの里と言われてる
トレッカーがほとんど入らない為、シェルパ族達の生活が残ってるそう
そんな裏側が覗きたかった


⑩
一泊だけして元気に出発、ナムチェの朝
後ろに見えるのはでっかーーーい山の塊、コングデ

丘を登ると一気にエベレスト街道の先が見える
ド快晴に晴れた空に、連なっていく白い山

⑪

⑫

⑬

来た
来た
来た

ヒマラヤ達が顔を出す

見えるのは馬の背と呼ばれるタムセルクに
美しい双こぶのアマダブラム
遥か先には巨大な岩壁のローツェに、エベレストの先っちょは雲で隠れてた

2年半前に同じ道を歩いたけれど、今でも山の名前をしっかり覚えてた
それぐらい印象的に続いてく、このエベレスト街道のヒマラヤゲート
7000m、8000mの壁は空に向かって真っ直ぐに伸びてて
地球上にこんなに山が集まってる場所はないんじゃないかと思う


ここは確かに、世界の尾根


シャンボチェの丘の裏側に、クムジュンの村はひっそりあった

⑭
住んでる人の数はナムチェに次いでの一番大きな村だというここは
そう思えない程、静かに穏やかな村だった


今回日本から持ってきた本の中に、私の好きな石川直樹の本が2冊ある
その中の1冊は3年前のエベレスト遠征の詳細を書いたものがある
旅立つ直前に発行になって書店取り寄せをして、そのまま読めずに日本に置いてきたこの本
エベレスト登頂だけでなく、道中の小さな村の事が沢山書いてある

せっかくなので、彼が泊まった宿に向かった
⑮
お昼を食べて、本を読んで、地図を眺める
紙上の文字と図は、今この目の前にある世界なのだ

宿のお客は私一人
あぁーここに石川直樹が居たんだ!!とか思うと思わず大興奮
えぇやっぱ変態的に、彼が好きで憧れの存在なのです
もう石川事務所があったら秘書になりたいくらい

でも私が好きなのは、誰にでも染み込みやすい柔らかな文章と
登山だけに限らない、地球上全てをフィールドとする冒険
生きる事をシンプルに追求する彼の姿勢そのものが好きなのだ


よしっ
かずに怒られるからこれくらいにしとこう、笑
(以前ナムチェで実際に石川さんに出会った時に興奮しすぎて寝れなかった前科持ち)


午後は村にある、エベレスト最初の登頂者、E・ヒラリーが作ったヒラリースクールや病院を見て回った
学校は残念ながらやってなかったけれど、病院は山奥なのにX線がある規模のものだった
ドネーションを忘れずに

隣村のクムデの奥に古いゴンパ(チベット寺院)があった
⑯
覗いてみると、残念こちらもクローズ
近くで携帯をいじって日向ぼっこしてる僧に聞くと「今日はプジャ(儀式)でみんないないんだよね~」と

あのね、びっくりだけど
こんなとこでも、僧達、スマホなんですよ!!!
やるねーーーー!

⑰
にこにこチベタン僧にチベット語を教えてもらったけれど
ネパール語とかすりもしない言葉ばかりでちっとも覚えられなかった

シェルパ達は、ネパール国民の大多数を占めるヒンドゥー教のネワール族と別民族で
チベット仏教のチベタン系シェルパ民族なのである
顔立ちは日本人に本当に似ていて、とっても親近感


クムジュンにはね、イエティ(雪男)がいる伝説があったんだって
イエティゴンパって呼ばれる寺院の中には、イエティの頭皮が祭られてたよ
⑱
えぇーーー!!イエティってば実は小顔!?
完全に負けたわっ


ちょこちょこ動き回って、順応がてらに良いお散歩
きっと今若い働き手達はガイドとして、ポーターとして出払ってるんだろうな
薪を割る音が響き渡るくらい静かな村

燃料にする為のヤク糞を乾燥させていたり
⑲

畑を耕す姉ちゃんの姿があったり
⑳

シェルパ族の普段の生活をちょっとだけ見れた

聖山と呼ばれるクンビラ山を背後にして
そんなシェルパの里、クムジュンの村でした
21




さてて、この日は10月29日
私達の、結婚3周年記念日でもありました

記念日はいつもハンバーグを作る白飯
肉の日だからね、お互いに肉食べてお祝いしようねって言い合ってたから
初の奮発してヤクステーキを注文

出て来たのは、
なんとヤクのハンバーグだった~~♪♪
22
わーーーーい♪
うれし♪うれし♪


かずは何のお肉を食べたのかな
私はヒマラヤでヤクのハンバーグをモリモリ食べたよ

こんなに離れて過ごす結婚記念日も、もう人生で無いのかもね
お互いに夢に目標に向かって応援し合える、そんな節目が嬉しい1日だった

水陸両用夫婦白飯
海に山に挑戦し続け4年目のスタート、始まります




スポンサーサイト

  « Lobuche peak summit②  祭と遠足のタメル生活 »

Comments

Leave a Comment

09 | 10  (2017) | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。