Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Peru

魅惑のアマゾン ~入口はプカルパ!~


ワラスの町は、ほんとーーーに居心地が良かった

可愛い宿で
 ①

ひとなつっこい子猫がいて
②

管理人のソニアは超ーーーいい子だった
③

あぁ、もう大好きワラス
④

青空が良く似合う町だったね!(かずさん、乳首出てます。)
⑤

どんなに名残惜しくても、前に進むのが旅
アンデス地帯にさよならして、これから進むのは


アマゾン!!!!


来たよ、来たよ、ついに行っちゃうよ、アマゾン

アマゾンの話は各地で旅人に聞いていた
立地的にはちょっとめんどくさい所にあるアマゾン
でも、コイツをやらなきゃ南米の旅は語れない
その為にしっかりとブラジルビザも取ったもんね!

実は、私8年前に同じくペルーでアマゾンを一度経験している
しかーし、その時甘くみていた私は
奥地で高熱を発し、泥沼のジャングルの中をリヤカーで搬送されるとゆー
結構な伝説を作った。ふはは

ふふふーー
パワーアップして、これまたアマゾンリベンジですわよ!!


では、これからの移動は、、と言うと
プカルパ地図
まずワラスからはリマへ戻り、プカルパというアマゾンの奥地まで向かう
実際のアマゾン河の入口になるイキトスへは陸路が遮断されてる為、船か飛行機でしか向かう手段がない
そしてイキトスからアマゾン河本流を下り、ブラジルのマナウスへと向かうのだ

元々エクアドルに居た事を考えるとここからかなりの大移動だ~!
まずはワラスから夜行バスで首都リマまで向かうぞ

経由地のリマでは、滞在わずか4時間
早朝に着いた我々が向かった先は、、、

じゃん!!
セビッチェ!!
⑥

中華!
⑦

あーんど、餅菓子!!
⑧

いやぁ、この為のリマ滞在だったと言っても過言ではあるまい
いくつかセビッチェを食べても、やっぱりリマのが一番美味しかったし
中華街のもやし炒めは最高で
あんこ入りの餅菓子は、今回10個も購入しちゃったよ

開店前に並んで、バス発車ギリギリまで粘った甲斐があった~~♪
最高最高至福の時
あーー、、贅沢散財しすぎちゃったよ。。
うまかった!!


おなかいっぱいになった所で、お次はプカルパに向かって~
⑨

プカルパは地図で見ると、ワラスからほど近い
でも、その間にはアンデス山脈が君臨する為、リマから回りこんで行かなきゃいけない面倒くさい
こちらも山越えな為、距離は長くないのに20時間もかかるのだ

バスはあっという間に標高4500mを越える高地を走る
⑩
もうこれでアンデス山脈とはさようならだ
お世話になったよ、アンデスーー

大音量のアクション映画を何本も見て(強制的に)
お尻もそろそろ痛くなってきたころ
バスはプカルパの町に着いた

アマゾンと言えば、ブラジルが有名だけれど、ペルーも国土の半分以上はアマゾン地帯
ペルーアマゾンと言えばイキトスが有名だけれど、
もっと上流のプカルパの方がより民族らしさがあって面白いと言う


到着したプカルパ
⑪

・・・・・暑いーーーーーーーーーーーー!!!!

気温は30度を越えて
強烈な太陽に、何よりものすんごい湿気

暑い、暑い、こんなに暑いのか!!!

そしてびっくりしたのは、すごいトゥクトゥクの数(バイタク)
乗用車なんてほとんどいなくて、道を埋め尽くすのはぜーーんぶトゥクトゥク
⑫

⑬
へいへーいカマン~♪

そのせいと、この気候、雑多な町の雰囲気
ここは完全にアジアだった!!

クスコのインカ文化に、北部の砂漠地帯、アンデスのアルプスみたいな景色に
そしてこのアマゾンはまるでアジアの熱気
ペルーにこんなに色んな場所があったなんて知らなかったよ
観光客には是非マチュピチュ以外のペルーにも訪れて欲しいとこ!
滞在計1ヶ月半、ペルーの魅力はまだまだ尽きない

町は結構大きいけど、中心地は手ごろなサイズ
地図も何の情報もない町に来るのは久しぶり
丁度大きな市場の横に良い宿を見つけれた

荷物を置いて、水シャワーを浴びて
早速市場に向かってみた

と、、賑わいを見せるプカルパの市場は
超アマゾンの宝庫だった

変なさかな!
⑭

なまずーーー!
⑮

え?この右のってワニ!!?
⑯

市場はアマゾンで捕れた魚がいーーっぱいいた

⑰

⑱

⑲

バラック小屋が立ち並んで、でこぼこ土道の巨大市場
喧騒のこの熱気が最高に面白い
こういうのって何か久しぶり!

バナナの葉っぱを売ってたり
⑳

インコや猿も売ってる!
21

おばちゃんもいー笑顔!
22

着てるものが薄着になったからか、人はみんな陽気さを増して豪快
とてもインディヘナのシャイなおばちゃん達と同じ国の人とは思えない
面白いなーペルー


ワラスとあまりの世界の違いにびっくりしながら、すっかりアマゾン地帯にハマった我ら
到着初日に早速アマゾン河の支流のウカヤリ川へ向かった

トゥクトゥクの風が気持ちいー♪
23

20分程で着いた河岸はヤリナコチャという村
漁船や渡し船がいーーっぱい
24

25

全然そんなつもりはなかったんだけど
客引きのアマゾン河ツアーに誘われて、早速2時間のクルージングをしてみる事に!

この船貸切で、2時間、一人20ソル!(約800円)安いね~♪
26

簡単なモーターが付いただけのお手軽ボート
アマゾン河をゆるり向かうよ~~
天気は最高の青空!
27

おぉーーいい雰囲気
28

29

探検気分~♪
30


ボートは、お土産を売ってる村に立ち寄って
アナコンダがいるという動物園に寄った

ん!!?
アナコンダ!!!!

動物園~と言っても、おうちの裏庭に歩道を作って囲った
簡素なかわいらしーとこだった
いい道!
31

まず最初に居たのは、アマゾンバードのオオハシ!
32
このクチバシ~、かわいい♪
真っ黒なお尻の中は赤と黄色の毛になってる不思議ちゃん

ワニも居て
33

手長の猿もいた^^
34

むーーー!これはカビパラ!!!
顔がデカイ!!体も想像以上にデカイ!!
35
アマゾン原産の動物だったんだね~、知らなかったー

そして居たよ、アナコンダさん
36
ぬひょーーーー

アナコンダを首に巻いて写真撮れるよ、のお決まりがあったけれど
高額なのよね~そしてコイツラやっぱり怖いのよね~~
アナコンダには「次回な!」と言ってお別れ。

インコもいたよ(あれ?コイツ、リマの宿に居なかった!?)
37

可愛いお土産売りのお姉ちゃん♪
38

ピラニアのネックレスだって!出た!!
39


いやぁ、初日からアマゾンを大満喫
すごいね、ここは!
40

41


夜ご飯は、バナナの葉で包み焼きしたアマゾンのお魚を頂いて
おばちゃん豪快!
42

43


これから始まるアマゾン生活
んんん~~~、面白くなりそう!!!



スポンサーサイト

  « シャーマンのいる村  Santa Cruz Trekking »

Comments

Leave a Comment

05 | 06  (2017) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。