Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 海外登山

Salkantay to Machupichu Trekk②

2014.4.9-13

Day1 Cuzco(3600m)→Mollepata(2900m)→Soraypampa(3880m)
Day2 Soraypampa→AbraSalkantay(4680m)→Chullay(2900m)
Day3 Chullay→SantaTeresa(1800m)
Day4 SantaTeresa→AguasCaliente(1800m)
Day5 AguasCaliente→Machupichu(2400m)→Montana(3082m)→Cuzco


サルカンタイ地図


サルカンタイから歩いて目指す事5日
いよいよ、ゴールのマチュピチュへ向かう日が来た

マチュピチュは人知れずひっそりと、山のてっぺんに作られた都市
アグアスカリエンテはその山の麓にある村だ
山はかなり急勾配なとんがり山になってて、イメージで言うと中国の仙人の山って感じ

てっぺんへ向かう道はジグザグに九十九折になってる道路で
発見者の名前をとって「ハイラム・ビンガムロード」と言う、これ有名

結構気が遠くなる程、ジグザグが続くのですが、
通常はバスでジグザグを上がっていく


が、、

我らトレッキングチームは
もちろんこの最後のハイラム・ビンガムロードを


「歩いて登る」


のだ!!!!



えぇぇええええ


ちなみに白飯は両者とも過去にバスでマチュピチュへ向かったことがあり、
この道の凄さを身を持って知ってる
あそこを歩いてくなんて!!!ΣΣ(゚ロ゚;)→まぁこんな感じだね

ハイラムビンガムを歩いて登る人、初めて聞きました


そんな戦いの朝
起床は4時


気合を入れて、外に出てみると


・・・


ドシャ降りだった。



えぇぇえええ


昨日は夏休みみたいな真っ青な空だったのですが
雨、フッテル


真っ暗な中、入り口ゲートに向かう
歩いてるうちにちょっと小雨になって、ホ
①


なんと驚いた事にゲートは長蛇の列
マチュピチュへはこんなに多くのトレイルチームが参加してたのね!!
見渡す限り欧米人で、日本人は1人もいなかったけど
およそ100人はいる、、

5時過ぎに皆一斉にスタートする

真っ暗な中、看板の矢印だけを目当てにどんどん道を上がっていく
ハイラムビンガムの九十九折の道をぶった切って、真っ直ぐな直登の階段がトレイルロードだ

もちろん競争とかではないんだけれど
なんかみんな凄い勢いで登ってく
ハァハァ言いながら、われ先に早足で階段を登る

一段がかなり高さがある石段はかなーりキツイ
でも欧米人の集団に混じってたら彼らの勢いに押されて、ドンドン登ってしまった
②


麓から上までは標高差400m
ガイドから2時間はかかるかもねーと言われてたのが
結果、1時間
いっやぁーーーー、1時間で400m上がるって超キツかったよこれ!!!!!!

ゴールしたら、チームのみんなが拍手で迎えてくれた
いやぁ、チームって嬉しいね♪
③


さて、興奮冷めやらぬまま
いざマチュピチュへ!!


入り口ゲート
遺跡は現在一日2500人の入場制限がかかってる
④
まだ朝6時なのに、世界中から集まった観光客でいっぱい

わくわくして入ってみる

登ってる間は雨が小雨だったもののの、ここに来てまたジャンジャン降り出してる


さぁ、マチュピチュだ!!!

⑤


あれ、、れれれ、、?
すっかり雨が降り出したマチュピチュは真っ白なガスに巻かれている

ガイドは一生懸命説明をしてくれるものの
みんな雨にやられて体が冷え切ってる
⑥
これは、正直かなり寒かった
2時間説明を聞いている間、ガタガタ震えが来る程

こんな天気は中々ないよねーって言いながら
多分雨が強すぎて、ガイドは説明をショートカットしてくれたと思う

遺跡歩きに天気は重要なのだ



解説が終わって、ここで一旦ガイドを含め、ツアーは解散となる
チーム最後の写真
⑦
天気はともかくね、みんなでここまでこれた事が嬉しい!
5日間よく歩いたよなぁ、ここが本当に最後のゴール


この後はフリー時間になった
止まない雨に、真っ白な天気に、
屋根がある場所でみんなで2時間程雨宿りした


マチュピチュは遺跡を2つの山に囲まれていて
上から遺跡が良く見えるポイントになってる
どちらの山も一日の入山者に人数制限があって、
人気の為かなり前に申請しないと登れない

8年前にはそんな制度はなかったのだけれど
なんだか色々とめんどくさい事になってしまったマチュピチュ
これも超人気観光地だからしょうがないのかな、、?

ワイナピチュの申請は定員オーバーで無理だったけれど
もう一つの山、マチュピチュ山はなんとか取れたのだった

あまりに天候が悪いので諦めようと思っていたのだけれど
ケビン、(もじゃ)がせっかく取れたんだから絶対行っておいでと言ってくれた
僕は取れなかったんだから、君達が行かないなら売って欲しいくらいだよって

登ってる間に晴れるかもしれないよって
もじゃが背中を押してくれた


そしたら、雨が収まって
遺跡が少しずつ顔を出してくれた
⑧
おぉ!マチュピチュが!

断念して帰ろうとしてたけど
もじゃのおかげ
諦めないで良かった、もじゃありがとう


遺跡を横切って、裏手から向かう
マチュピチュ山、通称モンターニャ
⑨


モンターニャへの道はまたまた石段が続く
修行みたいな登りだった
⑩

⑪


遺跡からモンターニャの頂上までは標高差600m
アグアスカリエンテからも含めて
一日1000m以上も階段を登るなんて、ちょっとどころか大変難儀な話である
最後の最後までびっちり登らせてくれるぜ!!!

もーこんなに階段イヤっっっ!!
って思った頃、雲を抜けた
⑫

⑬


階段を登り始めて2時間半
マチュピチュ山3082m、登頂!
⑭


目の前には遺跡があるはず
もうちょっとで雲が切れそうで、見えないマチュピチュ
⑮


真っ白になっちゃったてっぺんで
しばし持ってきたお弁当をパクついて
再びながーい階段を下り始めた
かずの膝はかなり悪化して、ゆっくりゆっくり歩いてく


下り始めてしばらく経った時
近くに居た韓国人の女の子が「見て!!」って指さした


その先にあったのは


⑯


雲がさーっと抜けて
山肌にくっきりと見える石垣のライン

マチュピチュは精巧な建築のミニチュアみたいで
こんなに遠くなのに全てがはっきり見えた

雲の中から現れたこの神秘的すぎる遺跡
ハイラムビンガムもこんな風に発見したんだろうかって思った
めちゃくちゃ感動した瞬間

⑰



興奮して写真を取りまくってたら
下からもじゃが上がってきた!
「入場時間が過ぎたから、こっそりチケットを変えて入れてもらった」って
⑱
よかったもじゃ!!
モンターニャに来たがってたから、よかった^^♪♪
一緒にこの景色が見れてよかった!


遺跡に戻ってみると、再び雨は降り出したものの
これぞマチュピチュって画を見せてくれた
⑲


実は私、例の通りに
学生時代にここを訪れてるものの、カメラを盗まれたので
マチュピチュの写真が一切無いのだ
~写真無し卒業旅行~の巻

だから、今回はリベンジ
マチュピチュの写真をいっぱい撮りたいの!!


姿を現してくれたマチュピチュは
やっぱり凄かった

⑳

21

22


石を正確に切り出して
石だけを積み重ねて
これだけ精巧に素晴らしい町を作ったインカ帝国

23


その衰退の一説にはこんな話がある

侵入してきたスペイン軍と互角の力を持ってたインカ軍
24時間戦いの姿勢を持ってたスペイン軍に対して
インカの兵士達は農耕の時期は戦いの手を休めていたと言う

自然と共に生きて自然の営みを大切にしてきた彼らは
その隙を狙って攻撃されたとか

なんとも悲しい話
南米のあちこちで聞くスペイン軍侵略の話
彼らの侵入がなかったら今の歴史はないのかもしれないけれど
それでもこのまま南米大陸は先住民達の大陸であったら良かったのにと思うばかり

山の上にひっそりとあったからスペイン軍の破壊を免れたインカの空中都市
発見から100年が経つマチュピチュは
24

世界中に愛されてる
インカの残した町

今もインカ時代のまま、時間が止まってるみたい


25



再びアグアスカリエンテまで超絶階段を下りきり
サルカンタイトレック、終了ーーーー!
26
足ぷるぷるです
かずの膝もよく頑張った!


帰りはご褒美ピザなんかを食べちゃって
27


新幹線以上に豪華なブルートレインに乗っちゃって
28



5日間78km
マチュピチュへの道
とってもとっても良く歩いた!!
29



マチュピチュの写真は2人で撮る為に取っといたのかもね
(なーんちゃって、なーんちゃって)


30

2014.4.13
もう一度ここにこれて良かった!



スポンサーサイト

  « リマと亀生活  Salkantay to Machupichu Trekk① »

Comments

• この道!!
久々にブログ読んでるよー。面白いね。
今はどこにいるのかな?

ちなみに、私もこのジグザグの道を歩いて登ったよ(笑)
ヘッドライトつけて、友達4人と一緒に明け方から登って、
当時はまだうるさくなかったから係員に頼み込んで入場させてもらった(笑)
でも、あの道、ホントにしんどいよねー。
なんか、読んでてなつかしくなったよー。

いい旅してるね!!!
• Re:アッキー!!
わぁおー!あっきー!ありがとう
うんうん、この道は本当きっついよねー!きつかったー笑
あっきーもこのきつさを体感してたとは!!
ついに長居したペルーも出ようと思ってるよ
ペルー、インカ以外にも色んな面があって、本当面白い国だった!

旅ももうそろそろ終盤だよ
日本帰ってあっきーに会えるのが楽しみ!
バイクで遊びに行くからねー!


Leave a Comment

09 | 10  (2017) | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。