Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Bolivia

ラパス名物、大満喫♪

ボリビアの首都、ラパスに着いた
ラパスは標高3650m、世界一標高が高い首都なのである

①
急な坂道が続くラパス
すぐ脇はずっと上まで茶色の家々が並んでて
自分がいるのがまさにすり鉢の真ん中にいるみたいだー


雨季明け間近なボリビア
お天気はコロコロ変わって、この日はどんより曇り空~
②
アフリカ以来ご無沙汰の乗り合いミニバンの姿も

首都と言えど、ここにもインディヘナおばちゃん達は健在
路上露店の八百屋は物で溢れてる
③

④
賑やかな雑多な街、ラパス


市場を歩いてると大体どこでも食堂がある
この食堂、絵になるんだよね~~
⑤


お客さんがほぼ男性の中、お昼時は活気づいて
おばちゃん達が盛る大盛りのリャマ肉定食がガンガン飛び交う
やっぱり外人が珍しいのか、一緒になって定食を食らってるとおっちゃんは嬉しそうだ
⑥

ボリビア人は温和な人が多い
おばちゃん達は強気でガンとしてる人も多いけど
しわくちゃのおばあちゃんはニコニコしてるし
大人しそうでハニカミ屋なとこもどことなくアジア人っぽさを感じる

けれどボリビアは盗難等の犯罪がとーっても多い事で旅行者には有名
実際知り合いの日本人も被害に合ってるし
かずも学生時代に訪れたボリビアでカバンを丸ごと置き引きにあってる

でもねー
なんかみんなが言う程、そうは全く思わないんだよね
もちろんどんな人が良い国でも犯罪はあるしね、貧しい国ならなおさら

でもねー
なんかボリビア人はほっこりするんだよ
私はこの国の人達が大好き

⑦


街の中心地にはお土産屋さんで溢れてた
可愛いアンデスグッズ、もちろん今回もガッツリ購入しちゃいまっせ~♪

中にはこんなのも!!
⑧
子リャマのミイラ!!
ひぃ~~

通りのパレード
⑨


首都なのに、完成されすぎてなくて
物価も安くて居心地が良いラパス
南米の沈没ポイントって言うのも納得~


さて、ラパスには旅人に有名な名物がございまする
結構ミーハーな私は早速お試ししてみました。


その壱
『ボリビアパーマ』、略してボリパー

いやぁ、旅しててパーマが出来るって中々ないのよ!
日本人の髪質はパーマがかかりにくいしね

それがここでは安い・簡単・速いの三拍子そろってやってくれちゃう
パーマ屋のおばちゃん達も日本人の旅行者には慣れている
スペイン語が分からなくても、「くるくる?」だけで通じる素晴らしさ。


ラパス到着日に早速やってみる
くるくる。
⑩
ロッドの巻紙は使いまわしです
おばちゃんパーマ液素手です
頭洗うのは汲み置きの水です

でもま、アフリカの美容院は鏡無かったからね!!
その点で言えばボリビアに勝敗が上がるでしょう

所要時間、40分(えぇえ!?速すぎ!!)
お値段、1000円
私のボリパーの結果はコチラです
⑪
もっとグリングリンなのを期待してたけど、案外普通ってゆー
隣のかずさんは最近坊主始めました、春。

同じ宿の日本人の5割はボリパー体験済
はやっとるねーくるくる


ラパス名物その二。
『泥棒市』
その名の通り、盗品ガラクタなんでもござれ
ついでにそこに行くだけでも盗まれちゃうよ、貴重品には要注意!

まったく人が良さそうに見えるのにねーぼりびあーの。

市街からちょっと郊外まで相乗りバンでおでかけします
遠くまで来たからラパスの街が一望できるぜーーー!

⑫

⑬
すごいねー!!
茶色のレンガの家に、みんな屋根はアルミの板でキラキラ光ってる
おもちゃみたいに小さな建物がいっぱい


ここから泥棒市、正式名称エルアルト市場へ向かう
入り口に入る前に現地人から早速「荷物には気をつけなさいよ~」と忠告いただきまっす

突入!
⑭

⑮
おぉぉー、確かに何でも売っている
すれ違ったおっちゃんは、中古のタイヤを一本担いでたぜ

でも、中々盗品らしき商品は見つからず、ガラクタマーケットですな
ちなみにリアル盗品市場はアフリカタンザニアにありました

あの時、貴重品を盗まれた直後
カメラのバッテリーを探してた我ら
市場の中には思いっきり盗まれたばかりのバッテリー達が
各メーカー、各規格全て揃った状態で破格のお値段で売っているのである

そうそう、そう言うの見つけた時こそね
「FUCK!!」って言っちゃうよね~


どことなく平和な雰囲気のボリビア泥棒市
⑯


屋台では嬉しいお魚が!!
⑰
チチカカ湖で採れるお魚がラパスにまで入ってきてるらしい~

平和の象徴
ふわふわもこもこ
⑱

アルパカって短足なんだよね~
⑲
かわいいでちゅね~♪
(隣の坊主のおっさんじゃないよ)


何キロもありそうな広い市場を周って、白飯が入手したものは
・綿棒
・パンツ
・ペンライト

そして、、コレーーーーー!
⑳
アンデス布おばさん発動
ふ。ふ。ふ

日本で待ち受ける家族の皆様
南米土産編も大量にお送り致しますのでお楽しみを!!


はー、堪能した、泥棒市


そして、この市場とセットになっている名物が・・・・
市場の裏手で日曜限定でやっているという


お待たせしました
名物その三。

『オバプロ』

インディヘナのおばちゃん同志がコントバリに死闘を繰り広げるという
おばちゃんプロレス。
これは旅行者の間ではラパス一有名な催し物であろう

週一限定のこの日
集まった日本人旅行者だけでも、ざっと15人を超えた
21


団体だからって割引を強引に押し通し(さすが日本人!)
気合を入れて突入でござる

外人は外人料金が設定され、リングサイドで観戦出来る他に
お菓子、飲み物、お土産付
22
チケットも凝っている


始まりは、おばちゃんでない男性プロレスラー

23

24

完全にコントである
そして勧善懲悪、台本バッチリのステージっぷり

陳腐なんだけど、結構面白い
全く鍛錬されてないぶよぶよの身体のおっちゃんレスラー、がんばる。


野次が飛ぶ客席に殴りこみアリ(笑)
25

客層は外人だけでも200人近くいるんだけど
地元人もぎっしり

みんなに愛されてるプロレスなのか
ボリビア人もニコニコで声援を送ってる
その雰囲気に外人達もニコニコ
両者に垣根は無く、あったかい雰囲気のショーなのである

そんな盛り上がりの中、いよいよ期待のおばちゃん登場
26
大人気

登っちゃうしね(笑)
27
ヒーロー!!!


戦ってみるものの
おばちゃんは手足が短いのでジタバタである
28

29
パンツ丸見え(笑)

おばちゃんVSおばちゃん
31
悪役おばちゃんは皮ジャンに手に鎖を持っていかにもな雰囲気(笑)


実際このショーは何戦もあって、3時間程続く(長い!)
でもくだらないんだけど、飽きもせず私はケラケラ笑ってた

休憩時間には観客もリングに上がれちゃうサービス付
30


盛り上がりまくったオバプロ

レスラーは客席の柵を飛び越えて倒れこんでくるし
お客さんにキスしちゃうし
お客さんの水も勝手に飲んじゃうし

途中からレスラーに向けてポップコーンが大量に投げつけられ
食べかけのブドウも飛び交い
ついには水どころかペットボトルも飛び交い

このぐちゃぐちゃな状態が最高におもろい

32
何でもありやな(笑)


いやぁー楽しかったオバプロ
想像以上に楽しませてもらった
3時間楽しんで、お値段600円だしね!!



帰りはラパスの町の夜景を一望して
33



3大名物を制覇して
満喫しておりますラパス生活~~♪♪
34
むふふ
(日本食屋でメニューを眺める、の図)


スポンサーサイト

  « Mt.Ilimani summit  ポトシ、街歩き。 »

Comments

Leave a Comment

04 | 05  (2017) | 06
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。