Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Argentina

パタゴニアの青、幾千年の氷河

2014.2.17


南米大陸の最南端、ウィシュアイアを出発して北上をしていく

パタゴニアはどこまでも水平線が見える真っ直ぐな真っ直ぐな大地
①


私は旅に出る前に絶対行きたい場所が3つあった
インドのラダック地方と
パキスタンのフンザ
そして、南米パタゴニア

⑬

この突き抜ける一本道は、パタゴニアにいるんだって事を実感する風景
ここにずっとずっと来たかったんだ


ウィシュアイアはフエゴ島と呼ばれる島にあって
本土へ渡るのには船を使う
この辺りには小さな島が沢山あるのだ
⑧

②
船の名前も「パタゴニア号」


目指すは南部パタゴニアの中心地、カラファテ!

ながーい移動の途中では
バス待ちのターミナルで銀マットを敷いてガス缶でご飯を作ったり
③

深夜のバスターミナルの横に勝手にテント張って寝たり
④
紹介します「どこでも我が家」です

いやはや、自炊道具とテント一式を持ってれば
本当どこでも生きていけるね!


そしてカラファテの町へ
⑦


パタゴニアの中枢と言えるここ
もー葉書見てるだけでも大興奮しちゃう!
⑥


友達に教えてもらったキャンプサイトへいそいそと
⑨
外人とゆーよりは、地元アルゼンチン人のファミリー連れで大賑わいのここ
小さな川が流れてる脇でテントを張れて気持ちいいキャンプ場だった!

電源コンセントもwifiもシャワーもあって快適~♪
⑩


アルゼンチン人ってば本当に陽気な人種で
昼真っから大音響で飲めや歌えやで大変なこっちゃ
しかもその大騒ぎは深夜4時を過ぎても続くのだ
あまりのうるささに、夜中にテントの場所を引越しするという事態に。。

他人なんておかまいなしに限度知らずな外人達よ
日本人はなんとマナーのある国民なのでしょうと改めて思うのだ


はてさて、
カラファテを拠点にして行けるのは
鋭鋒フィッツロイと、青いペリトモレノ氷河の2大メイン所!!

到着してから天気予報とにらめっこ
パタゴニアは強風で有名な場所だけど、そのせいか天候はいつも安定せずに曇りがちな日が多い
滞在した日もびみょーーな天気
氷河ツアーも人気ですぐに予約は取れなかったりする

むむむーと旅行会社で悩んで、まずはペリトモレノへ向かうぞ!!


カラファテの町から80km離れた所にあるロス・グラシアレス国立公園
なんと47もの氷河が公園内にあるそうだ

早朝ツアーバスに乗り込んで、わくわくして国立公園へ
⑪


綺麗に整備された公園内
ガイドさんの説明を受けて、さぁ、遊歩道を降りてみましょうとな

すると

すると

すぐ目の前に


どどどどーーーーーんと現れた!!!!!!

⑫
ペリトモレノ氷河ーーーーーーーーー!!!

でかい、半端なくでかい
なんと幅は5キロ、全長35キロもあるそうだ

今まで何度か氷河は目にしてるけれど
想像以上にペリトモレノは凄かった
こんなに綺麗に真っ直ぐに伸びてる氷河は初めて見た


何より遠くから見ても色が真っ青なのだ

⑭

⑮

⑯

氷がこんなに青いだなんて知らなかった
少しずつ少しずつ、気が遠くなるような時間を積み重ねて
この巨大な美しい氷の河が生まれる


自然の大きな力を感じるのはこんな時

ドーン!と言う轟音と共に大きな氷塊が崩れ落ちる
何度もその瞬間を見る事が出来た

スローモーションみたいにゆっくりと落ちる氷塊
水しぶきが煙みたいになる
毎日少しずつ伸びては、こうして削れていくのだ

氷河って本当に生きてる


遊歩道は長い横幅の氷河が良く見えるようにあちこちに張り巡らされてる
目の前からキンと冷えた気持ちい空気を浴びて歩く
⑰

⑱
たっぷり2時間程歩いて
氷河を見ながら持ってきたパンをかじる


いやぁーここまででも大満喫
だけど、メインはここから始まる

いざゆかん、この巨大なペリトモレノ氷河の上に!!

氷河の対面から、今度は船で氷河に横付けしちゃう
目の前に迫る氷河は更に迫力を増す
⑲


さーて、氷河トレッキングに向かいますぞ!
⑳

この氷河の上を歩くツアーは大人気みたいで
15人くらいの団体が何組もいっぱいいる
みんなで並んでガイドさんに軽アイゼンを履かせてもらう

大きな氷河の端っこから、ドキドキワクワク歩き始める
21

22

思ったより固い氷の粒で出来てる氷河
みんな一列になって慎重に歩くよー
23

29
ペンギン歩きで♪


最初の丘を越えると、そこはもうぐるっと周りが氷河に囲まれて
なんだか南極にいるみたいな気分になる
24
た、た、たのしーーーーー!!

氷河って見た目以上にでこぼこしてて、小さな山が沢山ある
登ったり、下ったり、小さなクレバスを越えたり

クレバスの中は深い深い青になってる
こんなに近くで見てるのに、氷が解けた水は真っ青で
不思議・・
25

26


同じグループの日本人同志ではしゃいで写真を撮りまくってるウチラ
毎度ガイドさんに最後尾で怒られるのである
27

28

対岸から見たら大きくて平らに見えたのに
氷河の中がこんな風になってたなんて、すっかり気分は探検隊である
30


1時間程歩いて、みんなで楽しかったねーと大満足して
最後に待ってましたのは
コレ!
31


氷河の氷で、オンザロック~~!
なんとも粋なはからいでっせ!!
32

チームのみんなで乾杯して
青い青い氷河をグっと飲み干す
33
ウィスキーが染み渡る事、この上なし。



パタゴニアの大自然を感じる、第一弾
幾千年もの時間が積み重なった、巨大な氷河
そこは綺麗な青が広がる世界なのでした

34






スポンサーサイト

  « Mt.Fitz Roy Trekking  世界最南端の町、ウィシュアイア »

Comments

Leave a Comment

07 | 08  (2017) | 09
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。