Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 海外登山

アコンカグア登山 ~準備編~


南米大陸最高峰アコンカグア

ここに登ろうだなんて、日本にいる頃には考えた事はなかった

アコンカグアの標高は6962m
技術的には登攀を必要としない為
一般的には素人が登れる最高峰と言われている

ただもちろんそれは全くの素人という意味ではなく
プロではないけれど、ある程度の雪山や縦走経験がある登山をしているという意味の素人

もちろん今でも簡単に「目指そう」と言える山だとは思っていない
そう決めた時に、こんな自分が足を踏み入れていいものか恐れ多いと思う


それでも今まで各大陸の山を登ってきて
登れる山は出来るだけ登りたいと思ってきたし、それがずっと私の目標だった
高所にめっきり弱い自分がキリマンジャロを登頂出来たのもきっかけとなって
南米で最初の登山に、アコンカグアに挑戦をする事に決めた


南米大陸の王者に2014年最初の挨拶をしにいく

①



年末年始にかけてボリビア国境地帯へ向かったのは
実は最初の高所順応を兼ねてだった
3600m地点での生活を経て
アルゼンチンの北部から、アコン拠点のメンドーサへ来た

②

③
広い通りに緑豊かな街路樹が広がるこの街は
洗練されてて過ごしやすい、良い規模の都会だ


まずここで準備する事がいくつかあった

・入山パーミット申請
・レンタル装備手配
・ムーラ(荷揚げ)手配

ここは普通の都市なので、街中を歩いていても道具屋や旅行会社の数はそう多くはない
ネパールのようにタメル中がトレッキング関連だらけですっていう状況ではないのだ

まずは道具屋をチェックしてみたけれど
歩いていける範囲では4~5件程でフルレンタルが可能な所は一件しかなかった


続いて国立公園事務所を覗いてみる
確認した所、2014年1月現在の金額は以下であった

【パーミット申請料金 (サミット20日間迄)】
◆ハイシーズン 12/5~1/31
 ①6500ペソ
 ②5500ペソ
◆ミドルシーズン 12/1~12/15、2/1~2/20
 ①5000ペソ
 ②4000ペソ 
◆ローシーズン  11/15~11/30、2/20~2/28
 ①4000ペソ
 ②3500ペソ

この①と②と言うのは
①→どこの会社も利用しない完全単独の場合
②→ツアーや荷揚げで旅行会社を使用する場合 の違いである

この事は事前に聞いていたけれど
2人で登る場合であれば2000ペソ、2万円以上も違うのだ
(※私達の闇レートで1ペソ=11円)

BCまではムーラと呼ばれる馬を使って荷揚げが出来る
登山行程は約2週間
問題はこの長期間中の食料の多さ
今までの登山とは比較にならない程多い

当初から高所での体力温存の為、ムーラの荷揚げは決めていたけれど
この2万円の差額で十分に支払える額なので、自力登山をするよりずっとお得だ
こうやって国からも地元企業にお金が落ちるようにしている仕組み

この②のパーミットを発行する為には
先にメンドーサで手配をしてそこで「旅行会社を使用しました」
って判子をもらわなければいけないらしい

手配は一番先にムーラになった
斡旋されたのは2社、どちらも行って見るとHISみたいな立派な旅行会社のカウンター
こんな所で「ロジスティックですね?」って言われて馬の荷揚げの手配をするのだ、変な感じ

旅行会社でパーミットのフォーマットをWEB入力してもらい
印刷した所にポンと判子をもらう

そしてなんとパーミット料金の支払いはスーパーの窓口でして下さいと言われ
スーパーにある公共料金支払い所みたいな所で10万円以上の額を支払い
そのレシートをホッチキスで止める
まさに水道料金支払いました、みたいな簡単なシステム・・・

これでフォーマットも揃い
パーミット申請までの準備が整った


次にレンタル装備
フルレンタルが一件しか見つからなかった道具屋さんはコチラ
④

メンドーサの道具屋の質と言えば
日本と変わらない
扱う品質も種類も申し分ない、そして価格も日本同程度

でもこんなにでかい山がある拠点なんだから
もっと町中に道具屋があってもいいのに
ハイシーズン中にここに来てるお客さんはいっぱいで、てんてこ舞い状態だった


立派な店舗で物をチェックさせてもらう

寝袋も入ってみてね
⑤

テントもわざわざ設営して見せてくれたけど
風・雪対策共にハイキャンプ用に申し分ない質だった

アイゼンチェック中
⑥

一目見ても山屋のいいおっちゃんだなーって店員さんは
スペイン語しか話せないけど、丁寧に色々見繕ってくれた
レンタルなのに新品も沢山おろしてもらって、とっても安心出来るお店だった
⑦
他の大陸とは比べ物にならない、、さすが!


大物の手配をやっつけてここでようやく肩の荷が下りる
気持ちもすっきりした所でいよいよパーミット申請に乗り込む


事務所内は各国からの大勢の登山者
⑧

申請書類はこんな感じに
⑨

ここに来たらどうしても気持ちが高まる
ここに居る全ての人がアコンを目指すのだ

部屋の中には情報や地図がいっぱい

⑩

⑪

さすがに今までの山とはでかさも違う
このてっぺんはほぼ7000mなのだ


ドキドキしながらそわそわしながら
順番に名前を呼ばれ
完成したパーミットを受け取る
⑫


この瞬間からアコンへの挑戦が始る



ここまで手配準備に奔走する事3日
意外にどこも順調に手配が出来た

そして大量の食料と物資の買出し
2週間の完全自炊は初めてだ
今回は万全を期して日本からアルファ米を送ってもらっている

今までは生米にパスタにパンに野菜も沢山持ち込んだ
現地で便利な食材なんてもちろんないけど、出来たのは短期間だったから

今回はスーパーでマッシュポテトの素という初めての便利品を見つけれた
2週間の長期、更にハイキャンプ以上自力で荷揚げを考えると
食事は完全に具の無い
アルファ米、スープの粉とパスタ、ラーメン、マッシュポテト
と炭水化物オンリーのローテーションが続くのだ

食料だけで15kg以上は超える
⑬


レンタルした装備もプラスチックブーツまであるからもちろんでかい
部屋は物で溢れてどこから手をつけていいか呆然としちゃうくらい

でも、パッキングは楽しい
この時からもう登山は始まってるのだ
えっちらおっちら2日がかりで2人でパッキングをしていく
⑭

登山口まで向かう最初が一番荷物が多い
そこからはムーラ荷揚げが待ってる
そう考えるとそんなに大変ではないかもしれない
荷物の重さはいつもの旅中よりまだ軽い
⑮

今までの登山から見たら、無駄なものが断然少ない気がする
全部日本からちゃんと揃えれば、荷物はもっともっと減るんだけど
やっと少し近代的登山になった気がする
その事がちょっぴり嬉しい



以下、お荷物内訳


【装備/レンタル20日】
・テント  1030ペソ×1
・シュラフ(-30℃)  884ペソ×1
・プラスチックブーツ  780ペソ×2
・アイゼン 325ペソ×2
・マット 106ペソ×2
・厚手ダウン 650ペソ×2
・フリース 208ペソ×2
・防水パンツ 390ペソ×2
・インナーグローブ 195ペソ×2
・オーバーグローブ 312ペソ×2
・ゴーグル 286ペソ×2
・ストック 195ペソ×2

【装備/持参】
・合羽・ダウン・セーター・インナー・タイツ・毛糸帽子・手袋・登山靴下
・シュラフ・銀マット・サングラス・ガスソケット・調理具
・ヘッドライト・プラティパス・ホッカイロ・常備薬・ダイアモックス

【食料/購入】2人分17日想定
・生米(低地用) 3kg
・パスタ 5kg
・ラーメン 8袋
・マッシュポテトの素 15袋
・スープの素 6袋
・粉ジュース 2ℓ×15袋 ・紅茶
・粉チーズ・マヨネーズ・コンソメ・にんにく・オリーブ油漬
・クッキー 15袋 ・飴1袋 ・レーズンナッツ ・チョコレート

【食料/持参品】
・アルファ米 2食入×10袋
・パスタソース(明太子・うに・納豆)
・さんま缶詰・ふりかけ・茶漬・羊羹 等

【他物資購入分】
・ガス缶 ロング ×8
・ガスソケット ×1
・トイレットペーパー 5ロール
・消毒ジェル・ウェットティッシュ
・テルモス1ℓ用
・足サポーター・ビタミン剤・水浄化剤
・小目覚まし時計・予備電池・ろうそく
・靴下・手袋・フェイスマスク・マッチ


以下、経費内訳


・入山料      5500ペソ×2
・ムーラ荷揚げ① 90$→630ペソ
       ② 180$→1260ペソ
(①:オルコーネス→コンフレンシア、②:コンフレンシア→BC)

・装備レンタル 8000ペソ
・食料購入  750ペソ
・他物資購入 1500ペソ

計23000ペソ(約25万)




これから長い登山が始まる

もしかしたらあっという間にメディカルチェックで落とされるかもしれない
上手く抜けても、その後で高山病症状が出るかも知れない
捻挫した足が痛むかもしれない
今までの中で一番辛い登山になるかもしれない

色々と不安要素も心配事も尽きないけれど

まずは安全第一で

やれる所までやりきって

アコンカグアの顔を拝めますように


⑯


今はワクワクでいっぱい

いってきます!!






スポンサーサイト

  « Mt.Aconcagua summit①   七色のウマワカ渓谷 その2。 »

Comments

はじめまして。
去年の同じ頃にアコンカグアに登った者です。
偶然ブログを見つけ、思わずコメントしてしまいました。
このコメントを見る頃にはもうメンドーサに戻ってきているとは思いますが、
それでも日本から応援しています!!
どうか無事に帰ってきて下さい。

Leave a Comment

05 | 06  (2017) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。