Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Argentina

ボリビア国境で新年を迎える

2014.1.1

アルゼンチンはでかい
南北3800kmってこの国はでかいのよねー

イグアスの滝から次に移動したのは、アルゼンチンの北部

アルゼンチン地図

この辺りは日本人にはあまり知られてないみたいだけど
アルゼンチン人には人気の観光スポットだそう

年越しをどこで過ごそうか考えて、決めたのはこのボリビア国境地点
去年、おととしと賑やかに大人数でパーティーをした年越しだったから
今年は山奥で2人でしっぽりと過ごそうかな、と

国境の手前にウマワカ渓谷という世界遺産があって
先に奥の国境で年越しをしてから、後でゆっくりウマワカ渓谷を周る事にした


イグアスからの移動は2晩続けての夜行バス
寝ぼけ眼に映ったのは今までと違う景色
①

②


イグアスの熱帯性の暑さとカンカン照りの空と代わって
ここは雲が近い、真っ青な空、でも空気が爽やか

走ってるところは標高は3500mもあるのだ


アルゼンチン側国境の町、ラキアカ
③


バスを降りたら驚いた
カラフルな布の荷物を背負ったおばちゃん達がいっぱい
④

⑤

背が低くて、三つ編にスカート姿のおばちゃん達は
ペルーボリビア辺りのインディヘナの人達

ここはぎりぎりアルゼンチンなんだけど
すっかりアンデスになってしまった
これぞ南米って空気!

アイス売りの子
⑥
素朴で可愛らしいこの子
この後かずと空手講習会をしてみる


ブエノスの大都会と、緑の濃いイグアスとは全然違うここ
ラキアカの町はひっそりとしてて、ちょっと寂しい感じ
⑦

⑧

ここでももちろんシエスタは健在
午後はシャッターが完全に降りちゃう

いやー、シエスタさん
この先もずっと付き合うんだろうけど、困っちゃうよねぇ・・・(笑)


長旅の疲れもあってラキアカで2泊のんびり
いきなり3500mに来ちゃったんだもんね、高山病体質の私はちょっと息苦しいのさ

休息を取って、いざ国境へ
町からボーダーまでは歩いて5分の距離

⑨


国境に向かう道には何やら人だかり
ボリビアに物資を運ぶ人たちの行列

穀物がたっぷり乗ったリヤカーを引くのはおばちゃん達
⑩

⑪
すごい人の数に物の量
気分はまさに年末のアメ横なり
この何にもないような国境にこれだけ物資があるなんてびっくり


おばちゃん達を横目にして
ボリビアに入国!!
⑫

いやぁ、ブエノスに入ってまずは南下していく予定だったから
まさかいきなり南米の真ん中のボリビアに来るとは思ってなかった

ボリビアは後でしっかり周る予定なので
今回はこの国境の町ビジャソンをちょっぴりだけ先駆けて^^


ラキアカのひっそりとした町と違って
ビジャソンは活気に満ち溢れてた

THE・アンデスのかわいーお土産屋さんに屋台にお店もいっぱい
物の量が段違いに多くて驚いた

カラフルー!
⑬

リャマの置物
⑭

アルゼンチンではNGのコカの葉も!
⑮

いいねー、いいねー
良い雰囲気なのだ、ビジャソン


ウロウロお散歩中

可愛い子ちゃん
⑯

⑰

あ、これはアイス売りのおっちゃんね
⑱
可愛いでしょ♪


屋台で魚を出してるとこを見つけた
⑲
大きな魚は湖で獲れたやつかな
付け合せはジャガイモにトウモロコシ、このシンプルさがいいね

久々のお魚ちゃんの味は
干物みたいでしっかりと塩がきいてて、超日本人好みの味!
「あぁ、ここに米があれば」とやっぱり思うのである


そしてこのポスター発見
⑳
これ、なんとパリダカールのポスター!

パリダカと言えば、モロッコのサハラ砂漠でやってた超有名なレースだけど
どうやら西アフリカの情勢悪化(マリとかね)によって、
数年前から舞台をアフリカから南米に移して
アルゼンチン・ボリビア・チリの3カ国を走る事になったそうな

開催は丁度1月上旬
このビジャソンの町もルートになってる

へぇー、知らなかった
南米のパリダカってハードそうだけど面白そうだ!

ダカールのステッカーが張ってあるバイク
21
町中には他にも関係車両っぽいのがチラホラあった
かっこいいぜー!



そんなこんなでビジャソンでお正月を迎えました


今年のラインナップはコチラ!!

・白玉粉
・きな粉
・お餅
・赤いきつねと緑のたぬき

わぉーー!
22

こねて丸めてーーーー!!
23

できたよーーー!
白飯的おせちinボリビア2014
24


しめ縄飾りはちゃーりーがクリスマスプレゼントと一緒に持ってきてくれた
嬉しい日本食はお義母さんが沢山送ってくれた

ありがとうがいっぱいで
今年もこうして日本を感じるお正月を迎える事ができました

25
どん兵衛のおつゆにはつい無口になってしまう、、涙
お義母さーーーーん、おいしかったですーーー涙



最初の宿は水が出なかった
もちろんインターネットもない
元旦はお店が全部閉まってゴーストタウンみたいだった

でも、あえてこの場所を選んだ私達
人生でこの先、こうやって何もない場所で
2人で静かに過ごすお正月はきっとないだろうって

だからゆっくり色んな事を語り合ったこの年末年始

今までの沢山の旅の時間を振り返って
2人の時間を振り返って
2013年は正直ツライ事の方が多かったかもしれないけど
新しい大陸で最後まで旅をし続ける為に

話して、話して、いっぱい話をして
2014年の新しい1年を気持ちよく始める事が出来た

26


去年はエジプト・ダハブで日本から来てくれた友達と
おととしはタイ・タオ島でダイビングのみんなと
賑やかなお正月だったけれど

「あけましておめでとうございます」って
2人で言うと背筋がしゃんとするね


私達を支えてくれる全てのみんなにとって幸せな1年になりますように
今年もこんな白飯を宜しくお願い致します



この場所に来れてよかった!

2014年元旦
ボリビア・ビジャソンにて

27






スポンサーサイト

  « 七色のウマワカ渓谷 その1。  2013年 登山総括 »

Comments

Leave a Comment

07 | 08  (2017) | 09
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。