Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 海外登山

2013年 登山総括

登山記録

【2013年 アフリカ大陸・パキスタン登山 計39日間】

2月  ・Mt.ラスダシェン(4620m)  <エチオピア・シミエン国立公園/7日間>
5月  ・ホッパー氷河トレッキング  <パキスタン・フンザ地方/5日間>
5月  ・カリマバードクライミング  <パキスタン・フンザ地方/1日間>
5月  ・パスーアイスクライミング  <パキスタン・フンザ地方/3日間>
6月  ・コルピーク(5015m)  <パキスタン・フンザ地方/5日間>
7月  ・Mt.ケニア(4985m)  <ケニア/5日間>
8月  ・Mt.キリマンジャロ(5895m)  <タンザニア/6日間>
10月 ・テーブルマウンテン  <南アフリカ/1日間>
10月 ・トドラクライミング  <モロッコ・トドラ渓谷/1日間> 
12月 ・ボルダリングジム  <アルゼンチン・ブエノス/週5日間> 


【2012年 ユーラシア大陸登山 計58日間】

3月  ・虎跳峡トレッキング  <中国雲南省/2日間> ゙
4月  ・エベレスト街道トレッキング  <ネパール・クーンブ地方/29日間>
       チュクン・リー(5550m)カラパタール(5550m)ゴーキョ・ピーク(5357m)
5月  ・カンチェジュンガトレッキング  <インド・シッキム州/7日間>
6月  ・Mt.ストックカンリ(6135m)  <インド・ラダック地方/4日間>
8月  ・カラコル国立公園トレッキング  <キルギス・天山山脈/4日間>
8月  ・ウチテル・ピーク(4520m)  <キルギス/2日間>
9月  ・ファンマウンテントレッキング  <タジキスタン/4日間>
10月 ・メスティアトレッキング  <グルジア・コーカサス山脈/3日間>
12月 ・ワディキナイクライミング  <エジプト・シナイ半島/1日>
12月 ・Mt.カトリーナ(2642m)  <エジプト・シナイ半島/1日>
12月 ・Mt.シナイ(2285m)  <エジプト・シナイ半島/1日>



昨年のユーラシア大陸登山に続いての、アフリカ大陸・パキスタン登山

今年は大きな山に向かう事ができた
アフリカの高峰、ラスダシェン・ケニア山・キリマンジャロ
この三峰を登れた事は大きな自信につながった

今までと勝手の違う登山スタイル
アフリカの広大な大地の山々は、そのスケールもまた馬鹿でかく
個人で自由に登る事は出来なかったりする

国立公園での入山申請やルールは場所によってやり方も様々で
ガイドやレンジャーが必須な所、下調べの重要性も高かった

わりかし自由度が利くユーラシアの山々に比べて
多くの準備が必要となり、その費用も格段に上がった
何度もその経緯を経て、手順も装備の準備も経験値がかなり上がった


①

⑱
(エチオピア・ラスダシェンにて)

②
(タンザニア・キリマンジャロにて)

アフリカの山は、ユーラシアの景色と全く違って
鋭鋒こそないものの、どーんと構えたどっしりと姿と
その裾野に広がる無限の荒野は、今までに見たことのない地球の姿だったのだ



高額の資金をかけて、なんでも揃うキリマンジャロと違って
特に思い入れ深いのはエチオピアのラスダシェン登山だ

③

④
物資が少ない村で、現地で手に入る旧式のガソリンコンロの使い方や
便利な食料がない中での食事のやりくり
加えて今までの中でも一番ハードでロングな道のり
ここでの経験はまず日本では出来ない貴重なものだった



そして、登頂できたアフリカ最高峰のキリマンジャロ

⑤

⑥
高山病体質の私にとって、不安要素がかなり多かったけれど、
「ゆっくり一歩ずつ進めば登れる」
登山を始めて最初に感じた事を改めて思い出す山になった



自力登山を目指したケニア山
テントにガス缶で、小屋と小屋をつないでいく日本と近いスタイルで向かった
海外で自力登山をするのがどれだけ環境的に難しいか
今改めて思うのはなんて日本はなんでも整っているんだろうという事

⑦

⑧



「出来る限り自分の力で登る」
去年から挑戦し続けてきた事が、このアフリカで少しずつ力になってきているなと思う



そして嬉しかったこと
長年夢見てきたパキスタンの山々にどっぷりと浸れた事
K2の姿は残念無念拝めなかったけれど
やっぱりヒマラヤ山脈は圧巻なのだ

⑨

⑩


旅に出て初めて一人で挑戦をしたパキスタンの山

初めて経験したアイスクライミングに50m以上のウォールのクライミング
2人で踏めた5000m級の雪山のてっぺん
ここではかなり勉強をさせてもらえた
もっともっと登りたいたいと思うばかり

⑪

⑫

⑬


入山数こそは多くなかったけど、一つ一つが濃い山になった今年
ガイド登山と自力登山のバランスも良く
双方ともに勉強になる事が沢山あった
環境もあって少しずつ海外でクライミングをする機会にも恵まれた


⑭

⑮

⑯

⑰


2年目は前進できた1年
そう思う反面、反省点も沢山ある
準備段階ではまだまだ無駄を省けると思うし
2人で登る事への息の合わせ方だってまだまだだ

少しずつ経験を積み始めたクライミングも雪山も
日本でやれる以上のものは海外では未だ難しかったり

日本と海外の環境の差は雲泥だけれど
やっぱりその中で出来る事を、出来る以上に目指していきたいと思う



そしていよいよ南米の山へ

南米は一番の山岳大陸
ここに来るのをずっとずっと楽しみにしてきたのだ

これまでの経験を踏まえて、もう一歩高い頂を目指せるように
完全なソロ登山も目標にしながら、
南米で沢山の山へ向かえますように


今年も安全登山!!

スポンサーサイト

  « ボリビア国境で新年を迎える  Merry Chiristmas in イグアスの滝!! »

Comments

Leave a Comment

09 | 10  (2017) | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。