Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Uganda

ウガンダ・湖リゾート

2013.8.8記


幻の山ルエンゾリを一目眺めようと思った私たちは、コンゴの国境付近に向かった

①

コンゴは政変から未だ治安状況が回復しない国のひとつ
ガイドブックには、旅行者が毎年コンゴ方面で行方不明になる危険地帯と出てる
ゴリラならいーけど、そんなゲリラには遭遇したくはない
旅は安全第一なのだ


ルエンゾリ麓の町では、再びバケツをひっくり返したような土砂ぶり
残念ながらその姿は全く拝めなかった
この辺りは雨が多く、ルエンゾリは晴れて全景が見えるのは年間わずか数日と言われる
それ故に幻の山なのだ
そしてその雨のおかげでゴリラが住む豊かな森が育つ

おそらくは人生でアフリカの真ん中、ウガンダの奥地に向かうことはもう無いかもしれない
そう、ここはまさに奥地なんだ

ルエンゾリにひっそりと心の中で「また、いつか」と呟く


そんな感傷に浸りながら
この町で私の目はもう次のものにキラキラした

コ・レ♪

②

③

アフリカ布ーーーー!!

右を見ても左を見ても
おばちゃん達はカラフルな布を身に着けてる

いや、どこもそーなんだけど、このウガンダは柄がレトロでか・わ・い・い!!

もうこーなったら止まらないよ私は
テーブルクロスにいいわ~
台所の目隠しにも素敵
赤ちゃんのおんぶ紐にしちゃおうかしらん
なんてまだ全く見えない未来を妄想する

そして狭い売り場を1時間半もウロウロし続ける私に黙ってついてきてくれるかず
なんて出来た旦那様なんでしょうか

私はいろいろと収集する癖があるよーで
スーパーのビニール袋なんか大量に溜め込んでる
だって袋はなんでも入れるのに大事なんだから!

ついたあだ名は「袋おばさん」
そしてそこには「布おばさん」も追加されるでしょう

悩みに悩んだ末にお気に入りを4mも購入
④
至福のとき
(ちなみにこの後更にもう一柄入手♪)


布は問屋で計り売りをしていて
近くには必ず足踏みミシンの仕立て屋さんがいる
⑤
ウガンダの仕立てクオリティは中々レベルが高い
立体裁断でギャザーも肩パットもお手の物
ラインが綺麗ツーピースのワンピースも作ってたりする

数年前から愛用のサブザックの壊れたチャック部分もここで直してもらえた
町中のどこにでもいる仕立て屋さん、おススメです

そしてかずはウガンダのサッカーユニフォームを手に入れた
⑥
買い物はやっぱり楽しい、主婦万歳!!



続いて向かったのはブニョニ湖と言われる湖
何やら欧米人が好むリゾートらしい

バイクに乗って山道を越えると、山に囲まれた中にひっそりと湖が出現した
⑦

ここから湖に浮かぶ島を目指すのだ!!

湖畔で行われてるマーケット
島に住む人たちが物資の買出しに来る
⑧


この湖には29もの小さな島があって、村落がある島、学校がある島、教会がある島があるみたい
岸には泊まる島のスタッフがいて、案内された先は・・

出たっっ!!丸太カヌーーー!!!
⑨
エチオピアに引き続きアゲインっっ

これを一人の船頭さんと一緒にお客さんが漕ぐと言う
たどり着くまでがワイルドアドベンチャーなのだ

水面すれすれのカヌーに乗り込んで
白飯、コンビの意気を合わせる時だ

えいほーえいほー
⑩

えいほーえいほーえいほーー
⑪


漕ぎ続ける事1時間(結構長いのね、、)
腕の筋肉がぷるぷるしてきた所でようやっと目的地が見えてきた

⑫
ひょっこりひょうたん島!

島に一歩入ってみると、そこはもう完全に欧米調のかわいらしいリゾート
ドーム状のきのこハウスがぽちぽちと並んで
⑬

おしゃれなテラスが
⑭

湖が見渡せるレストランには欧米人がいっぱい
⑮
一体ウガンダのどこにこんな欧米人がいたんだろうと思う


きのこハウスの中は素敵な造りになってる
⑯
あらまぁ♪(勝手に撮影)
こんな素敵リゾートでもお値段20$

しかーし、20$も惜しい我々はテント持参
ついでに食料も持参するという完璧な自炊体制で参る

⑰
いつもと一緒(笑)


島は全部歩いても20分もかからないくらい小さい小さい島
その島一個を丸ごと使って隠れリゾートにしてるなんてすごいね!

島での正しい過ごし方は
湖を見てお茶を飲んで
ちっちゃな島探検をして
芝生で寝転んで昼寝する

なーんもないけど
これもまたウガンダの自然が生んだ楽園
存分に満喫するのです

島の中にもバナナがいっぱい
⑱

野鳥の宝庫らしく、ウガンダの国鳥カンムリヅルにも出会えた


うろうろ探検して、ひょうたん形の島の反対側に向かったら
何やら人が住んでる気配
漁師だよっていう兄ちゃんは、湖畔のあちこちにしかけてるザリガニ漁を見せてくれた
⑲

そのまま兄ちゃんは自分のおうちに案内してくれる
そこは可愛らしいリゾートのすぐ目の先にある、いたって質素に暮らしてる家族達
商店も電気も何もない島の中で

⑳

21


私達が家に入ると、手作りの手工芸品が並べられて、お土産商戦が始まる
子供達は一生懸命に歌を歌い
兄ちゃんは寄付を依頼する用紙を持ってきた


22


こんな事はよくある事だけれど
小さな小さな島のエリアの中にある、立派なリゾートとその裏の人々の生活のギャップは
なんだかあまりにも重たい感じがした

のんびりとリゾートをリゾートしながら、その後も胸に引っかかる思いだった



23



そんなブニョニ湖
帰り道は行きよりも早くカヌーを漕ぐことが出来た
一生懸命漕いだからね!



さて、次は隣国ルワンダへ向かおう
国境へ向かう乗り合いタクシー
25


乗せ方That'sアフリカン。
隣の兄ちゃんの笑顔最高!
これはさすがにやりすぎでしょ!!











スポンサーサイト

  « 奇跡の国ルワンダ  バナナバナナ・ウガンダ »

Comments

この島は2年前に泊まった。男女共同ドミは安かった気がする。

湖は飛び込んだら水が冷たかったのを覚えている。
• Re: もろちゃん♪
お久々ーー!!元気?元気?超あいたいよーー
うん、キャンプも安かったよー穴場だよね、ここ

かずがデリーのサンタナの人と仲良くなってたよ^^
もろっこ氏もこれからもダイエッターとして活躍してね!!

Leave a Comment

07 | 08  (2017) | 09
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。