Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Pakistan

さよならパキスタン、ただいまインド


①

2か月滞在している間に、パキスタンはもう雨季の時期に入り始めてるみたいだった
久々にスコールみたいに降る雨のお蔭で幾分涼しく感じるラホール


一ヶ月ズレで2人共滞在したこの宿で
最後のパキスタンの日を過ごす

そんな最後の食事は…
これだ

「そうめん、冷菜盛あーんど水ようかん」
白飯食堂復活。
②
季節はもう7月になる

協賛は
・そうめん:さやか姉
・醤油:さやか姉
・水ようかん:まちゃ
・箸:まちゃ

私達が日本の夏を思い起こせるのも100旅の皆様の協賛あっての事
ありがたき差し入れでござい

去年は賑やかにデリーで素麺大会をし
今年はパキ最後にしんみりと素麺日和を開催できた
来年こそ南米で流し素麺フェスタを大々的にかましたい

んんんんんんん!!!!
③

夏がキタ
夏がキタ!!!!


④



パキスタン最後の日
この国はなんとも想い入れが強かったと本当に思う


長年フンザに憧れを抱いていた会社員時代

第三国ビザ最難関の関門から友人達の手助けによって実現し

緊張の第一歩を踏み出した国境は1人だった

KKHの疾走には涙が出そうになって

カラコルムの山々は迫る勢いで出迎えてくれた

2週間に及ぶ山籠りは今までにない充実感に満ちて

パキスタンの自然が想像以上の物だったって思う

出会う人達の優しさもまた想像以上の物で

どこへ行っても温かい気持ちでいっぱいだった

そして一人旅を経て、フンザの地でのかずとの再会は
きっとこの旅で忘れられないトップ3だ

滞在中に悲しい物騒な事件もあったけれど

この国の人達は、優しさに満ちている

⑤

⑥

⑦


パキスタンを「美しい」って思うのは自然だけじゃないから

緊張感が走る情勢の中でも
町ゆく人達はきっと変わらなかった

そういう場所で生活する人達と、変わらないものがあるって事を
2ヶ月の中で感じられて本当に良かったと思う

色んな国を旅してきて
想い入れが強いって思ったのは
やっぱり自分自身で感じられた国だからなんだと思う


初めは1人で
最後は2人で
⑧

ありがとうがいっぱいのパキスタン
またいつか、絶対に帰ってきたい国



国境は扉一つを経てすぐにインドになる
お隣インドはやっぱりインドだ
⑨
どーんと圧倒的に構えるインド
たっただいまです


この日は国境越えと同時に楽しみにしていたイベントが

「国境クロージングセレモニー」

行きには見れなかったこのセレモニー
会う旅人旅人が、皆大絶賛してた

日没に合わせて行われる国旗降下
国境越えを最終ギリギリにして時間を合わせてみた


スタンプを押して、荷物を置いて、
再びおんなじ国境に戻ってみると、、

さっきまでだーーれもいなかった国境が大変な状況になっていた!!!

⑩
なにこれ
なにこれ
なにこれ


門の外まで大行列
あぶれた人はフェンスの先にうじゃうじゃ集まってる
大盛り上がりのスタンドはサッカーの試合の応援みたい

ざっと見渡しただけでも1万人はいるぞ

いや、うちらもちゃっかりもらってみました応援グッズ
⑪


ついさっきまでそっち側にいたんだけど
まだ心はパキのままなんだけど
すっかりインド3色に染まってるよ!!
さすがインドだよ!波にあっという間に乗ってしまった…


セレモニーが始まる前から大音量で流れる音楽に合わせて
スタンドから人がなだれ込んで踊りまくってる
この大熱狂からみたらパキスタンスタンドなんて大人しいもの

っていうのも、パキ側は女性陣と男性陣で座席がしっかり分けられてる
インド側は男女入りも乱れもお祭り状態

いや~~、宗教って人の性格もこんなにも違えるものなのか…

両国の役人(軍人??)が力強い行進を相手側に見せつけ
足を高く蹴り上げると大盛り上がりで拍手喝采する
⑫

パキスタン!!パキスタン!!
インド!!インド!!!

どっちも声の限り叫び続けるスタンド

でも迫力はお祭り騒ぎのインドより
人数は少ないけどビシっと声も揃ってるパキスタンの方が上かも


いつから続いてるセレモニーなのか分からないけど
全てが作り込まれた完全なエンターテイメント
国旗降下のタイミングもばっちり揃ってて完璧

⑬


仲が悪い両国の対抗心と見せつけの為とゆーけれど
その陰にはお互い一生懸命リハーサルをやっているに違いない。。

ここには緊迫感とゆーよりも、その完璧さと盛り上がり故に
何故だか「本当は仲いいんじゃ…」って思わせてしまう和やかさがあったのだ


いやはや、これは見てよかった
世界中探しても毎日こんなお祭り騒ぎしてる国境はないんじゃなかろーか
この勢いでカシミール問題もテンション上げて停戦を停止~とかにしちゃえばいいのにね

⑭



そしてインド最初の町、アムリトサルに入って
行きに見逃してたシク教の黄金寺院を拝んできた

⑮

⑰

聖なる池に浮かぶ、本物の純金の寺院は
これまた大層美しい…


その池で沐浴する人あり
⑯

シク教と言えばのターバンおじさんはもちろんの事
⑱

誰でも無料配給の食事場まである
⑲

その食事の為にみんなが一生懸命野菜を切ってる
⑳

ここもまた聖地なんだよね



インドは踏み入った瞬間からインドなのだ
長かったパキスタンから、一瞬にしてまたここに戻ってきたのだなーと思う


パキもインドも、今まさにライチのシーズン
うだるような暑さの中で
この真っ赤なぶりんぶりんでジューシーなライチちゃんを
1日1kg食べております
21
うーーーまーーーー


スポンサーサイト

  « 最後の聖地  ペシャワールの街並み »

Comments

Leave a Comment

07 | 08  (2017) | 09
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。