Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Pakistan

ペシャワールの街並み


カラシュ谷訪問を終えて、またギルギットに帰る…
なーんて事はしない!!

リベンジ一筆書き、ペシャワールへの南下を試みる
そうなのだ、南下であればいけるのだ!!!

地図

チトラールから南へ300km
ペシャワールは北西辺境州の州都の大きな街だ
ただ、前途した様にここも危険なエリアの一部に入る
外務省では赤いゾーン、「即刻退去を勧告します」の部類
この旅で初めての赤踏み入れ。。

というのもアフガンとの国境を接してるここには
途中いくつかの村はタリバンの温床になってると言われてる
決して安全ではないここに
それでも古くからの交易の場として栄えてるペシャワールの魅力は大きい


チトラールから出発する時にはぴりっとした緊張感があった
カラシュのセキュリティポリスがバス乗り場まで同行して
ナンバーを控えたりしながら発車の最後まで見送ってくれた

乗り込むのはこのちっちゃなバン
①
一緒に乗るおじちゃん達は気の良い人達で
バンの中はなんだかすごい良い雰囲気に包まれててほっとした


まずは出発早々に第一関門、3200mのロワライ峠越えだ
シャンドゥールよりも、KKHよりも何もない山間の道
ここは交通より物流の方が断然多い

②

③
キタ!キタ!パラリラ!!
さすがペシャワールの交易を支える道路
超荷物満載のパラリラ達が一生懸命山道を登ってる!!

チェックポスト帳を覗くと、他には劣るけど結構な人数の外人が通過してる
びっくりな事に日本人も一人いた
全部が全部危ないからダメ!ではなくて、もちろんここは通れる道路なのだ


有名なロワライ峠のつづら折り道
④
何度も何度もトラックとすれ違いながらここを上がっていく


標高が上がると一気に涼しくなってきた、暑さに心地よい風
あーもうこれがパキ最後の冷気かもしれんと目一杯浴びとく

気持ちいぜ~と思ってたら
雪の塊削ってる!!
⑤
おぉ!カチカチの万年雪を斧で削ってる
そんでもって四角くしてトラックに載せてる!
これは、、もしや、、町で見かけるかき氷屋はこの氷なのか!?
江戸の氷室状態っっ

シャンドゥールでもKKHにももはやなかった氷が
3200mのこの峠にはまだたんまりとあった

将軍様への献上品。。


この峠越えに数時間を要する
チトラール、ペシャワール間は12時間走行予定
うぅーん、今回も厳しい道のりになりそうだ

パキは移動がとにかく長い
2か月で結構動いてきた気がするけど
それでもこの国の4分の1くらいをぐるぐる周ってただけ
南部なんて遥か彼方に遠い


⑥


途中、悪名高いディールの村を通過する
検問はもちろん何か所もある
武装派勢力が潜んでるっていうけど
ここも他の村と変わらない素朴な質素な村だった

天気が悪かったせいか寂しい感は否めないけど
こんなところが温床になってるなんて、リアルすぎてゾっとする


ディールを過ぎたあたりから警察車両の護衛が付く事になった
こういう時、外国人が乗ってる事で現地人には時間も手間も取らせちゃう事に申し訳ないなーって思う

警察車両が付いてる事で何か所もある検問はオールフリーパス
そして無線連絡を取ってるのか、行く先々でスムーズに次の護衛車が待機しててチェンジしてく
おぉっ、これは凄い、やるねパキ警察

でもこれがまたすごかった
信号もなく、交通ルールなんて一切ないこの国で
警察車両も追い抜くのに反対車線をガンガン走る
しかもサイレンまで鳴らしてこっちが追い付けないくらいの猛スピードだ

それ位危険な場所だから急いで通過しようって事なのかもしれないけど
なんともクレージーなポリスメーンだ

大体1台に4~5人は銃を構えたポリスが荷台に座ってこっちを向いてる
ちょっと、銃口こっち向いてますけど
車の上には映画のスナイパーみたいに常に前方に構えてるポリスがいる

あわわ
やっぱピリっとしすぎてる緊張感だ。。

でもたかが外国人旅行者の通過の為に毎度これだけの手厚い護衛が付くなんて大変なこっちゃ
一説によると、過去にタリバンに外国人が誘拐された事件をきっかけに
国費を投資しまくっても外人警護の強化に当たってるとの事

カラシュのセキュリティポリスも、ディール近辺の警護も
こうして一生懸命守ってくれてるお陰で私ら外人は無事に移動が出来るのです

有難いお話


3時間程、何台もの警察車両が護衛してくれて
ようやく危険地帯を脱出したみたい

そこから道程はまだまだ遠い
この日は早朝5時起きでカラシュ谷の脱出から、ペシャワールは本当に遠かった

まともな休憩を一切取らずに爆走し続けてきたドライバーは拍手ものだ


こうして、夜22時過ぎ
無事にバンはペシャワールに到着した

⑦
身も心もぐったりな遅めの晩御飯
ちょっと豪華に、マンゴージュースで乾杯した



ペシャワールと言えば何が有名なのか

パキのあちこちで目にした古くからある分厚い情報ノート
ここには数年前までまだ気軽にペシャワールにこれた時の情報が沢山載ってた

その中でも気になるのが
「ババジイ」の存在
何やらバザールのどっかの茶屋にたむろしていて
極秘裏に裏世界のツアーを開催してくれるという怪しいおっさん

アフガンの銃売買所の見学やら
トライバルエリアへの見学やら
何やらあやしすぎる場所へ連れてってくれるという

このババジイ情報は5年程前までは確実に存在する。。

どこにいるかも不明確なおっさんに会いに
実際にババジイツアーを経験した旅人は数知れず

いやー実にバックパッカーらしい情報だ
パキスタン黄金期万歳な話

その中にあった中で超興味をそそられたのが

「パラリラトラックパーツ製造所見学」

なにーー!!あの愛して止まないパラリラトラックが生まれる瞬間…
こ、、これは気になるっっ!!


そうなのだ、ペシャワールはパキの代名詞ともい言えるパラリラの本拠地だったのだ!!


その事実を裏付ける衝撃の瞬間を我々は目撃した

⑧

⑨

⑩

!!!!!
街を走る普通の市バスが…
超絶パラリラモード!!!

なんだこれは
ただの市バスがこのクオリティ!!
この伊勢海老みたいな角とか鎧とか、本家トラックを数段上回ってるよ!!

内部もものすんごい派手さだった(撮影失敗…)

市バスどころかよく見てみると
スズキ(相乗りバン)もトゥクトゥクも
はたまたバイクや自転車までパラリラ仕様になってる…!!

こんなの他の街じゃ絶対ない、、
さすがペシャワール!!!


いやぁ、もう、、パラリラ好きにはたまらない。。
のっけから大興奮のペシャワール
なんだかワクワクする匂いがプンプンしてる


旧市街には沢山のバザールがある
エジプトのハンハリーリみたいなごちゃごちゃさと
でもインドみたいな泥臭さがあんまりない丁度良さと
古き良きを今でも十分に堪能できるここ

⑪

⑫

⑬

たった一日の観光だったけど、バザールをぐるぐると歩きまわった

ペシャワールは今となっては観光客が皆無だからか
外人が珍しいのか、どこに行っても笑顔で話しかけてくるパキ人に囲まれる
久々の写真撮ってよオンパレードと都市部の喧噪に
とにかく活気がある賑やかさにわくわく


チキン丸焼き
⑭

歩けばどこでも人だかり
⑮

びっくり牛一頭綺麗に皮剥いでる
⑯
これはこの後大人3人で担ぎあげた…

こっちも衝撃、毛皮剥いでるっ
⑱

かわいい八百屋の息子
⑰

今が旬の超おいし~い桃!
⑲


いや、もう久々に熱気に興奮した
面白い、ここは本当に面白い街だ
そして人もびっくりする程良い人、みーんな笑顔で手を振ってくれる
おっちゃんが美味しそうに食べてたデザートをこれが食べたい!って注文したら
おごりだよってお金を払ってくれちゃう

裏路地を迷ってたら案内してくれた子達
⑳

じわーーっと暑いから、みんな川へダイブ!(汚水だけんど)
21

22


いやぁ、ペシャワールは暑かった
天気予報で見るような45℃って程でもないけれど
今までにない湿気の高さとじとーっとくる不快な蒸し暑さに、
あんまり汗かかない私ですら汗だらんだらん
2人共ひたすらアイスとジュースを求め続ける

あかん、、これは北部とは全く違う世界っっ

23

確かに色も空気も何もかも北部ののどかさとは全く違う
でも、この熱気と人なつっこさが最高に良い!!


夜のペシャワール

24

25

26


実際に数日前に付近でも爆破テロがあったと言う
ごちゃごちゃしてる気のいい下町も危ない街である事には変わりない
地元人も「今は情勢が悪いから」って嘆く

でもこの街の印象は
今まで以上に笑顔で陽気な人達って事だった

そんなパキスタンの「今」
通り抜けながらペシャワールを覗けて良かった
表と裏が共存するのが信じられないような街だった

ここも安全であれば
もっともっと面白い街なのに
悔しいね、何だか


通りを眺めながら、パキスタン最後の街に興奮をし続ける

27


最後の最後にして
パキスタンへの興奮が止まない

後2日で愛すべきこの国を抜ける
パキスタンには、想い入れがありすぎるなぁ

28




スポンサーサイト

  « さよならパキスタン、ただいまインド  ~再び訪れる、徒然旅~ »

Comments

Leave a Comment

09 | 10  (2017) | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。