Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Portugal

ユーラシア大陸の果て

古めかしいガタゴトが聞こえる
石畳の坂の道
①

いやぁ、ポルトガル
いいところです


毎日のお散歩コースはお決まりで
宿からまっすぐ30分で海に着く

この広場にご挨拶して
②

この門をくぐったら
③

海なんだよねぇ
④



ポルトガルと言えば
ポルトガルと言えば
ずっと行ってみたかったところ


「ユーラシア大陸最西端」


ここしかないでしょう!!


バックパッカーでポルトガルに来た旅人なら、ほとんど皆行くでしょう
地の果てに、旅のロマンを感じに、いってきました


本当のさきっちょ、ロカ岬はリスボンから50kmほど離れてる

まずは鉄道に乗って
⑤
久々の鉄道は思いのほか快適で、ちょっと新幹線気分
おやつ取り出して、いい気持ちになって、昼寝をしようかと思ってたら
40分の走行時間はあっという間だった


到着したのはシントラ駅
⑥

⑦
駅の時計もかわいいね


シントラは丘の上にいくつもお城がある、ポルトガル内で有数の観光スポットだ
いやでも、目指すはロカ岬だから
まっすぐに向かうのだ

駅からはバスに乗っていく
この日は鉄道・バスの乗り放題券を購入したので、なんだか乗るたんびに得した気分ー

⑧
Cobo de Roca
ロカ岬行


くねくねした細い道をバスは一気に駆け抜ける
よくこんな細い路地を走るよなぁ、と段々気持ち悪くなっちゃうよね

気持ち悪さにうつらうつらして、またもいい気分になった頃
バスは岬に到着した


一歩降りると、もう目の前だった

⑨



あっという間に、着いてしまった
ロカ岬!!!

⑩

⑪


目の前の大西洋に向かって立つ十字架の碑
ここにはこの言葉が刻まれている


ONDE A TERRA SE ACABA E O MAR COMECA

「ここに地果て、海始まる」


そう、大航海時代が幕開けして、アメリカ大陸を発見するまでは
ここが地の果てで、ここから先はずっと海だと考えられてたのだ
昔、本で読んだ
その果てには大瀑布みたいな裂け目が出来て海が落ちてるって


バカでかい、でっかいユーラシア大陸の一番端っこに来た

⑫

南アフリカの喜望峰は、陸路で渡って来ただけに到達の感動があったけど
今回は、ひょいっとおいしいとこどり(笑)
でもね、旅人なら憧れるよね、先っちょ

ちなみにここにも最西端到達証明書とゆーのがありますが、、10€以上もする!!
キリマンジャロと赤道と、証明書マニア率が上がってたけど、これはあっさりバッサリと


これぞ最南端!!!っていうイメージの華やかな喜望峰と違って
ロカ岬は意外にも穏やかでゆったりとした海が広がってた
⑬

⑭


小さな遊歩道があって、岬をぐるっと歩けるようになってる
⑮

柵をひょいっと超えて
目の前に広がる海を見ながらの、お弁当タイム最高!
⑯



「ここに地果て、海始まる」

この言葉、かっこいいよね
世界がまだまだ西洋が中心だった頃の話
あの頃は未だ見ぬものが沢山あったはず

旅の原動力って、昔も今も変わらないんだな

⑰



ロカ岬を後にして
バスに乗って、シントラまで戻ってきた

ここは古城を見る観光客でにぎわってる
日本からのツアーの人も沢山
小さな小さな駅だけど、お土産屋さんもいっぱいある

⑱

⑲
ポルトガル土産と言えばこの赤いトサカのニワトリが有名らしい


郊外の自然に囲まれて
素朴だけど絵になるとこだったなー

⑳

21

22



首都から少し離れて、大陸の果てを見に
一日ほっこり電車旅

帰り道、見つけた小さい秋
23




話は変わってリスボン

ここは何故か外人が多い

黒人さんに、中国人に、インド人
いつも歩いてる通りは漢字が溢れるリトル中華街になってた
この町で商売をしてる外人が沢山居る
24
商店でザー菜と中国茶を手に入れた!

途中で気づいたうちの宿
泊まってたのはアパートを1フロア貸し切って部屋貸ししてる所だったんだけど

なんとオーナーがパキスタン人とネパール人だった
おぉぉぉ!
私の大好きな国2トップ!!!!

嬉しくって久々にウルドゥー語をしゃべってみる
パキ人のパパは、フンザのカリマバードより更に北の村出身だそう
びっくり、まさかここでその地名を聞くとは思わなかったよ

なんとまぁ多国籍な国
昔からの国際色豊かなのは今も変わらずなのね



そして私達は、町を歩くたびに見つけてしまった

「中華・寿司食べ放題」

わぁぁーーーー!さすがリトルチャイナ!!
これが結構数ある、5~6軒見つけた

ポルトガルでも外食すると一食軽いものでも5€くらいする
それがこの食べ放題だと7€前後
これはもう行くしかないでしょ

25

26

27


滞在4日で2回も行ってしまった
これがまたもの凄いクオリティだった
刺身もあるし、トンカツや焼き鳥も、中華のクオリティも文句なし

旅人の間ではネパールの日本食と
南アの寿司が有名だけど
今まで一回も噂聞いた事ないけど、このポルトガルの寿司&中華食べ放題
一押しでっせ!!!

実はスペインでも中華を見つけて既に何度か行ってしまってる
ヨーロッパご飯も美味しいんだけど
やっぱり、久々中華、、たまんない・・くぅ、、
まぁ右肩上がりな一方だけどね




勢いで行ってみたポルトガルだったけど
大大満喫なのであった

28

ノスタルジーを感じる町で
旅の原点を振り返った気がした




◎おまけ◎
リスボンのアコーディオン弾きは、みんなチワワと一緒に演奏してた
か。。かわいい
29

30

ぷるぷる震えながら、小さい投げ銭入れをくわえてるのを見ると
見かけるたんびにお金を入れてしまう私

あーかわい





スポンサーサイト
10 | 11  (2013) | 12
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。