FC2ブログ
Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: India

6000m峰への想い

ラダックに着いた
ここはずっと来たかった場所

到着して現在3日目

一年中乾季でほぼ快晴の青空が見える…て聞いてたんだけど
まさかの…雨降っております!!!!

標高は3500m、まだまだ寒空が続く日々
相変わらず早速高度にやられて息苦しいです

岩山に囲まれて乾燥したこの町はまだまだツーリスティックとは程遠い

IMG_0907.jpg

IMG_0910.jpg

ほのぼのとした温かい雰囲気の町



ラダックは回りをカラコルム山脈・ザンスカール山脈・ラダック山脈に囲まれて
エベレストの人気には及ばないけどここもトレッキングの宝庫
どう山に関わろうかと事前に考えていたのは以下のプラン

・バイク山岳ツーリング
・エージェントで一週間程度のトレッキング
・テントをレンタルしての自力トレッキング

ガイドブックにはほとんどその詳細は書いてない
現地についてから詳細をと思って地図を見てみると、なる程山だらけだ
その中に「ストック・カンリ」という山名がある
んーー?どっかで聞いた事あるぞ、ラダックの山だったのね

調べて見てみると、難スキルなしで登れる初級向け6000m峰との事
それを聞いたら、そりゃむずむずむず

そろそろトレッキングではなくピークハント登山がしたいと思ってた今日この頃
でも無理…だよね?6000m峰だよ?でも登りたいかもストック・カンリ
むずむずしながらそっとかずに耳打ちする「行けたら行こう!!」



そんなラダックに入って初日の計画

高所には美味しいベーカリー屋有り!が定説となってる私達
ここにもありましたベーカリー万歳!!
しかもネパール以来のケーキのラインナップの充実度

まずは到着祝いにケーキで乾杯

久々のアップルケーキとチョコナッツタルトで至福の時を過ごしてると
隣に1人の欧米人

話を聞けばこれからストック・カンリ登山を計画中との事


イターーーーーーーー!!!!
実際にイターーーーーーー!!!

もうこうなったら運命なのだ
運命道連れ

ワシらも一緒に行きたいござる!!!!
という訳で相乗りが決定した



町はどこもかしこもトレッキング会社で溢れてる
詳しく話を聞いてみると
びっくりストック・カンリは6135mなのに4日で登れるそう
そんな簡単にいけちゃうの!?って不安になるくらい大募集してる
でももちろんフル装備

ザイル・ハーネス・ピッケル・アイゼンの完全冬山装備


海外登山をしたくて日本で冬山登山の経験を積んだ
冬季赤岳は海外登山の登竜門
山の師匠に引っ張ってもらった西穂高独標
単独行も挑戦しながらの山修行
でも3年そこらじゃまだまだ甘い

そしてかずは残雪期涸沢までと雪山登山の経験はない
もちろんギア使用も初だ

この状態でも6000m峰行けるととのボス
断然不安、でもアタックしよう
そう2人で決めた

運が良ければまだ遥か先のパキスタンK2峰が見えるかもしれない

今現在パキスタン行きはアライバルビザ取得不可能でほぼ諦めかけてる
でもここでK2峰が望めたら、もう思い残すことはない

ギアチェックの日、大分劣化してる装備を見ながら不安で一杯
トップは-15℃、でも薄っぺらなジャケットでいいの?


6000mという高所登山経験を稼ぎたいという訳ではない
でもピークハントの経験、これが欲しい

これから先、登りたい山は沢山ある
トレッキングでなくトップを狙う事
それがここから先の目標だ

モロッコ:  ツブカル
ケニア:   Mtケニア
タンザニア: キリマンジャロ
ウガンダ:  ルウェンゾリ
エクアドル: コトパクシ
ペルー:   ブランカ山群
ボリビア:  ボリビアアンデス、ワイナポトシ
アルゼンチン:フィッツロイ山群
チリ:    パイネ国立公園

もしここで経験を積めたら、、
もしかしたらユーラシア最高峰エルブルース(ロシア)もいけるかもしれない
もしかしたら南米最高峰アコンカグア(アルゼンチン)もいけるかもしれない
もしかしたらの夢はどんどん膨らむ

一般人として登れる限りやってみたい

もちろん限られた時間の中で全てのオンシーズンを狙って周るなんて無理だ
予算だって限られてる
この中で幾つ登頂出来るだろうか

でも野望を唱え続けること、これは私のポリシーなのだ


5年前に絶対行くと思ってから
資金を貯める事、仕事を辞める事
これは気合が入れば出来る事

出発する事が夢だったあの頃
でも口にし続ければ、今こうして現実になっている
出発したのなんてほんのスタートラインなんだ


夢は叶う
叶える為に前に進みたい

だから野望を唱え続けよう


丁度アタック中に出発して半年を迎える
登頂できてもできなくても、ここが一つのターニングポイントになると思う

6000m峰への想いは熱く、不安でいっぱいいっぱいだ



今いる宿はキッチン付
屋上で調理しながら後にあるストック・カンリをじっと見続ける
IMG_0917.jpg




スポンサーサイト



05 | 06  (2012) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR