Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: China②

ありがとう、上海から。


上海にやってきた
①

超高層ビルが建ち並ぶここは香港にも負けず劣らず
8年前に会社の研修で来た時の風景はこんなだったっけかと思う


ユーラシアを歩いて
アフリカに渡って
中南米を駆け抜け

メキシコまでたどり着いた時にゴールかと思ったら
まだまだ周りたい所があって

再びアジアに舞い戻って、東南アジアからここまで来た

2年の予定だった旅はいつのまにか3年を過ぎた

旅のゴールの地点になった上海


日本と同じようにキレイなメトロに乗って
まだ早朝の空気の中、地上に出た時は不思議な気持ちだった

②


あと一日

一日でこの町を出る
この国を出る

この旅が終わる

なんだか信じられない気持ちでいっぱい


目の前には国際フェリーのターミナルの看板があった

③



宿に荷物を置いて繰り出したのは
上海イチのTHE・観光地で
上海イチ中国らしさを醸し出す豫園商城
④

思いっきり作られた中国だけど
このインパクトが嬉しかった

⑤

⑥

⑦


ハマっとりまっせ!
⑧


ずっと探してた手彫りのハンコ屋を見っけた!!
⑨


すぐにオーダーして、お金を払おうとしたら現金が足りなくて
お金をおろしに行こうと思ったらカードを宿に忘れた事に気がついて
どーしよ!!って探したら財布に5000円札が一枚
両替所を探しに駆け回る事30分以上

こんなハプニングも初めてで、めちゃくちゃ焦ったこの時
無事に手に入れた最後のお土産は、会心の出来だった

初めての2人の白旗ハンコに
11月に生まれたお姉ちゃんの赤ちゃんへのプレゼント
⑩
早く早く、まだ見ぬ甥っ子に会いたいのだ



上海ラストナイト

⑪


香港で食べれなかった小龍包を見つけて
⑫


「いつもの」な食堂で豪華に頼みまくって、
久々に2人で開けた青島ビール
⑬


「いつもの」じゃない
白飯には珍しいお洒落なBarで
カクテルなんぞを飲みながら、上海の夜景に酔いしれた
⑭

⑮

「いつもの」じゃないのも、たまにはいいよね
でもそんな特別が、キュンと切なくなっちゃう夜だから
上海の夜景が切なく映る



この日の夜は中々寝付けなかった






(嘘)





夜行バス、空港泊と移動がぶっ続いてた今
最後のパッキングをした後、ドキドキを感じながら
3秒後にはふわふわの布団に撃沈した。





出発の朝

冬のキーンとした空気が心地良い

⑯

前よりずっと軽くなっちゃった荷物が、寂しい



ウイグル麺屋の人懐っこい女の子
⑰


電柱に干してある洗濯物
⑱

路上で朝から香ばしい匂いがして
⑲


全てが愛おしくってたまらなくて
永遠にこの空気の中に埋もれていたくなる
旅を知った旅人は、旅する事をやめれない


思わず言っちゃうよね
「え?この船ってウラジオストック行きでしょ?」
⑳
このままロシアにINしてシベリア鉄道に乗ろうよ
極寒の中、カニ漁手伝って稼ぐか
それも有りだな。



それでも、その時はやってくる
21


大きな荷物の中国人の中から片言の日本語が聞こえて
そう思ったら流暢な日本語が聞こえて、中国人みたいな日本人もいる
少数ながら一際目立つのはバックパックの欧米人達の姿

荷物チェックを終えて、スタンプをあっけなくポンと押されて
タラップを渡って、大きな鑑真号に乗り込む

たった一日だったのに
上海の街が恋しくてしょうがない
22


汽笛が鳴って
陸とのロープが外されて
ゆっくりと船は動き始める

12月20日
船は上海を出港した
23


鑑真号ってその昔から旅人には有名な船である
上海と関西を2泊3日かけて渡る
今時そんな時間をかけて船

ゆっくりと時間をかけて
その時間をかみ締めながら
日本に帰りたかった


船は九州上を通って
関門海峡を抜けて神戸を目指す
24

船旅と言えば、色々と思い出は尽きない
ナイル川を下ったスーダンのオンボロ船
モロッコからスペインに渡り
フランスからドーバーを越えてロンドンに入った
中米のニカラグアのでっかい湖も渡った
一番面白かったのはやっぱりハンモック持参のアマゾン河下りだな


そして今、真っ茶色な揚子江を下る
25
うぅーーーん、汚い。


一番安い「二等和室」は
この船で一番快適と思われる最高の空間だった

万年床、ゴロゴロしまくり
26
うぅーーん、酷い。


300名以上定員の船は、今日は100人程の乗客だそう
これでもかなり多いみたいで、ひどい時はすっからかんだそう

でも、わざわざ時間がかかる手段を選ぶ人達だから
ここには面白い人達が集まってる
日本の会社に数年研修に行く中国の研修生達
リタイア後に日中を行き来する夫婦
日本に帰省する家族
アジアの旅のゴールに日本を目指す欧米人


船の出会いは濃くって
ちっとも退屈する暇はなかった


荒波に揺れる船内で白熱した、
日・中・仏・英、卓球大会
27


最後には鍋を持ち出してラケットにするわ
乱れ球のコントダブルスが始まるわ
お腹かかえてみんなで笑った
28


そんな盛り上がった卓球で
超スーパープレイを見せた中国人のMr.テンさん
「今夜は俺がおごるから!」って揃ってディナーに招待してくれた
29
グラスを置く事は許されません
ワインとビールがガンガン進むよ
30
Mr.テン、相当の大金持ちでござい


そして引き続き始まるカラオケ大会
いつの間にか大勢の人が集まって賑やかな大宴会
31

32

33


なんとも多国籍なカラオケだけど
麒麟ビールを空けて、松山千春なんかを聞いて
「いよっっ」とか言って手拍子して

あぁ、もう日本だな、こりゃ。




こんなに飲んで歌って笑ったのは、ほんとーに久しぶりだった

腹抱えて笑った
最高の出会い


だからもう、こういうのは止められない

船で日本に帰ろうって決めて、本当に良かった

最後の旅路はこんな面白い時間だった



もう少し
あとちょっと

もっとゆっくり

この時間が終わらないままでいて欲しい


そう思い続けても


船は順調に海を渡っていく




澄み渡った真っ青な空と海

吐く息は真っ白で

冬の匂いがする空気は何かが違う


朝陽を浴びて甲板に出ると、目の前には神戸港が見えた


34



航海44時間

12月22日


ふるさと日本

無事に到着です。








スポンサーサイト
Category: China②

熱烈歓迎美味香港

香港滞在
2014.12.17-18


陽朔から最後の夜行バスに乗って、目指すのは香港

香港って国旗も独自通貨香港ドルもイミグレもあるけど
マカオや台湾と同じく中国の自治区の一つなんだって
完全な独立国だと思ってたけど、そうではないみたいだ

地図で見るとこんな感じ
香港地図
中国本土から陸続きの半島に
空港とディズニーランドがあるランタウ島
高層ビル街がある香港島
これに小さな島々が沢山あつまって形成されてるそうな


夜行バスに乗って、明け方
中国本土のはじっこ、深川駅に向かう
①

駅の端っこには
「ホンコンコチラ。」
②

なんと、駅中にイミグレが存在したのだっ
③

駅の中で荷物チェックとイミグレを通る
中国の出国スタンプは押されるけど、香港ではスタンプは無くって入境の紙っぺらをもらうだけ
出国審査が終わると、そのまま改札に直結してて
超キレイなエアポートリンクに乗って中心地の九龍地区に行ける


中国本土からのお手軽香港。
1時間もしないうちに着いちゃったよ!!

④

⑤

⑥

おぉぉ!
この道路にはみ出て車スレスレの看板達、TVで見た事あるよっ

ビルが隙間なく建ち並んで、メイン通りは完全なブランド街
ごちゃごちゃしてるけど、小奇麗な感じは中国とはやっぱちょっと違う

歩いてたら、路上に並ぶセイロを見つけた
⑦
飲茶ーーーーー!!

キタキタキターーーーー!!
ここは飲茶の本場
やるしかない・・・・

香港滞在2日
思いっきり楽しみ鱒。


香港の九龍と言えば、バックパッカーに有名なのは重慶マンション
深夜特急時代から、その前ずっと前から存在する安宿や両替所が集まる大きなビル
これがかの有名な重慶マンションっっ
⑧
想像したよりもずっとキレイで、まだまだ現役バリバリの宿ビル

「トケイアルよーニセモノアルよーー」とインド人に囲まれて
中に入ってみると、びっくりのインド商店だらけ
隣にはウルドゥー語があるパキスタンのご飯屋もあったり
ここは完全に香港とは異国の地だった

ショーケースの上で、インド人と一緒になってターリーをつまむ
31
インド人とわっはっはと談笑して、インド人と肩を組む
あぁ、今からすぐにでもインドに飛んで帰りたい。。

このいかにもな胡散臭い空間
ごちゃまぜな感じ
重慶マンションはガンガンに旅心をくすぐられる場所だった


で、私達が泊まった宿は重慶ビルと別の、日本人宿ラッキーハウス
⑨
おんぼろのせまーーいビルにあるこの宿は
香港に昔から住んでる日本人のおじいちゃんが経営する宿

ガムテープで仕切られてる狭い部屋に、ボロボロの手書きの案内板
エジプトのサファリ宿を彷彿とさせるカオスっぷり
でも、香港は中国より更に物価が上がって
ここのドミトリーですら一人1500円というヨーロッパ並のお値段なのである

受付の奥には久々に「情報ノート」があった
香港は旅の始まりと終わりが交差する、色んな旅人が集まる場所なんだろうな
ネットが普及して頻度はガタ落ちだけれど、それでも今でも新しい書き込みは途絶えない

ボロボロのページをめくって、私達も書き込んで日付を書いてサインした
これが最後の、情報ノートだ



~香港町歩きっ~


裏路地には青空市
⑩

甘タレがかかったチャーシューをぶった切るおっちゃん
⑪

干しアワビ!!
⑫

香港と中国の国旗が交じる
⑳

歩いてると、びっくりする程多い日本食屋
⑬
吉野家に寿司屋に居酒屋
コンビニの商品も
⑭
タイや中国も日本製品は多いけど、ここは完全にジャパンだった


ごちゃごちゃした通りを抜けると
ドーーーンと出てくる高層ビル達

⑮
都庁ロボットみたい

ビクトリア湾を挟んで見る香港島
⑯

ブルースリー居た!!
⑰

港町を見ると、毎回みなとみらいみたいだねぇとホームを思い出すのだけれど
桜木町と比較するのは申し訳ないくらい、すごい規模の香港なのです
シンガポールもバンコクも香港も、アジアの大都会は半端ない


このビル群、夜になるとすんごかった

これぞ香港
これぞ100万ドルの夜景
⑱
毎晩8時になると始まるライトアップショー
港にはショーを見に沢山の人が集まるのだ

⑲
でーとでーと

丁度クリスマスって事もあって
イルミネーションでいっぱいで素敵だった
21

22
町はブランドの買い物袋を持った人でいっぱいで
物価は本土よりずっと高いのに、景気の良さは段違いに見えた

看板達も夜になると負けじと輝く
23


昼の喧騒もいいけれど、香港は夜が綺麗



そんな香港を楽しむ、最強ガイドを発見した
じゃーーーーーん
24
るるぶだっっ!!!

るるぶってば凄い
香港と言えば「食」である
美味しそうな写真が満載で、見てるだけでおなかが空く

るるぶを読んで、名店をチェックし
るるぶを読んで、作法を学んで
そしてるるぶを片手に我らは乗り込んだ

来・ちゃ・っ・た♪

キャーーーー!!!
25

わーーーぉーーーーー!!!
26

飲茶とは、お茶を楽しみながら点心を頂く事
でも点心に集中してしまうのは致し方ない事でしょう

頼んだ飲茶は全15品
最後のデザート2品まで美味しく頂いて
涙が出ちゃう
なんとも美味しく、豪華なお食事でございました

その中でも群を抜く絶品は
定番だけれども、海老蒸し餃子なのでした
27
いやぁぁぁぁぁぁ

ぷりっぷり


あぁ、香港に来て良かった。。。
熱烈歓迎美味香港っ


我ら、白飯
名実共に「肉食公司」なり。
28
食い倒れ珍道中は止まらない

旅中に20キロ以上落ちたかずの体重は順調に戻りつつあり
私は、、、言うまでもない。

タピオカやマンゴーのアジアデザートに
極旨チャーシューご飯
お刺身に熱々をかけると火の通りが絶品のお粥
ぷりぷりのエビワンタン麺
アンコたっぷり入った柔らかお餅
29

30
えぇぇーー中国も美味しいのに、香港てばなんて美味しいんだろう・・


旅の最後は財布の紐もズボンのゴムも緩みまくり
ラストスパートかかってまっせ


食ついでに
念願叶って、やっと手に入れました
「中華丸まな板」
32
これね、詰まった木で出来ててめちゃくちゃ重いの
でもねー持って帰るよ!気合入れて

ネパールの石の表札もあって
世界各国の食器と鍋もあって
グァテマラのエプロンもあって
この中華まな板もあって

白飯食堂は開店準備万端

これで世界中のおいしーご飯を作れるようになったら
皆様是非是非我が家に遊びに来てくださいな♪


あ、家ないんだった。






1泊2日
思いっきり楽しみました、香港
33

二階建てバスから町を見て、大興奮の図。
34



そしていよいよ、最後の地へ向かう


と思ったら、エンジョイしすぎて時間がなくなった


日本に帰る船に乗るため
タイから上海までは陸路で駆け抜けようと思ったのだけど
どーもうっかりタイムリミット。


ここは電波少年的大人の手段を使おう
視聴者には内緒なんだけども


35
いやぁ、春秋航空ってば安いのよねぇ~


バンコクで2人が合流してからちょうど一ヶ月
タオ島に行ってカンボジアに行って
ベトナムを抜けて、中国、香港

一ヶ月なんて到底無理っしょ!って思ってたけど
やれば出来るもんだ

この一ヶ月は超弾丸だったけど、毎日が濃くて濃くて
今ある全ての事を全部吸収しようって必死だった
疾走しすぎて面白いおかしい日々だった

でも全部の事を楽しめるのって、やっぱり二人で居たからだよね
その事に、何よりの感謝


こんな風に移動して行くのも最後
最後最後、全部が最後
え?もう明日でラストなの?
嘘でしょ~
え?ほんま?



船が出航するのは12月20日

これまた最後の空港泊をして

36


私達は12月19日未明、ついに上海に降り立った




Category: China②

水墨画の世界へ

薄曇でどんよりとしたベトナムのハノイを出発する

目指すのは、この旅最後の国
3度目の中国
広西チトワン自治区の南寧へ

外国人が誰もいないバスに乗って、国境までは順調に着いたのに
1つしか空かないベトナムのイ出国窓口に大勢の人が殺到して長蛇の列
出国スタンプをポンと押すだけなのに1時間半も待って
そこから中国側に向かって、結局イミグレを抜けるだけで2時間半もかかった

よく分からないままに並んで待って、乗り換えのバスを待って待って待って
最後の国境越えは今までの中でも結構面倒くさい国境越えだった
いやぁーーちかれたび!

漢字の国にようこそ
①
ベトナムの事は「越南」って書くんだって


中国はでっかい
旅の最初に訪れたのはお隣の雲南省・四川省
中央アジアを抜ける前に寄ったのは新疆ウイグル自治区
そしてこれから目指すのは上海まで
中国の一番面白い部分を周ってこれてる気がする

でっかいね~上海遠いね~~
これをわずか10日で駆け抜けようと思うのだ
えー!?いけるんか?!
中国地図
地理知らなかったけど、石垣島ってほぼ台湾だね!!


中国玄関口、南寧の大都市に着いた時はもう暗くなってた
中国って、外国人が宿泊出来る宿探しが面倒くさくって、事前に調べとかなきゃ困る事が多い
一応調べといてはみたものの、一泊しかしない南寧でバスターミナルの近くに泊まりたかった

どうしようか~この辺宿なんて見当たらないな~と暗くなった中で困ってたら
食堂のおっちゃんが声をかけてくれて、最初の宿は高層マンションの一室に泊まる事になった
宿探し難関の中国で中々おもろい一発目。
どうにかなったよ、なるもんだねやっぱし、笑

とゆー訳で、さい先良くって嬉しくって
丸一日の国境越え無事にお疲れ様、初中華っっ!!!
んーーーーーまーーーーーーーー!!!
22

②
この日のご飯は木桶飯ってその名の通り木の桶にご飯が入ってた
茄子炒めと豆腐炒めが乗ってて、安定の旨さ中華万歳なり!!!

我らは3度目の訪問で多少の漢字は予測できるようになったものの
まだまだ中国の四文字熟語メニューには頭を悩ます
③
最近覚えたのは、腐竹=湯葉って事。

まずは中華に舌鼓打って、一泊だけの南寧
こんな高層マンションに泊まってました
④
お値段、値切って80元(1600えん)
中国ってばけっこー高いのよ><


さーて、向かうよ中国ラスト旅!
どこに行こうか迷って迷って決めたのは桂林周辺
⑤
日本でも桂林って観光地としてとても有名だと思うけど
これぞチャイナって感じの水墨画みたいなにょきにょきした山に仙人がいそうなあの風景
これが最後に見たかったんだよね~ぃ


だけど、桂林は観光の中心部かつ大都会らしいので
目指すのは桂林から70km離れた陽朔って町へ
(陽朔、ようさく。中国語読みではヤンソウ)

経由した桂林では、とゆーと

ほっ
⑥
いや~ん、胡麻団子~♪

路上で点心~~♪
⑦
ショーロンポー、チャオズーーーー!

うぅーむ
ベトナムで相当食い散らかして来たけれど
食の本場は中国に有り

日本に着くまでに私達はどーなっちゃうんだブー
既に楽チンタイツ生活は始まっているのだ
食い倒れ珍道中。


陽朔までの道のり


むむむ

出た出た

にょきにょき!
⑧

実はこの風景、陽朔に来る前から
更にはベトナムの国境付近からずーーーっとある
既に何百キロもにょきにょきの道は続いてるのだ

これってごく一部の中国の秘境の山奥の風景だと思ってたけど
かなりの広範囲のにょきにょき地形だった

その中でもにょきにょきの本場、陽朔
こーんな感じのとこでした

⑨

⑩
おぉぉぉぉ
にょきにょき連投!!


周りをあちこちこのとんがり山に囲まれてて
どこからでも見渡せばにょきにょき

町の中にも小さなにょきにょきはいっぱいあって
こんな風にライトアップされててカッコいい
⑪
うーん、とってもチャイナ4000年の歴史っ

桂林観光と言えば、このにょきにょき山を眺めながら璃江という河下りをするのが有名で
桂林をスタートにして陽朔がゴールになる感じで河を下っていく
陽朔もとっても観光地なんだけど、規模が小さくて生活感溢れる所がいい感じ


町中には三輪オートがいっぱい走ってて
⑫

この雰囲気が好き
⑬

路上セイロ
⑭

歯医者の事を牙科っていう。歯ブラシは牙具
⑮
ドアの先、すぐ施術台だぜぃ

中華は菜っぱ類が豊富でおいしい
⑯
このスカート、ベトナムサパの民族刺繍ものでお気に入り♪
緑のスカートをはいて、ネパールの新しい黄緑のダウンを着て、緑のリュック背負って
緑いっぱいの青空八百屋を眺める、みどりガール。


レンタサイクルをして、ぐるり走ってみる
自転車DEゴーっ
32

⑰
最近はアンコールワットもベトナムも自転車やバイクで自分の足で周れてる
普段自分で運転するなんて中々ないから走るのがめちゃ気持ちいーね!

おばちゃん達の焚き火に入れてもらた♪
⑱
カンボジアでは30℃以上だったのに
今はもうダウンも手袋も必要になってきた
段々と季節も文化も日本に近づいてって、徐々に順応中なのです


町を出るとすぐに田舎になって、続くのはずーーーっとにょきにょきの風景
⑲
お天気はちょっとイマイチだったけど
こんな霞かかってる時の方がにょきにょきは神秘的に見える
今にも仙人が出そうだ

サイクリング中国、いいねー!
⑳


この日は30キロ以上走って、またもお尻が4つに割れそうだった
走ったらおなか空くもんねー
21
配給係の人、ご飯が漫画盛です


帰り道、学校があったからふと寄ってみたら
にょきにょき山の下で中国雑技の丸秘特訓が行われてた!!
23
さすがっス中国。
超人技も日々の積み重ねなのだ



次の日、璃江の中腹にある興坪という小さな町に行ってみた

24


興坪古鎮、古い町並みが残ってる所
25

26

中国は観光地の作り方が上手
雰囲気を残しながらお洒落なカフェや宿を作ったりする
でも、そういう素敵なとこのコーヒーなんてちょっと手が出ない程のお値段なのよねぇ(涙)
入場料なんぞはびっくりするほどお高い
意外にも観光大国なのである、チャイナ

ここは璃江河下りのメイン所になるみたいで
客引きや、桂林から下ってきた人で河はにぎやか

河沿いをのんびりと歩いてみる
いー景色!!
27

ここは中国の20元札の裏の絵になった場所だそう
28

すごいねー!中国広しなのに、数ある景勝地の中で
この桂林璃江の景色が描かれてるとは!!
まさに水墨画そのもの
ここは中国のイメージそのものの場所なのだ


この日はお天気もよくって、ぽかぽかで
なんともお散歩日和
興坪の小さな町はおだやかな雰囲気でいっぱい

町中であちこちで見るのは
おじちゃんおばちゃん達が路上で集まってる姿
29

30
将棋やトランプのカードゲームなんだけど
お金がバンバン飛び交っててみんな真剣勝負
こーやってご近所さんが仲が良くって外でわいわい集まって
いーね、こういうの

中国版のトランプ!
31

河沿いをのんびり歩いて
おっちゃん達の一勝負を覗き込んで
タピオカ入りジュースを飲んで一休みしてたら
隣の店のお姉ちゃんが声をかけてくれて
どっかいいとこある?って聞いたら、おすすめを教えてくれた

なんと、あのニョキニョキ。
登れるんだって!!

えーーーーー!
それはもう行くしかないよね!ありがとう姉ちゃんよ!!

GOっっ!!
33

ニョキニョキはありえない角度でそそり立ってて
下から見上げれば巨大な垂直の岩
でも感度がいいのか、あちこちのてっぺんは電波塔みたいになってる

緑の中をあるく~
34

そのうち急な階段になって
垂直なハシゴなんて出てきちゃって
最近肥えた体にはキツイんだけども!!


ふーふー(ブーブー)言いながら登ること30分

てっぺんはすんごい景色が広がった

35

目の前はずーーっと続くにょきにょきの山達

今まで世界中のあちこちの景色を見てきたけれど
度肝抜かれたここ、不思議な世界

自然の作る地球の姿は、本当に色んな形をしている

最後にこの景色を見れて良かった


にょきにょきのてっぺんに登れたよ!
36

かずさん、仙人になるの巻
37



この日、バスの中から見た夕陽は
ニョキニョキの山の後ろに真っ赤な太陽が沈んで
ちょっと感動しちゃうくらい綺麗だった



やっぱりこの国は面白いよ
景色も人も食べ物も、パワーがみなぎってる

早口でまくし立てられて、タバコの煙真っ白だけど
でも話してみると、いー人なんだよ中国人

私もかずも、中国はかなーり好きなのである


38



駆け抜けるよチャイナ旋風!






05 | 06  (2017) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。