Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Nepal

第一章、ネパールにて完了!

デリーからネパールのカトマンズまでは直通バスが出ていた

運ちゃんの仮眠を取りながらのゆっくりバスは
なんと40時間
今までで最長の移動記録だ

水が張られた水田とゆっくり歩く水牛がいる景色
きっとベトナムはこんな感じなんだろうなーと思う
緑の山が多くなってきてネパールに入った事を実感する


ただいまネパール


出発して丁度7カ月が経った
旅した国は
タイ・ラオス・中国・ネパール・インドの5か国

その内ネパールインドだけで4カ月だ
やっぱりこのエリアは面白い
日本だけでなく世界中の旅人を弾きつける魅力
アジアの混沌さの中でも東南アジアとははっきりと違う土地

一言ではとても言い表せないけど
30年たってこの国に訪れたら、もうこんな世界ではなくなってるかもしれない
それでも人間臭さの根本は変わらないんだろうな
肌で感じるこの国の臭いが好きだ



中国に向かうフライトに乗る為に
しばしカトマンズで準備体操をしよう

タメルの滞在時間はわずか5日間
前回一か月もゆるり生活を送ってたこの場所で、やる事は沢山あったのだ


丁度一区切りをする時に
落ち着ける場所があるって最高だ


お世話になってたタメルゲストハウスに向かうと
なんとびっくり、2週間前にオーナーが替わっていた
おかんみたいなおばちゃんにただいまが言えなくて寂しかった

それでもここはホーム!!
わーいわーい!!ただいまなのだ~~~~~~~!!
①



忙しく駆け抜けた5日間


まずは全ての物をランドリーに!!
しばらく用の無い冬物用品
汗をかきまくった夏物用品
埃をたんまり吸った毛布
その量全部で8kg以上の洗濯物!
今まで一生懸命手洗いしたけど、みーんなプロの手にかかって綺麗になっておいで!!!


そして旅のお供達の修繕
この7カ月で色々とガタがきたのだ
靴を洗って中敷きと靴紐も歯ブラシでごしごしごし
取れそうな靴底はアロンアルファで強化
破れた個所は針と糸で縫う!

役に立ったのはガムテープ
日本産の布ガムテープは強い!!
そんでもってなんにでもイケちゃう!!
ザックの重要な肩部分がほつれ始めた
ここがダメになったら終わりなの
前々から気になってたところをガッツリ補強
ザックカバーの穴が開いたとこもガムテープ
貴重なジップロックも底の補強にガムテープ

②
んん~~~便利品♪

やろうやろうと思いながらも中々普段手を出せない大物達を一気にやっつける
気分爽快!リフレッシュ!!


旅を続けてたら色んな生活の知恵が増えた気がする
ここにあるものだけでどうするか
長く使い続ける為にはどうするか
旅グッズは大切な相棒、ささいな物一つをとっても愛着はある
どうか最後まで一緒に旅できますように!と愛情を持ってメンテナンスをする


日用品の買出しとグッズの新調もした
地元市場のアサンチョークは何度も歩いた
なんでも揃うみんなの市場
③

④
綿棒
トイレットペーパー
シャンプー
石鹸
まとめ買いはお得です
使い切りシャンプーなんて100個も買っちゃった
もう、主婦、満足。ほくほく


市場を歩いてたら、なんと!!
枝豆見つけたーーーーーーーーーーー!!!
これにはテンション上がる上がる

1kg60円の枝豆を大量買い
⑤

屋上ビールと枝豆っっ!!
日本の夏ですなっ

屋上キッチンのかずシェフも手慣れたもの
⑥



一生懸命動いたご褒美にはネパール名物日本食を
だってもう中央アジアに行ったら食べられないもん
ここ最近日本食祭が続いてるけどまだまだいっちゃうよ!!
⑦

⑧
冷しうどん…
手を合わせるしかない

ヒットだった豆腐チリ炒め
⑨

美味しいよぅ、涙



それから温泉にて身を清める
⑩

なんとまぁ癒しのパラダイスだ
お湯に浸かるとAKAって増量するのね!!


最後にお世話になったモウサムに会いに行った
仲良くなったスタッフの皆と一緒に♪
⑪





心も体もスッキリして
エネルギーを沢山沢山充電した

この7カ月の間に旅の仕方も変化してきた
出発した時は手さぐりだったけど2人の役割もなんとなく自然に出来てきた
2人だからこそ協力して支え合う
当たり前だけど、当たり前の事が自然に出来るって結構難しい事だなーと思う


私達の長い旅の中で
ここまでを第一章とする事にした

この先向かうのは中国新疆ウイグル自治区
ユーラシアを西に中央アジアを抜ける
全く足を踏み入れた事のない土地
ここからが第二章だ

心機一転、いってきます!!

スポンサーサイト
Category: Nepal

バイバイねぱーる

待ってた待ってた
はるばる日本から荷物が届いた~~~!!

久々の日本の実家の空気^^
父母の手書きメッセージ段ボールを大喜びで開けてみると、、
①

出てくる出てくる

あたりめ
ごま煎餅
カレーレトルト
とんこつラーメン
さば味噌煮缶
あずき&餅
のりぴー
おしゃぶり昆布
おとんの愛用クロレッツ(食べさし)


一個ずつワクワクしながら見てくと、なんと父自作のTシャツが入ってる!!
②

これは凄い!ありがと父~~~~!!
全部が全部嬉しい贈り物
一番嬉しいのは中に入ってた手紙
大事に大事にしまいます
家族がすぐ側にいる気がして、、日本にあっという間に帰りたくなってしまった


もちろん食べ物以外に今回の重要なミッションが
ネパール初日に盗難にあったクレジットカード再発行の受取
本の間に挟んで無事受け取り完了!

よかった~~~
どうしたものかと困ってたけど、送れるもんだね、ネパール



そこからは楽しい日本食祭の日々ですた。
祭じゃ祭じゃ
③

わっしょいわっしょい
④

気温30度近い日差しの中、アツアツのしるこを作る
これもまたオツ也
受取も完了したので、そんなほのぼのカトマンライフも終わりを告げようとしてます
トレッキングから帰ってきてからタメルに2週間以上
沈没しすぎでしょ!
いやいや、色々やる事あったんですヨ


まずは買出し。

ネパールはとにかく物価が安いのだ
そして山道具屋がいやって程ある
価格は日本の1/5~1/10
これは買うしかない!!!!!!
しこたま仕込んで日本に送り込む事にした

一番欲しかったのは厳冬期用シュラフ
だってスリーシーズンでの雪山は辛かったんですもの!!
貧乏万歳で装備がかなり貧相だった私
ここで買う為に今まで節約してきたのよ!くすん

ダウンも旅用にペラペラのユニクロちゃんを持ってきてたけど
マムートのあったかいのを追加投入(フェイク率95%)

ソフトシェルに
オーバーグローブに
ストックに
雪用パンツに
インナーに…

購入したアウターだけでも計5着
⑤
もう思い残す事はありません
帰国しても山屋な決意をここに!!


そして実家へのお土産に
自分達へのお土産も
旅してて荷物を送れるなんてめったにないからね

こんなの作っちゃいました
新居の表札
石細工の職人さん達の技が光る
⑥

赤ちゃんが生まれる山友達へのプレゼント
ちびっこノースフェイス♪
⑦
今まで物欲は全くなかったけど、こうなったらアドレナリン出まくりですねー
なんたってネパール雑貨はかわいいもん


買い物に費やす事丸3日、
送り返す荷物も含めて総重量は18キロ…
大丈夫かおい

無事に日本に届きますよーに なむなむ




そんな合間にも観光にも色々行ってみました


カトマンズ最古のストゥーパ、スワヤンプナート
別名モンキーテンプル

こーんなでっかいストゥーパの隣で
⑧

猿が人の様に闊歩してる
⑨



古都バクタプルの近くの丘へ一日ハイキングをしたり
やっぱり町を離れて緑の中を歩くって気持ちいい!

片道1時間半、久々の運動です
盆地のカトマンズは本当に周りは小高い山だらけ
ちょっと登るだけで町並みが綺麗な見晴らし
⑩

⑪

のんびりハイキングの帰り道はつかまえちゃった
この旅2回目のトラックヒッチハイク
⑫

岩を大量に積んだ荷台へあぐら
ぼこぼこおしりに当たるくらいが気持ちよし!



帰り道、超衝動買いでパンジャビ(ネパールドレス)を作ってしまった!
まずは袖ぐりの寸法を測る
えっと…思わずきつくて脱げなくなっちゃった、、お姉さん脱がせて!の図
⑬


あっという間にミシンで仕上がり
わーい かわいいー♪
この青色がお気に入り
⑭

日本に送ろうかと思ったんだけど、せっかくなのでパンジャビで旅を続けようと思います


バクタプルの古いレンガ作りの町並みは凄く風情があって好き
ボードゲームにむらがるおじちゃんも談話するおばちゃんもゆったり
⑮

うむ、パンジャビもすっかり溶け込んでるね!
⑲


それからネパールヒンドゥー教最大の寺院パシュパティナートへ
ここではバラナシと同じく遺体を火葬にして川へその灰をまいている
⑯


サドゥーもあちこちで寝そべってる
⑰


頭に祈りのお花をかけてもらう
⑱





大好きな大好きなネパール、2か月近くいてここでの生活がすっかり染みこんだ
宿のおばちゃん、旅行会社のボス、いきつけの食堂、パン屋のお兄ちゃん
みんながみんな、温かい
だからこの国が好きなんだ


子供達はいつでも元気
⑳

22.jpg




でも意を決して明日インドへと出発です
デリーでは100旅仲間とのハイタッチ(2回目)を予定しておりまする
わくわく

スタートはシッキム、ダージリンへ
悪路と名高いバスで向かいます


23.jpg
Category: Nepal

その後のカトマンライフ


トレッキングから戻って早一週間
常宿も居心地いいし、何かと便利なカトマン生活です

帰ってきてから数日は行動範囲が数百メートルだったかも
そんなに急ぎ足の旅をしてない私達でも、一週間以上同じところにいるのは中々ないかもしれない
俗にいう沈没!?いやいや、もっと健全に町の暮らしを楽しんでます



今日はそんなカトマンズのとある日常をご紹介します

トレッキングにいってる一か月の間にネパールも季節が一気に変わったみたい
タンクトップ一枚でも暑い暑い
道には果物の切り売り屋が増えた
①

スイカって暑いと水分補給にぴったり
道を歩いてて疲れたら10Rsであまーいオヤツ

道端の茶屋はネパリで溢れてる
一杯のチャイは暑くたってぐいっといけちゃう
②

でも平日の昼間っから茶屋にいるのはいい年したおじちゃん達ばっかり
ネパールでは女の人の方が働き者っていうけど
温和な男の人達がゆっくりチャイを飲んでる風景も中々いいよね


旧王宮のダルバール広場では選挙の演説をやっていた

③

④

ここでも熱く演説してるおばちゃんが光ってた
そのおばちゃんの話に耳を傾け拍手喝采だったのもサリーを着てるおばちゃん達
ネパールでも女性達が強くなってるのかな



最近の日課は自炊です
めったに出会えないキッチン付宿
節約というより、作る楽しさ それが一番

お買いものをするには路地裏をうろうろ
大通りを裏手に一本入ると迷路みたいな細い路地ばかり

⑤

そんな道を毎日歩くと顔見知りも増えてきたり
こんなかわい子ちゃんに出会ったり

⑥

⑦



野菜は全部天秤を使っての量り売り
玉ねぎ一個からでも売ってくれるのはありがたい~~
⑧

お肉もチーズも目の前で切ってくれて
卵は一個7Rs、いいねいいね便利♪

では、今週作ったメニューを紹介します


・卵とゆかりのおじや
・キャベツとお野菜の醤油炒め
・水牛のお肉と野菜チーズのパスタ
・いわし缶とトマトチーズのパスタ
・ゴーヤと豆腐のチャンプル

⑨

⑩
中々日を追って手の込んだ物になってきます

ここが屋上キッチン
⑪

最近切りものが得意になったかず
ねじりハチマキは必須だよね
ここで活躍するは友人から餞別にもらったOPINELのナイフ♪
ありがとうー!重宝してます
⑫

ガスが弱くっても、鍋一個でも結構自炊って出来ちゃうものね~~
⑬


ほ~ら美味しそうでしょ♪
⑭

⑮

⑯

くふくふ
久々の豆腐のチャンプル、うまかったー!!
醤油は日本の誇る最高の調味料ですな


うちの宿はキッチンで自炊する人が多くて夕方になると屋上は賑やか
夜遅くまで屋上で語り合ってたりして、中々しっぽりいい雰囲気^^
イスラエル人のグループ
⑰



最近パスタや野菜をゆでる時なんかも、水道の茶色のお水でいけるようになりました
お腹も水順応完了したみたい
鍋に入れると底が見えなくなるくらい茶色いんだけどね
ヒマラヤの美味しい川の水がなつかしい。。

でも飲み水はさすがにミネラルで
この水、商店だと1リットル12Rsはする
タイでは水自動販売機があって1リットル1バーツ(2.5円)だったんだけどな~
水は毎日の消耗品、困ってた所宿のおばちゃんがいいものを紹介してくれました

⑱
じゃーん
業務用水
これをこのボトル20リットルで100Rsでゆずってもらいましたー
さすがにこれで生活してる旅人、いないよなぁ笑

毎日ここからプラティパス(水入れのプラスティックバック)に入れ替えるのが日課
便利や…



カトマンズは毎日の計画停電
水道の電気事情の整備はここでは大変な事なんだろうけど
もうちょっとよくなったらいいのになぁ

でも停電も慣れるとどってことないっス
本当に必要な明るさってそんなでもないね
日本での電気の無駄使い、身に染みちゃうよ


停電の夜はパソコンで映画鑑賞会なんぞも(あ、電気つかってるね、、)
タイで友人に大量に動画をもらったので大事に見ております


最近見たのは「深夜特急」大沢たかお主演 96年撮影
言わずと知れた沢木耕太郎のバックパッカーバイブルの実写化
本は旅にも持ってきてる、やっぱバイブルだしね

あの雰囲気を実写で表すのってなかなか難しい
旅の興奮、情感たっぷりなあの臨場感

沢木当時の時代背景だからこそあった旅するハードルの高さ
96年とのギャップはやっぱり否めない

あと大沢たかおの脱いだりのサービスショットも多かったけどね笑

でもでも、これから同じようにユーラシアを歩いてく私達にとってまだ見ぬ土地の匂い
一気に旅心もヒートアップです



これからの予定はというと
インドへ入りダージリン、コルカタ、ラダック、ラジャスタン
2人ともインドは2回目なのでなるべく濃い場所へと向かおうと思います

そこから夏、ウイグルへ飛び一気にシルクロードへ

これが問題
ビザ問題

通りたいルートはもちろんパキスタン
パミール高原のカラコルムハイウェイを通ってフンザへ渡りたい
だってそここそ旅の桃源郷
私のシルクロードへの憧れは強い

でもね、パキスタンビザ
難しいんです…
現在第三国でのツーリストビザの発給停止
昨年夏まで取れていたスストでのアライバルビザも発給停止
行きたければ日本のパキ大使館で申請するしかない

えーーーーー
そんなの無理っっ!!
どうにかこうにか

インドビザの申請のついでにカトマンズにあるパキスタン大使館に行ってみた

⑲


入口の警備員が内線を繋いでくれて
あいうぉなごーぱきすたん!!
を連発


しかしあえなく敗退…
「行きたければ日本で取る事ね」

殺生な…

どうにかならんもんですかいパキスタン
もうしばらく悶々と作戦を練ろうと思います




ネパール脱出まではあと2週間程
のんびり沈没してる訳ではなく、実は日本からの諸々重要品の荷物を待っています

こんな機会、めったにない!
送ってくれる飯田両親、あれもこれもとてんてこまい

そんな事で最近スカイプの回数が増えた飯田家

この日は兄の誕生日との事で全員集合
ちゃーんと私達も入れて写真を撮ってくれました♪
(姉撮影)
20

しかもトレッキング中に誕生日だった私にも
みんなで姉のピアノ伴奏付ハッピバースデイソングを歌ってくれた♪
嬉しいねぃ♪


久々に届く日本の我が家の空気と匂い
楽しみにもうしばらくカトマンズで待ってようと思います


無事届くといいな~~

Category: Nepal

目指せエベレスト! ~わくわく準備編~

カトマンズに着いて早一週間

念願叶って明日からトレッキングに出発です!!
思えば何度会社のPCからカラパタールを検索した事か
この数日で一気にトレッキングの手配を進めてた

我らが挑むのはエベレスト街道
その名の通りエベレストまでの道のりだ

通常エベレストトレッキングは起点が飛行機で乗り入れられるルクラからになる
でも、カトマンズから190km南、バスで行けるジリという町からが昔からのクラシックルート
そこからスタートする事に決めた
ジリからルクラまでは6日の道のり、その昔エベレストを目指した人達が歩き始めたポイントから向かいたい!!

⑩


今回はノーガイド・ノーポーター、自分達の力だけで歩く事にした
ジリからルクラを抜け、カラパタールを越えてエベレストBC
そして戻ってゴーキョピークまでと、鼻血が出そうなゴールデンルート
帰りはルクラから飛行機でカトマンズまで戻る
なんと3週間強の全行程

こんなに山に籠れるなんて、、
アチシ、、もう感無量でございます

カラパタールはこの行程の最高地点5500m
一般人がエベレストを最も間近に見れるポイントだ
ちなみにベースキャンプでは裏側から回る為、エベレストが見えない

ジリから歩く人はそんなにいないみたい
食糧と装備を担いで、自力で3週間
高山病に負けずに無事にエベレストに挨拶して来れるかなーー

⑪
⑫




~ここ数日の準備達~

帰路のAIR手配を旅行会社で手配
日本語がペラペラなボス
ツアーもガイドも頼まないでAIR手配だけなのに、なんでも相談に乗ってくれる本当に親切な人!
ネパールの人はやっぱり働き者でみんな優しい

そんなボスに教わりながらまずは申請手続き

まずはビザの延長申請
30日ビザで入国してる為、戻ってくるのが微妙なライン
聞いてみると事前に延長申請できるとの事!
国によって申請のタイミングもカウントも違うから
こんなにあっさり事前申請できるなんてなんてラッキー!

イミグレに夕方TAXIを飛ばして駆け込んだ所
「今日はもう終わった」とあっさり
そこをなんとか!!

スマイル全開、そんでもって
「トレッキングに行くからもう僕達には時間がないんだ!」
のゴリ押しまくる

ネパールは優しい国です
NO NO 行ってた役人も、、

①

最後にはこーんな笑顔で
パパっと処理して下さった!!!

ありがたいーーーーーーーーーー!!
これでビザ切れの心配がなくなった!!


続いてトレッキングの許可証
これも個人の場合は観光局で自力で取らなきゃいけない
もう16時を過ぎてる、、イミグレから慌てて行ってみると結構なローカルエリア

②


住宅地!?

③


おじいちゃんもヤギと一緒にのんびりだよ


そんな場所を奥に進むと

④
あったーーーー観光局!!
ギリギリセーーーフ


有難く、頂きました
これで行けるぜエベレストっ
⑤



これで手続き編が完了
次はお買いもの~~


エベレスト街道は生活道
標高4000m以上にも村が沢山ある
今は世界中からトレッカーが集まる山間だし、もちろん物資は豊富

けど、町では1L=10Rsの水は山に行ったら300Rs
(1Rs=1円)
全ては山価格なのだ
出来るだけ背負って向かいましょう

そして装備
下界は20度近くあるけど、てっぺんはマイナス20度!!
ほげげげ
そんな環境に耐えうる装備達もカトマンズには沢山ショップがある
便利なレンタルも沢山
寒くてぷるぷるしないように、ダウンジャケットと寝袋のレンタルを致します



以下、カトマンズで我らが準備した物達↓

◆食糧
・クッキー 10Rs×20袋 
・チョコバー 5Rs×80本
・インスタントラーメン 15Rs×16袋
・あめちゃん 大量
・中国で買ったコーヒー 50杯分
・干しブドウ 
・水     1L×10本
・食パン    2斤

◆防寒具
・レンタルダウンジャケット 25Rs=1日
・レンタル寝袋    25Rs=1日
・毛糸の帽子
・ノースフェイクなフリース 650Rs
・あったか靴下
・あったか手袋

◆その他
・トイレットペーパー 8ロール
・地図
・ろうそく  10本
・ダイアモックス(高山病薬)
・水の浄化剤


ふぉっふぉっふぉ
大量である
チョコバー80本って、強烈な量です
欧米人はスニッカーズをこよなく愛するけど、我らはネパール産5円チョコを愛します!!
でも帰ったらしばらくクッキーとラーメンはいいかも、、



町中のアウトドアショップは95%フェイク
でもそんなノースフェイクも素晴らしい!!
万歳だ
⑥


見つけたレンタル屋さん
⑦


1日25Rsは激戦区タメルの中でも破格!
汗染みが付いてる?そんなのモウマンタイ!!!



もう荷物に埋もれるとそれだけで幸せ
⑧

⑮


わっはっは
ほぼ食糧やね!
カメラもばっちり3台、バッテリーもダブルでがんばりもす



でも、浮かれてる場合でなくこのトレッキングはかなり厳しいもの

⑬


富士山で毎回高山病になってる場合じゃない、、
5500m、未知の世界だ
何はともあれ無理をしないで
沢山の人が途中下山して、中には亡くなってしまうケースもある
慎重に慎重を重ねて、そして許されたのならエベレストにご挨拶
安全第一、下山する勇気を持っていってきたいと思います



中国でイモトのアコンカグアとキリマンジャロ登頂の動画も見たし
栗城Tシャツも持ったし
気合は十二分!!
どうか無事に帰ってこれますように


いってきます!!

⑯





おまけに
家族とのスカイプで久々愛犬ホーリー登場♪
⑭

今日は姉夫婦と兄がスキーに行ってるみたいで楽しそう~~♪いいないいな







Category: Nepal

きたきたきたーーーねぱーるー

きた

ついに

きた


Never
End
Peace
And
Love

ネパール



丁度4年前にネパールを訪れて、私は山にハマった
そこから日本でも山、山、山
そこからどうしても行きたい場所が出来た

「世界一周のバックパッカー」というよりは単純に世界の山を巡りたい
その想いでここ数年はまっしぐらだった気がする
そんな山バカな私と一緒に旅する旦那


世界の尾根のヒマラヤはその中でも最も興奮する場所
旅序盤戦にこんなに早く来る事になると、、身震いするぜ
しかもかずと一緒にヒマラヤを見れる事は何より嬉しい事

いっちょやったりますか!!!!
見てやろうじゃんエベレストの姿を!!!!
ぬふぉーーーーーーーーーーーーーーーー!!!




空港を降りると早速客引きのネパリに囲まれる
話してもないのにすぐに日本語で話しかけてくる彼ら
しかもみんな日本語が堪能すぎる

中国はなんというか外国人にあまり興味がないというか
しつこい客引きも、うざいくらいの好奇心も全くない国だったから
降り立った瞬間に感じるこの空気、嬉しくなる

そんな彼らとちょっかい出しあいながら
タメルまではド満員のローカルバスで向かおう




そう
そんな油断、、







まさかの






到着速攻







スリに遭遇


被害は



クレジットカード4枚…





嘘でしょ
いやいや、空港で確かにネパールの空気に浮かれましたけど!!!!!

その手口は見事すぎる程
バックパックに前にリュック、その下に着けてたウエストポーチの中から
下車する時には綺麗に抜かれてた財布とカード入れ



茫然…



どの国でも常に荷物には最大の注意を払う事
当然に当然に分かってる事だけど

いやもうグゥの音も出ません


旅を続けるごとに増える教訓
身をもってこれからに備えるべし


でも同じポーチに入ってたおNewのipodは無事だった!!
いやーーーー、、こいつもいなくなってたらもう立ち直れましぇん


はふーーーー


ちなみにカードは即日止めて再発行手続き完。
あまりにも衝撃的なネパール第一日目でした、、、、



でもだからってこの国へのテンションは下がるものかい!!!
くぅぅ…!!


タメル
各国の旅人がわんさか集まるカオス

IMG_2351.jpg

IMG_2316.jpg

IMG_2359.jpg


まだまだ健在のリキシャマンに

アジアでも屈指のかわいい雑貨達

でかいバックパックを背負う欧米人

ところ狭しと並ぶアウトドア用品店


排気ガスだらけで常に濁る空気も舗装されてないメインロードも
全部全部わくわくの塊だ!!!



まずは食べとこう
お約束の国民食ダルバート
ついた初日くらいは、厄払いにも、ちょっと豪華にね

IMG_2282.jpg

何年たってもきっとこの町の停電は直らないんだろうな
毎日不安定な計画停電に
ロウソクの食事は最高の贅沢品だ

でもこんな美味しいダルバートちゃんも140円
今夜のお宿は最安値のツイン300円

中国の物価から来たら、思わず笑顔になっちゃう



タメルからほんの少し歩くだけでローカルゾーンなる

どうしてこんなに狭い路地に器用にでこぼこな建物が建ってるんだろう
IMG_2323.jpg

こちらはサモサ屋のインド人の男の子
みーんなカメラを笑顔で受け入れてくれる
かわいい!
IMG_2311.jpg


タメルの道路はみんな土道で、お店は結構一段下がったところに間口があったりする
入口は腰をかがめないと入れないくらい低くて
窓がない穴ぐらみたいな食堂も沢山

ダルバードの翌日はそんな食堂に入ってみると、中は既に一杯引っかけて上機嫌なおっちゃん達がいっぱい
「日本人か」と聞くと
自分達の食べてる料理を分けてくれ
タバコはどうだと一本分けてくれ
アルコール度数の高いロキシーを一緒に乾杯

ごはんは全部スパイシー
中国の美味しい油料理の次は
ここからしばらくはカレールーティーンかな

でもまずは中華に慣れた胃袋に先制パンチ
IMG_2337.jpg

カレー
うます



泊まってる宿は毎回入るところが分からなくなる裏路地の一角
でもこの宿、安さ以上に中々快適!


屋上はこんなに気持ちよくて

IMG_2341.jpg

ガスコンロで自炊も出来ちゃう
あ、でも水道の水は茶色でした
IMG_2346.jpg

迷路みたいなごちゃまぜの路地を眺めながら
陽射しを浴びれば
気持ちいいことこの上なし

ここはカラっとしてるから溜ってる洗濯物もよく乾きそうだ!


IMG_2350.jpg

朝はここでコーヒーを飲みながら久々のバナナサンドイッチ
このマーガリン、タイから連れてきた優秀な一品です




トレッキング会社に偵察にいこうかとぶらぶらしてると、タオ島で会った人に再会!
同じ宿の男の子も一緒に日本食を食べに行く事に

有名なカトマンズの日本食クオリティー
到着早々に手を出してしまった
ナス味噌・生姜焼き・から揚げ定食…
ぎゃーーーー!!

落ち着き度120%の日本食を堪能しながら、すぐそこで会った4人のランチ

こういう旅人のクロスも今までなかったなー
インドネパールに入ってきたっていう感じがする

周辺国での話に大いに盛り上がり、番茶をお代わりする事数回

これからこんなクロスが沢山待ってるんだろうな
話はきっと尽きない
どこかで会った人がまた繋がっていく
そう思うと世界中もそんなに遠くない気がするよ






同じ宿の子とはその晩も深夜まで修学旅行ナイトでした
いやー、正しい新婚Tシャツの使い方だ
今後はこの方向性だな
IMG_2378.jpg

IMG_2380.jpg

痩せたと思ってる皆様、かずの中華腹は健在です




まずはタメルで数日
トレッキングの準備に奔走!!

えっほえっほ



















05 | 06  (2017) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。