Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Guatemala

グァテマラの最後は紫色で

グァテマラ村巡りの旅は、北上しながら進んで行く
次に向かった拠点は、ウエウエテナンゴ。

ウエウエテナンゴ・・・

ウエウエテナンゴーーーーーーーーーーー!!!!
(※効果音にドラえもんの道具の音があると良し)


なんて愛らしい響きなんでしょう
メキシコ国境近くの大きめの都市と言う事なんだけど、
グァテマラに入った時からウエウエテナンゴには響き的に訪れたかった場所、笑

ちなみに「~テナンゴ」というのは、「~の場所」という意味らしい
ウエウエがある場所。
が、肝心のウエウエの意味が分からない!!!


地図を作ってみました
これはグァテマラの南側半分だけだけれど
パンアメリカン・ハイウェイの並びに大都市が、その周りには小さな村が沢山
グァテマラ地図3
アティトラン湖周辺、
ケツァルテナンゴ周辺に続き
村巡り完結編はウエウエテナンゴから!


毎日お世話になっております、チキンバス!
①

チキンバスには快晴が良く似合うぜ
今日も興奮して写真を撮りまくる
②

③

メキシコが近くなったせいか、タコス屋さんが増えた
グァテマラのタコスはトルティーヤが厚めでもそもそしてるんだけど
メキシコのタコスは皮が薄めでとっても美味しい
自転車屋台でこんな風に売っている
④

餃子サイズの皮を重ねて、お肉を入れて
軽めにパクパク食べれるタコス、これからお世話になりそうだ~♪
⑤



向かうのは丁度マーケットが開催されてた、
サンファンアティタンの木曜市
ここは、珍しく男性が民族衣装を着ている村だそうなのだ

チキンバスからの風景も慣れたもので、のんびり走るのが気持ちいい
⑥

トウモロコシ畑がずーーーっと続く
⑦

メキシコ国境行きのチキンバスに揺られること1時間
パンアメリカンハイウェイの途中でポイっと降ろされ、ここから奥へと向かう
分岐してる道路に待ってたのは、コレ
⑧
わぁーーーーーー!
コレ、乗り合いトラック!!

チキンバスより更にローカルな場所を走るヤツ
軽トラの荷台に立ちながら乗るコイツにずっと乗りたかった
グァテマラ最後にしてようやく乗れる日が来たかと思うと感動モノ!!!

大興奮しながら荷台に乗って立ってみる
わーい
⑨

綺麗に舗装された道路は走り易くて
でもぐいんぐいんに急カーブしながらガンガン標高を上げて行く
緑の中を駆け抜けて風を受けて、最高に気持ちいいっ
⑩

⑪

いぇいっっ♪
⑫


乗ってたのは、ものの20分くらい
それでも随分山奥に着たなーと思う
賑やかな村が見えてきて、トラックを降りてみると

お!
⑬

おお!
⑭

おおおーーーー!!
・・・・凄い!

男性の民族衣装が有名とは聞いていたけれど
これには度肝抜かれた
鮮やかな紫色の衣装に真っ白なパンツ
男性の衣装って何て格好良いんだろう

小さな路地の市場に入ってみると、その密集度は増した

⑮

⑯

⑰


女性も艶やかな紫のウィピルを着ている
けれど、この村の主役は断然男性なのだ

ほとんど観光客がこないこの小さな村で
カメラを持った私達はかなり目立った存在だったけれど
お願いすると皆快く写真を撮らせてくれて、刺繍を自慢気に見せてくれた

⑱

⑲

⑳

21

白い布ズボンに
袖口と襟元に刺繍の入ったシャツ
その上からベストのような丈夫な毛を編んだ上っぱりを羽織って
腰に布ベルトを巻く
それに細工が付いてる麦わら帽子に、肩掛けのカバン
最後に肩に共布を折りたたんで引っ掛ける

これが衣装のフルセット
誰も彼もが、全く同じ格好をしてるのだ
恐らく子供はまだ着れないのか洋服を着ていて、成人男性はほとんど皆着ている

素晴らしいのはこの袖口の刺繍
22

23

聞いてみると、紫をベースにして青や赤と、
色と刺繍はそれぞれの家によって違うそうだ
日本の家紋みたいに、同じスタイルだけれど皆自分の家の柄を付けてるのだ
もちろん全てが手縫いで、これは女性の仕事だそう

市場には、その刺繍を施す為の青の糸がズラリ並ぶ
24
青は青でも沢山の色があって
その数は100種を超えるそう


青と赤が混じって、村は紫色で染まる


いい笑顔
25

並んでる♪
26

トラックの荷台から流し目頂きました
27


一本しかない道をてくてく歩いてると
外人に興味があるらしく、結構声かけられた
のんびり歩く、アティタンの村歩き
28

29

30

娯楽があまりないのか、酒場に入り浸って酷い酔っ払いが多いのと
酔っ払って立ちションしてる人が多いってのもちゃんと書いておこう、笑


31
私が着てるのは、隣の村のクチュマタンの衣装(男性用)
この衣装もとっても素敵で訪れてみたかったな~

お邪魔させてもらった♪
32


ウエウエテナンゴの町は大きくて都会的で、女性も皆洋服を着ていた
幹線道路から15分車に入っただけで、こんな世界が広がってるとは思わなかった

衣装は重くて厚そうで、刺繍付で洗濯が難しいからか
ワキはぱっくりと大きく穴が開いて、汗をかいて汚れないように工夫されてる
帽子からカバン、肩布までフルセットは動きやすいとは思えないけれど
それでも洋服でなく今でもこの民族衣装を着ているは、「誇り」なんだろうな

日本も民族衣装と言えば着物と袴だったんだよな~と思う
数回しか着た事はないけれど、着物を着ると背筋がしゃんとするのは
日本人だって意識するからなんだろうな
私もまた着物を着たい

33

生活の中でごくごく自然に民族衣装が溢れてる
グァテマラの村で沢山の衣装を見てきたけれど
最後にこのアティタンで、改めて思う民族としての誇り

いつまでも残ってて欲しい文化だなと思う

34



帰り道もまた、トラックの荷台に揺られて
この村に来れて本当に良かった^^
35



私達が訪れたのはグァテマラのほんの一部で、
まだまだたーくさんの村の生活がある
滞在の2週間は駆け足で、もっともっと奥地を訪れてみたかったな

グァテマラの豊かな緑とカラフルな民族衣装達は
鮮やかに心に刻まれたのでした




◎最後におまけで
念願のサルサレッスンを受けた模様を少々ご紹介!
inケツァルテナンゴ。

大勢の外人で賑わうグループレッスン
36

私達っっ
37

がんばりましたっっっ!!笑
38
フォーーーー!!

いやぁ~、たった1時間なのに登山より筋肉痛
久々の姿勢に首と背筋がビキビキ
太っちょの先生がパワフルで迫力でかっこよくて
かずの真剣な真顔もダンス中でしか見れないレア物
39
またどっかでサルサやりたいな~♪
たのしかったー!





40


子供達にいっぱい出会えたグァテマラ


41


美しいかったグァテマラ


42


面白かった!グァテマラ!!
ありがとう~!!




スポンサーサイト
Category: Guatemala

小さな村の市場を周ろう~♪

先住民族色の濃いグァテマラ
都市を歩いてても民族衣装のおばちゃんが歩いてたりする
その都市からほんの30分も市バスを走らせると
小さな村は目が眩しくなる程のカラフルな民族衣装で溢れる

町からほんのちょっと足を伸ばして隣の村へ
この村巡りこそがグァテマラのハイライト!


前回のアティトラン湖周辺の村巡りから、ちょっと北上して
国内第二都市のケツァルテナンゴの町から遠征して、村を周ろうの巻
村では曜日ごとに定期市場があって、それに合わせて日帰りで遊びに行ってみる
いくつか見てみたけれど面白いのは
どこの市場も民族衣装も特色があって、同じような市がないって事

グァテマラに住む先住民族はマヤ族の人達
彼らの民族衣装、ウィピルと呼ばれる刺繍が入った上着は
ざっと見ただけでも、村ごとに50種以上のデザインで分かれてるそう



村に行くのに乗り込むのは市民の足、ローカルバス。通称チキンバス
中米スタートパナマから同じような形のバスが走ってるけど
グァテマラは一層派手派手になっている

じゃん!
①

どーん!
②

本家パキスタンの改造パラリラトラックには及ばないものの、このクオリティは中々やるぜ!!
派手バスが大好物な私にとっては、ターミナルはパラダイス
ゴミゴミしたターミナルに、ズラリと並ぶチキンバス達は圧巻の迫力っ

このバス、アメリカのスクールバスの中古を卸したもので
中身はそのまんま、座席は子供用サイズになってるもんだから
子供の3人掛は、大人の2.5人分になる
だから、混んでくると真ん中に半ケツをして乗り込むのだ
(オレンジの人、頑張ってます)
③

中々微笑ましいチキンバス
子供達の通学の足にもなってて、隣を覗けば可愛い子ちゃんとの出会いも有。
④
乗り心地もとっても良くて
お値段は2時間程乗っても5ケツァール=65円!!
村巡りをするのに、チキンバスに乗るのが毎日の日課でござい


ではでは、ダイジェスト的に
賑やかな市場の様子をご堪能あれ!
(写真、かなり多め!)


◆チチカステナンゴの水曜市◆
最初に見に行ったここは、最大のお土産市として有名な所だった
火曜に乗り込んで前日入りした時は、やぐらが組まれてるだけで閑散としてたんだけれど
これ↓
⑤
が、
次の日、行って見るとびっくり超巨大お土産市に変貌した!
⑥

⑦

⑧
おぉぉ!
これ、写真だと中々伝わらないんだけど、ビニールシートを屋根にした露店がずらり並んで
通路には更に物売りのおばちゃんが大勢歩いてて、それはそれは大盛況だったのです

木のお面が特産品みたい
30
ちょっとバリっぽいね!

売ってるものは観光客向けお土産ばっかりだったけれど、
すぐ横では野菜や果物も沢山売ってる
おばちゃん、ニワトリお買い上げ。
⑨

⑩

チチカステナンゴの民族衣装は
スカートがタイトで丈も短め、ちょっぴりセクシー^^
⑪

⑫

綺麗な衣装を取ろうとするとつい隠し撮りになって、後ろ姿が多いけど
その後ろ姿もとっても素敵なのです
31

ツアーにも組まれてて、外人がいっぱい訪れるチチカスの市場
お土産商戦に、ローカル市場の活気がミックスされて
まずはのっけから熱気に大興奮!

まだまだこの先お土産が溢れているでしょーと油断して
チチカスではちらりと覗くだけでほとんど買わなかったんだけど
実はこの後の市はローカルばっかりになって、お土産達は姿を消すのであった
あーーん、もっかい行きたい!




◆エルアルトの金曜市◆
高台にある村からは山が見渡せれてとっても綺麗
37

広い空き地が青空市場に
青空マーケットは久々で、この広~い感じがなんと言っても気持ちいい!
⑬

と、遠くから何やら叫び声みたいな金切り声みたいな声が聞こえる
何?何?事件!?
声のする方に近づいてみると、、、
その正体はコイツ

⑭
豚ーーーーーーー!!

周り見ると、イッパイイターーーーーー!!
⑮

⑯

連れ去られる豚の最後の断末魔は切なく響き渡る
プギャァァアアーーーーー!!!
フンギャーーーーーー!!!!
豚ってこんな風に鳴くのね


エルアルトは、普通に野菜やら物資やらも売ってるんだけど
何より特徴的なのは、この家畜市

広い空き地は動物でいっぱい
⑰

⑱

⑲

いるわいるわ、もうあっちこっちから色んな鳴き声が響き渡る
おもしろいーーーーー!
エジプトのラクダ市を思い出しちゃう
あれも逃げ出すラクダの必死さが凄くて面白かったなー

面白くって、あちこち動物を見て周って歩く
聞き込み調査をした結果はコチラ↓↓

~グァテマラの家畜お値段比較~
(1Qケツァール=13円/各一匹価格)
・大人の牛 1500Q、約2万円
・子牛ちゃん 800Q、約1万円
・羊 500Q、約6千円
・子豚 300Q、約4千円
・七面鳥 230Q、約3千円
・ニワトリ 50Q、650円
・子犬 30Q、400円

他にもヤギ、カモ、ホロホロチョウ、猫、ハトまで各種勢ぞろい
いやぁー、ハトはその辺のを捕まえてきたんだろうなぁ、笑

久々に刺激ある市場を堪能
この子達は少し育てて肥えさせてから美味しく頂かれるのでしょうか
生命を頂く事は、こんな場所から始まってたりする

子犬を売ってた男の子
⑳

七面鳥のお尻って初めて見た!
21



◆スニルの月曜市◆
山の谷あいにあるスニルの村
この近辺は温泉が沸く事で有名で、村の中には共同浴場があちこちにある

村に入った瞬間にすぐ感じたのは、民族衣装が断然カラフルになったって事
スカートまでびっしりと刺繍が入って、今までとは全然違うって一目で分かる

艶やか!!
22

24

23

スニル村のウィピル(上着)の刺繍は現代的な物も多くて面白かった
このママのはアニメみたいなキャラクターの可愛いやつ♪
いい笑顔!
25

衣装は上下で色を合わせてたり
お花や鳥や人間をモチーフにしたり
さりげない所までしっかりお洒落に作られてる

よく見ると、みんな頭に帯布を巻いてる
26

細長いベルトみたいな帯布をぐるぐると髪を巻き込んで頭に巻く
帯布自体がとっても素敵なので見てたら、頭に巻いてくれた
27

細かい模様が入ってるもの程高級で、一本5000円もする
物価が5倍以上違うような国でのこの値段には驚いた
衣装を作る刺繍入りの布なんて1万円近くする

この国の女性達は、安くて着易い物を着るんじゃなくて
日本で言う着物みたいな感じに
良い物をしっかりと見につけていて、一点一点が自分の財産の象徴になるような
お洒落する事が楽しくっていうのがすごーーーく伝わってきた
なんだかそれってすごく素敵な事だなぁって思う


市場を上から見ると、こんなアートになる
43

44

スニルは曜日の特別市っていうよりは、いつもの小さな市って言う感じだったけれど
観光客がほとんどこないような山間の村は、なんともゆったりと時間が流れてて
賑やかな市もいいけど、こんな村もいいよな~とほっこり遠足気分だった
29



こんな感じに幾つか村を周って市場を覗いてみたんだけれど
忘れちゃいけないのは、拠点となるケツァルテナンゴの路上市

チキンバスに乗るターミナルのすぐ横は野菜を売るおばちゃん達でいっぱい
ほんの200m程の距離はもの凄い人と活気で溢れてる
32

33

私は市場の中でも野菜を見るのが一番好き
そのまんま丸ごとで、色鮮やかにぶりんぶりんしてる野菜のパワーは凄くて
日本のパックに包まれてる野菜はもう買えないかもって思っちゃう
34
沢山海外の野菜市を見てきたけど
ここの野菜は、種類も質もかなーりトップに君臨するレベルだった

普段中々食べれないほうれん草をクリームシチューにして(小麦粉から作るよ!)
その柔らかい甘みに感動して
35

1kg60円という脅威の値段のイチゴを、毎日のように1kgイチゴを食べて
海外のイチゴって大抵そんな美味しくないんだけど、ここのは最高に甘かった!
36
おかげでここ最近イチゴが大好きになった^^


毎日チキンバスに乗りに行く前に、30分はこの市場に捕まって
必要以上に大量の野菜やら果物やらを買い込んじゃう
むふふな主婦の嬉しい日々♪笑


この野菜からも分かるように、
なんかグァテマラは自然も作物もとっても豊かで
バスの中から見る畑は本当に綺麗に生え揃ってて
金銭的に貧しかったとしても、貧弱なイメージは見えない

大地のエネルギーを全面に感じる国、グァテマラ



市場って、何も特別なものじゃなくて
そこに住む人達の生活がぐぐーーーっと凝縮されてるもの
小さな出会いが沢山あって、見た事ないものが沢山あって
人が生み出すエネルギーって本当すごいなぁ

市場って面白い

38

39

40

41

42

45



毎朝早起きして
地元民と一緒にチキンバスにガタゴト揺られて小さな村へ行く

野菜を売るおばちゃん達のパワーをもらって
あちこちでつまみ食いして
おばちゃん達と話して

ずーっと続く山間の風景を眺めながら
またチキンバスに揺られて帰ってくる

その日買った野菜で作る自炊ご飯は、やっぱり美味しくて

早起きして、野菜をいっぱい食べて
体がしゃんとする感じ


グァテマラの生活は、毎日が気持ちよく過ぎていくのです





◎おまけ◎
チキンバスと私
(超嬉しい)
46




Category: Guatemala

旅人と民族衣装とコーヒーと

中米グァテマラ

①
ついにこの国に来てしまった!!

パナマ、コスタリカ、ニカラグア、ホンジュラス
エルサルバドルはちょっと割愛しちゃったけど
駆け抜けて2週間ちょっと
ゴールは着実に近づいてる


グァテマラの古都、アンティグアに着いた

ここにはスペイン語学校が沢山ある
世界中から語学を学びに、中南米の旅のスタートに学びに来る人も
標高が高くて涼しくて、落ち着いた雰囲気のアンティグア
長期で滞在する人も沢山

まず目に入ったのは、民族衣装を着た女性達
思いっきりツーリスティックな町だけれど、その中に溶け込むようなカラフルな衣装
②

③

果物を売る人
お土産ものを売る人
道にも床にもおばちゃん達でいっぱい

④

グァテマラのウィピルと呼ばれる民族衣装は
場所によって、色や柄が変わってくるそう
細かい刺繍と鮮やかな色がなんとも美しい


道路は石畳で、コロニアル調の建物が雰囲気出してる
⑤

お洒落なカフェは観光客でいっぱい
⑥

公園ものんびり
アイスおばちゃんシリーズ
⑦


首都のグァテマラシティは中米きっての大都市で
ひどい渋滞に、人ごみに、ギラギラした感が漂ってて
そこからわずか1時間でこーんな穏やかな町があるだなんて信じられない!

ここはすっかり旅行者の為の町なのだ
町を歩けばお土産屋にソソラレル~
⑧

⑨


グァテマラは布と刺繍の国
35

⑩



お宿は、アンティグアの有名な日本人宿
ペンション田代。

グァテマラ人と結婚したオーナー田代さんをはじめ、
メキシコに自分のお店を出そうと準備している人に
助産師として青年海外協力隊の仕事で来ている人
写真のワークショップを受ける為に来た人
大学を休学して中米のNGOにボランティアに来ている人

中米に入って初めての、久々の日本人環境は刺激溢れる話でいっぱい

ただ旅するだけじゃなくって
何かをしようとしてる人の話は面白くて
話が尽きないあっという間の時間

⑪

⑫

グァテマラは濃い人が集まりそうな臭いがプンプンするけれど
もしここが旅の序盤戦だったら、間違いなく捕まってただろうな
でも、未だにワクワク感を忘れないで旅してる私達はフレッシュマン

何かをするのにはタイミングもリミットもなくて
いつだって自分次第で動ける

みんなの話を聞いて、胸躍るアンティグアの夜


あー居心地の良い宿と
おもろい旅人達と
使い勝手の良いキッチンと
本棚に漫画なんてあったら動けなくなるよね~

もっと長居をしたくて、みんなと話してたくて
完全に後ろ髪引かれながら前に進む我ら



お次に向かったのはアティトラン湖
グァテマラ最大の観光名所

⑬
目の前には火山がどーんと見える
グァテマラの山はどれも綺麗な裾野が広がってる

周りには小さな村が点在していて
船を使って、あちこちの村を巡る事が出来る


中心の町パナハッチェルにはお土産屋が立ち並んでて賑やか

えー今回も、もちろん大量に
問屋バリに仕入れますよワタシ
グァテマラは女子買い物熱をヒートアップさせる場所
モロッコ、ネパール、ペルボリに続く雑貨天国

お世話になったお財布屋さん
⑭

布地屋さんのおばちゃん
⑮

と、おじちゃん
⑯

お店の人もみーんな着てる民族衣装がとってもカラフル!細かくて素晴らしい!
素敵なのはこれだけ手が込んで手間隙かかってるものを大切にずっと着続けてるって事
自分達の文化を大切に思うからこそ出来る事

改めて民族衣装の美しさに惚れ惚れ
⑰


湖を渡って、近くの村を巡りに行く
お供は巨大バナナ
でかすぎて小顔効果あり?
⑱

小さなボートに乗り込んで
33


~お散歩風景、アティトラン湖の村々~

⑲

⑳

21

22

23

24

小さな村々は、学校があったり、マーケットがあったり
観光開発されてる村の入り口から一歩進めば、そこはすっかり生活の場

女子中学生達はお化粧にピアスにお洒落
25

ライチどっさり
26

見つめ合っちゃった
27


一軒の民家の前を通り過ぎて、おばちゃんと目が合ったら
いらっしゃいって手招きしてくれた

ママが作ってたのは、トルティーヤ
トウモロコシの粉を練って焼いた素朴な味のグァテマラの主食
28

作ってみる?ってタネを渡してくれる
思ったよりもゆるい生地は手のひらにくっついて、上手に広げられなくて
ハンバーグみたいに両手でパンパン浮かせながら叩くのが難しい
29
みんなが一緒になって笑ってくれて、トルティーヤを作る
へたっぴの私のトルティーヤを焼いてくれて、出来立てのアツアツを
フリホールって言う豆煮をつけて食べる
あちあち言いながらほお張るトルティーヤは香ばしくって美味しい

気がつけば周りは近所の人も一緒になって人だかり
鶴を折ったらちびっこはにっこり喜んでくれた

30

31

思いもかけないお招きに、ほっこり嬉しい裏路地のひと時



トゥクトゥクに乗って隣の村まで行って
また路地を巡って
市場で買い物をして
コーヒーを飲む

グァテマラのコーヒーは美味しい
普段コーヒーを飲まない私だけど、本当に美味しいコーヒーだとブラックで飲める
とってもとっても良い香り

グァテマラに来てから、もう何回カフェに入ったかな

32

34


この国は、何ヶ月だってのんびり居られちゃう

すっかりグァテマラの魅力にやられてます






03 | 04  (2017) | 05
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。