Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Laos

ノーンキャウの夕日

再びラオスへ

バスを乗り継いで乗り継いで
漢字をまたあちこちで見かけるようになる

IMG_0919.jpg


IMG_0918.jpg

次の目的地は北部のノーンキャウ


早朝のバス乗り場は大きな荷物を持ったラオス人に
竹筒に入った餅米を売る人に
バックパックを背負った欧米人に
何かと活気があってわくわくする所

IMG_0924.jpg

息が白くなるくらい朝のラオスはまだ寒い
そんな時は練乳たっぷりの濃い濃いラオスコーヒーが美味しい



小さなバンにぎゅうぎゅうに詰まって乗る事4時間
ノーンキャウは山間小さな小さな町
久々の土道

IMG_0979.jpg

IMG_0944.jpg






小さな町に不似合な程立派な橋が一本
みんなこの橋から向かいに落ちる夕日を眺めてる

IMG_1001.jpg

IMG_1002.jpg

それ以外に何もないくらい
それだけここの夕日は綺麗


最近悶々してた事も
ぐだぐだ考えてた事も

夕日を見たら本当にちっぽけな事だ

太陽の光は浄化するパワーを持ってるのかな
朝日も綺麗だけど、一日の終わりを感じられる夕日の方がずっと好き
その時の一日を大切に、太陽に今日もありがとうを伝えたい


ここからいよいよ中国に入っていく
でっかいでっかい中国のほんの一部だけど
溢れる活気に負けないように

元気出して前に進もう!


IMG_0994.jpg


この旅で私も絵が上手になったらいいなぁ、、



スポンサーサイト
Category: Laos

ルアンパバーンで汗を流す

世界遺産登録の町、ルアンパバーン

IMG_0029.jpg

IMG_0037.jpg


メコン川沿いはツーリストの一帯
洋風の綺麗なホテルやゲストハウスが立ち並び、川沿いにはおしゃれなカフェが出現する

沢山の寺院の周りにかわいらしい町並みが続き、ワインセラーがあるレストランなんかもあり
なんだかアジアな事も世界遺産である事も少しかけ離れてる気がする


かわいい宿には
IMG_9916.jpg

IMG_9868.jpg

えぶりでーふりーばなな!!!
えぶりでーーーばなな!!!!!

粗食を続ける我らにとって、バナナの栄養素は最近不可欠である
ばんざーーーい


町のハイライトはメインストリートに出現するナイトマーケット
客がほぼ100%外国人という観光マーケットだけれども
相変わらず売っている民族刺繍小物達はかわいい!

IMG_9887.jpg

物欲はまだないけれど、ちび用の服や靴下なんかは思わず買って帰りたい!!
手のひらサイズちっちゃな靴
刺繍が不揃いなところも愛すべきところ
良くできてるなぁ

IMG_9888.jpg


マーケットの横道を入って見つけたのは
盛り放題10.000kip(100円)のご飯屋台!
IMG_9881.jpg
食べ物が麺かサンドイッチの2パターンしかない為、沢山の外人客達がむらがる
麺・米・野菜炒め数種
とりあえず見た目の華やかさに興奮した我らだったが、この屋台も2度目で飽きる事となる
うーーん
もう少し食べ物にバリエーションが欲しいところだ

ちなみにこちらが代表する麺、カオソーイ
肉みそに香菜やらもやしやらをぶちこんで食べる米麺
IMG_9993.jpg

麺を眺めていると日本のラーメンが恋しくなってきた
そんな所に兄がFacebookでラーメンの画像をUPしている

…思わずネットで日本のラーメン屋を検索してしまう深夜
くぅ…




気を取り直してルアンパバーンの見どころ
托鉢

早朝6時頃、寺院を出た僧侶達が喜捨を受けに街中を練り歩く
ラオス全土で行われている風習らしいが、ここルアンパバーンの托鉢の規模は最大だという

IMG_9952.jpg

IMG_9937.jpg

確かに
練り歩く僧侶の列は30分以上は続く
沿道よりもち米やバナナや菓子を持った人達が僧侶の持つ壺の中に供物を入れていく

本来は厳かな仏教儀式であるけれど、沿道に並ぶ人は皆旅行者であり
中にはツアーの一環で集団で並んでいる列もある
こういった風習が観光化されない本来の姿のまま今後も残っていって欲しいと思う

周辺のゲストハウスの住人達も皆托鉢に合わせて早起き
そして22時になると町は静まりかえる

実に健康的な町だ


そんな健康的な町に合わせて私達も汗を流してみた
IMG_9908.jpg
ラオス赤十字によるサウナ

薄布一枚でラオス人と肩を並べて入るサウナは爽快だ
お互い汗びっちゃである
サウナ上がりにプハーと冷たいものでも一気したいところだが、用意されていたのは熱いお茶だった
ぷーはぁーーーーー
茶がうまい


翌日には皇居ランならぬ、ルアンラン
IMGP0954.jpg

手始めに30分いってみようとの試み
走るだなんて何年振りだろう!
開始30秒で膝が痛くなった…

歩ける範囲から抜けると町の様子がよく見える
汗かいて
汗かいて
遠くまで走る走る

心地良い疲労感
町歩きをするときは、たまにこうして走ってみるのも気持ちいい!


IMGP0963.jpg
市場を通り抜けた



出発直前に肉祭を開催しすぎたおかげて2人合わせて体重が150キロ目前になってしまった…
これは歴史的な快挙の数値、さすが白飯

帰国までに目標130キロ!!
実は粗食のおかげで順調に目方は減りつつある
変貌こうご期待あれ!!



これからも爽快に汗を流そう
ルアンの町は今日も青空




















Category: Laos

バンビエンにょきにょき

ラオス、2都市目
バンビエンはにょきにょきの町である

IMG_9776.jpg

バスの中で爆睡し、寝ぼけ眼でついたのは
元米軍滑走路跡地の何もないだだっ広い砂利広場
その周りをぐるっとにょきにょきの岩山が囲んでる

!?中国奥地?
あの鋭利さはジャンダルム?
はたまた妙義山!?

いやーびっくりした
ラオスが山岳地帯だとは思ってたけど
まさかこんなとこだったとは

滑走路跡地の先に一本だけのメインストリート
なんというか旅行者の為にだけあるような空間

IMG_9847.jpg


でもゲストハウス、サンドイッチ屋台、食堂
あるものがみんな同じ気がする
並んでいるものも一緒、メニューも一緒、値段も一緒
ついでに食堂で流れてるアニメもみーーーんな一緒
これには驚いた

そうか、みんな仲良しなんだな
隣の店同士、競争せずに、みんな一緒

ラオスの通貨はkip
100kip=1円なんだけれども

mango shake 5,000kip
banana shake 5,000kip
pineapple shake 5,000kip

tuna sand 10,000kip
egg sand 10,000kip
ham sand 10,000kip

tuna cheese sand 15,000kip
egg cheese sand 15,000kip
ham cheese sand 15,000kip


こんな感じで同じものが町中に並んでる
ゼロが多いのと大体5000kip刻み
値決めも面倒なのかな

競争力もたまには大事だと思う


お世話になってるtuna sand
IMG_9797.jpg


竹を割ると器用にもち米が詰まってる
お弁当やね
IMG_9762.jpg


にょきにょきの町にはマザーグースがいた
IMG_9832.jpg

小さなにょきにょきに登ってみる
IMG_9817.jpg

そこから見下ろすと畑がきれいに並んでる
サンダルでものの15分で登れた小さな山だけど
汗をかいて景色を見る、これが最高に気持ちいい

バンビエンで私の山に登りたい熱は一気に再沸
わくわくする
これから先いくつの山のてっぺんに出会えるだろうか





バンビエンからバスに乗ると辺り一帯はすぐ山に囲まれる

IMG_9855.jpg

カタコト揺れるバスに乗って町から町に移動する
音楽を聴きながらひたすら窓の外を眺める
隣を見ても相方も同じように窓の外を眺めてる


旅してるなーって感じる大好きな時間


何度旅しても、同じ国でも
その時と同じ旅は絶対にないから

その瞬間思う事を大切に



Category: Laos

ラオス~ビエンチャン~

二ヶ国目、ラオスへの道のり~
私達にとってもお互い初めて踏み入れる国である、わくわく

IMG_9585.jpg



バンコクから夜行バスで13時間、タイ国境沿いの街ノーンカイを越えてビエンチャンへ
ラオスの首都ビエンチャンへの国境はメコン川の友好橋を渡る

その友好橋で早朝7時、まずお世話になったのが

THAI ROYAL POLICE
たい ろいやる ぽりす…

IMG_9591.jpg


お世話になってしまいました
オーバーステイ罰金 500B/1day

おーまいが
旅の初歩的な失敗というか罰則をば!!!

タイのノービザ入国30日を、一か月(31日)と思っていた私達は一日計算違えてしまったのだ
2人合わせて1000B、、生活費にしておよそ2日分

有無を言わさず徴収された1000Bに、旅のお勉強をさせて頂きました
これから幾度となく繰り返されるであろうビザの壁への予兆を感じた瞬間でございます、、



メコン川の川幅はそれほど広くなく、うっかり泳いでも渡れそうなくらい
それぐらいタイとラオスは近くて食料品を大量に買い込んだおばちゃんが大勢ラオスに渡るくらいこの二国の距離は近い

中心地街に向かい、まず感じた事が

「ぬ!!漢字が!!!」

IMG_9658.jpg

ラオス語、英語に交じっての堂々の中国語
宿を見ても、見慣れた中華飯店のような赤と金の飾りがもりもり

えーーーーー!?
ちょろっとタイを越えただけでこんなにも華僑の進出が!?

物価はというとタイとほぼ等価、もしくはちょい高め

特に何の下調べもせず、勝手にタイより素朴な国だろうなと思っていたが
建物も道路もすっかり綺麗に舗装され、カオサンのような雑多な混沌とした空気がまったくない

かといって活気もない、人も少ない
綺麗な乗用車も走る、小ざっぱりとした静かな町である

ビエンチャンは首都だけれどもこじんまりで旅行者も少なく(人民は多し!)
たまに綺麗なカフェで年配の欧米人がコーヒーを飲んでいるぐらいなのだ

なるほどなるほど



~ラオスの美味しいもの達~

IMG_9617.jpg
・フランスパンサンドイッチ(100円)
 かつてフランス領だった事もありパン事情がぐぐっと上昇
 友人からも聞いていたこのフランスパンサンドイッチ、かなりのクオリティである
 ツナににオニオン、トマトを乗せた後に、、なんとパクチーと葱がのった
 んー、アジアンテイスト!!しかし、これがまたなんとも言えないマッチ度だ


IMG_9611.jpg
・ココナッツ系もちもち菓子(1個10円)
 これはタイでもお馴染みのヤツ(母:美津子の大好物だ)
 屋台のガラスケースにきれいにならんだこいつらはもちもちとココナッツのさくさくさが調和し、女子にはたまらない一品
 うっかりすると激甘にひっかかるので注意が必要
 

IMG_9668.jpg
 ・中華料理(一品120円~150円)
 うまし、うまし!!中華万歳!!
 世界各国に中華は蔓延しているとは思うが、町中に漢字の中華食堂率はかなり高い
 タイにもこれ系はあるが、さっぱりとしたスープは中国がもうすぐ隣である事を感じる
 何よりお初お目見えのワンタン!!おいしゅうございます!!




メコン川沿いでフランスパンと焼バナナをかじり、対岸のタイをぼーっと眺めてみる
中国、ラオス、タイ、カンボジアを通るメコン川は長い
川を挟んで綺麗に国境が分かれるのは、中々友好的なんだなと思う


散歩をしているとお寺の中に小学校を発見!
IMG_9649.jpg

みんな綺麗なノートに色鉛筆で絵を描いていたり
折紙で遊んでる

であらばと言う事で「japanese TSURU」参戦したところ、わんさかになった

IMG_9645.jpg

その後、アルプス一万尺がちょっとしたブームへ
1人の子に教えると見よう見まねでどんどん広がっていく

皆、最初ははにかみ屋さんだけれども、人なつっこい
1時間ほど大勢の子供達と遊んだ
子供の体温は高い

これから先も子供達と沢山触れ合い、体操を教えれたらいいな


夜にはメコン沿いに出店されるナイトマーケットを眺める
昼は太陽が熱いくらいだが、夜は15度程と風が気持ちいい
静かな川沿いとゆったりした小奇麗な町
IMG_9618.jpg


3日間滞在し、次はここから430km北のルアンバパーンに向かおう
ここでしばしのんびりしようかと思う

ルアンバパーンでは何が有名かって??


ふふふ

どんぶらこ、どんぶらこ~の
ザ・メコン川下りがしたい~な~~~~~


北部に行くほど、中国色も強くなるとの事
こちらも楽しみである






06 | 07  (2017) | 08
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。