Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Morocco

母なるアフリカを想って

2012年12月にエジプト・カイロから始まったアフリカの旅
途中3ヶ月のアジアへの浮気を挟んだけれど
陸路縦断、たどり着いた大西洋とインド洋が混じる先っぽ、南アフリカ・喜望峰

そして2013年11月、その正反対に位置する欧州への玄関口モロッコまで
足掛け11ヶ月もこの大きな大きな大陸を歩いてきた
今、欧州への入り口となったスペインから
長く長く親しんだアフリカを想い起こそう



エジプト 62日間

①
アフリカへの第一歩となったエジプト
家族みたいな居心地のいい宿と真っ青な紅海に、すっかり出鼻を挫かれのんびり
スークのごちゃごちゃした商店の中で毎日八百屋で野菜を買う
それが最高に楽しかった日々



スーダン 14日間

②
灼熱のスーダン
枯れ果てた土地の町には誰にでも飲める水がめが置かれている
これぞ砂漠に生きる人の思いやりと助け合い、だからスーダンの人は旅人にも優しい
でも、食べ物の種類の少なさに喘ぎ、今後自炊をしていく事を決意した
ビタミンって大事



エチオピア 47日間

③
リズム感・陽気さ・適当さではナンバーワンの国
どこでだって音楽がかかって体を揺らして踊ってる、これこそアフリカンノリ
ノリが良過ぎて人が面白かった、TVで見る民族の人は今もいた
アボカドジュースは最高だった、そして29歳の誕生日に鶏を全解体してさばいた




ケニア 32日間

④
東アフリカ最大の国ケニア
スーツを着て歩く人達、喧騒の中にあるナイロビ
いつからかこの都会の騒がしさと活気が癖になってくる
ギラギラしてるダウンタウン、悪くはないよ



ウガンダ 10日間

⑤
主食がバナナだった事にびっくりした国
主食の穀物炭水化物オンパレードにびっくりしながらも喜んでしまった国
ここには鮮やかな布のおばちゃんに、赤土の道に、緑のバナナの葉っぱに
イメージをしてたカラフルなアフリカがあった



ルワンダ 4日間

⑥
ジェノサイドを想った日々
映像を見て、知って、そして現場へと足を踏み入れる
旅で大事なのはこういうことなのかもしれない



タンザニア 29日間

⑦
奥地には真っ赤な土の道が広がる小さな小さな村
大陸最高峰のキリマンジャロに楽園ザンジバル島
これだけ沢山の顔を持ったこの国の毎日は濃くて、濃くて



マラウイ 7日間

⑧
子供たちの表情がほんわかしてるのは
ここに湖畔の優しい時間が流れてるからなんだろうなぁ
子供たちの前ではバオバブの木もただの遊び場だね




ザンビア 5日間

⑨
突如現れた近代都市に驚いた
ここから始まる、大都会南部アフリカ
え?ヴィクトリア?次は雨降ってるときにこないとね



ボツワナ 4日間

⑩
300kmに一つしか町がなかった国
初めて野良ダチョウを見た国
人口に逼迫するくらいゾウが多い国
ヒッチハイクをしながら、デカイ大地と野生動物こそアフリカ・・と思う



ナミビア 11日間

⑪
初めて真っ直ぐな地平線に沈む真っ赤な太陽を見た
そしてその太陽に照らされて赤く染まる砂漠
大自然の感動を、仲間と分かち合えた、本当に嬉しかったこと



南アフリカ 14日間

⑫
アフリカ最大にして最もアフリカらしくない国
畑は緑が真っ直ぐに整列して
お洒落なカフェが似合いすぎる
充実すぎる名所に完璧すぎる雰囲気、全くもう、、この優等生!!



モロッコ 11日間

⑬
そう言えばアフリカだったんだね、そう言っては失礼
迷路旧市街と対極にある砂漠と岩の大地
ここもまた強烈なアフリカの自然の中





訪れた国はたったの13カ国
アフリカ大陸には54の国がある
1年近く周ったって、この大きな大陸のほとんどを見てないんだ


日本から遥か離れたアフリカの地は
旅に出る前には全くの未知の世界で
こんなに面白い場所だとは思ってなかった

でもこんなに肌に合ってハマるとはね


アフリカって大変なんじゃないの?って思うかもしれないけど

確かに電気どころか水もない場所もあったし
詰め込み式の乗り合いバンの中でお尻が割れそうになったし
全身たっぷりの強烈なダニ刺されに毎回泣いたし
野菜が摂れないエリアでは栄養不足でフラフラになったし
バスが故障してはなーんにもない所で何時間も道路に座り込んで待ったし
雨が降って川が氾濫したら、膝まで浸かって横断しなきゃいけなかった

でも、これって大変なことにはちっともならない
一つ一つが旅の醍醐味をより感じさせてくれたこと

⑭



どこの何が面白かった?って言われると難しい

前半の東アフリカは「人」だった
後半の南部アフリカは「自然」だった

南北で全く違う顔になったアフリカ、その落差には驚いた
着てる服は何重にもなったツギハギで、乾燥で深い皺が刻まれた子供達の小さな手
顔に何十匹ハエがたかろうと、気にせずにこにこ笑う子
そして南部では高級欧米避暑地のような素敵な建物が並び
白人のみならず、黒人達もマイカーでスーパーで沢山買い物をしていった

⑮


でも、TVのイメージであるような貧困と飢餓のアフリカっていうイメージは持てなかった
確かにそういう場所もあるかもしれない
でもいくら貧しい状態の国でも、そこにはそこの生活が成り立ってて
そこに住む人たちは貧しかろうがちゃんと生活している
現地に住む人達は自分たちを「可哀相な人達」とは決して思わない

もちろん問題はいくらでもあると思う、それをいつかちゃんと見てみたい


代わりに旅をする中で出会ったのは


黒い肌に大きな瞳がきょろきょろしてる笑顔

豪快に体を揺すって笑う姿

過酷な土地で暮らす人達の力強さ

シンプルに生きる人達のシンプルな美しさ


⑯


⑰


⑱


IMG_2066.jpg



母なるアフリカの偉大さ
地球を感じた雄大な景色


21


22


23


生命が
荒々しくも
逞しく
鮮やかな
アフリカの大地


真っ黒なかたまりみたいに群がる子供たちと汗だくになって遊んで
廊下でアフリカンリズムを刻んで踊る兄ちゃんと汗だくになって踊って
ぼこぼこの赤土の道路をテント道具を持って汗だくになって歩いて


体全身で感じたアフリカ
この大陸を歩けてよかった


IMG_9198.jpg



ありがとう!!(日本語)
シュクラン!(アラビア語)
アムセグナル!(エチオピア語)
アサンテサナ!(スワヒリ語)
ウェバリーニョ!(ウガンダ語)
ムラコゼ!(ルワンダ語)
ナオンガ!(マラウイ語)
ムリバンジ!(ザンビア語)
デュメラン!(ボツワナ語)





スポンサーサイト
Category: Morocco

モロッコ!その2。 再び迷路と青の町


モロッコ後半戦の旅は慌しく移動をする


①
夜行バスの休憩地点から

モロッコの旗って赤地に緑の星マークなんだけど
これは良くない偏見かもだけど、この配色ってなんとなく怖いイメージが
イスラムが怖いって訳ではないんだけど、赤や黒の色ってなんとなく争いをイメージさせてしまうのね

ここはすっかり北半球なので、今は秋
日中は半袖でもいいぐらいの陽射しだけど
夜になるとぐぐっと冷え込む

夜行バスの中では愛用の毛布でぐるんぐるんになってみるのだ


トドラ渓谷から次に向かったのはフェズ
モロッコの中で一番楽しみにしてた場所


さぁて、入り口です
②
町に大抵旧市街があって、それが城壁で囲われてるって所が
ウズベキスタンの町を思い出させる


この入り口に立つと、ここからだなってワクワクが始まるの


中に一歩入って驚いた

マラケシュもすごい迷路だったとは思うんだけど
何かが違うぞ?

おぉ、坂が凄いのか!

道幅は更に狭くなり、そこに坂が加わったことで高低差が出て
ぐねんぐねんな3D迷路みたいな状態になってる

この感覚、写真じゃ伝わんないんだろうけど、ここでは本当に迷子になるのだ
フェズを経験した今はマラケシュの道は分かってしまうような気がする

でも迷子になるって一番楽しい町歩きかも
四方八方に散らばって、何があるかをぐるぐる探そう

③

④

⑤

⑥


お土産屋もいっぱいあるんだけど、より生活を感じられる風情ある町並み


⑦
猫の国、モロッコ


迷路の中を自称案内人のあやしー兄ちゃん達に連れられながら
見所の一つになってる「タンネリ」と呼ばれる皮なめし場に行ってみた

狭い路地をあちこち抜けて、案内されたのはとある土産物屋

その階段を上がってくと、屋上

周囲を建物で囲まれて広場になってるみたいな所がタンネリの一角になってるそうだ

おぉぉ!これが!
⑧

これ、どんな状態になってるんでしょう?

えっと、まずは毛皮が付いた状態の生皮が大量に集められてくる
毛が取り除かれ、そこら中に綿毛みたいにモコモコ落ち捨てられてる
処理後の皮を風呂釜みたいな穴ぼこの染液に漬ける
⑨

⑩
へー!こうなってるんだ!

そうすると、生皮に皮製品の綺麗な色が付くそうな
沢山の男達が染液でどろんどろんになりながら背が高い風呂釜の淵を歩いてる

モロッコはこの皮製品が有名でカバンからジャケットまであちこちで売られてる
にしても、毎日この大量の皮を染めて、それを消費していくって事
すごいね、お土産屋さん大繁盛ですな

なんとも言えない動物臭が鼻につくけど、嫌いじゃないな
昔ながらの製法を見れて楽しい工場見学な気分だった


屋上から見渡したフェズの迷路
⑪
密集しすぎてて、全く迷路感が分からない・・
そして現代の眺めはパラボラアンテナばかりなのであーる


観光客がいっぱいいる城壁を出てお散歩をして見た日は
完全に地元民だけの市場が広がってた
寄り道して帰ろうとしても、既に方向感覚は全くなくなってて一苦労だった

⑫


~フェズで見っけたもの達~

肉屋の軒先にぶらさがってたのは
⑬
ラクダの頭!!
今までヤギやら豚やらはよくいたけど、さすがにラクダはびっくりした
大きいなぁ、唇のところはぷるぷるしてた

美味しいオリーブ屋さん
⑭
両手いっぱいもらって30円也
これがスペインに渡ると一気に高くなるそう
今のうちに毎日のおやつに♪

可愛すぎる雑貨の中から迷って選んだお土産たち
⑮
これは誰の手に届くでしょうか?
お楽しみに^^



さてさて、お次はぐぐっと北上します
シャウエンの町へ


この後はジブラルタル海峡を渡ってスペインへ向かう
そのちょっと手前のこの町
今までとはまた変わって、緑が見える山間の小さな小さな町
⑯


城壁をくぐって入ってみると
おとぎ話の世界が広がった

⑰

⑱


フェズの何分の一の小さな城壁の中は
ここもまた坂道のくねくねした迷路が続くのに
沢山のおじいちゃんおばあちゃん達が居た

民族衣装は長いな法衣みたいなのに三角帽子が付いてるやつ
髭たっぷりのおじいちゃん達は本当に魔法使いみたい


そしてシャウエンを有名にするのは「青の町」って事

とくとご覧あれ!!この青さ!!!

⑲

⑳

21

22


城壁の中の建物は綺麗な青に統一されていて
どこもかしこも目の覚める青・青・青

青の町として有名なのにはインドのジョードプルがある
ここはそれよりぐっと規模は小さいけれど
いかんせん、モロッコ、お洒落すぎるのである


土産物のカーペットの赤が映える
23

あちこちに葡萄のツルが垂れ下がって
24

にゃんことおしゃべり中
25

家の中もどこまでも青
26

買い物警報発令!!
27


これだけ青いと、明るい陽射しが照ると発光して眩しい光になる
時たま白い建物と柔らかい茶色のレンガが良く似合って
地中海って響きがぴったりの町

インドには無かったイスラムと青のコラボレーション
28


素敵だなぁ、延々に続いた迷路のマラケシュとフェズも良かったけど
丁度歩き周れるサイズのこのシャウエンが何より気に入った


29



この小さな町にこれだけ人が住んでたの?って位
おじいちゃんおばあちゃん、小さな子供達が沢山溢れるあったかーい場所


青い壁に絵の具で色塗りしてる男の子
30

子供達のブームは独楽、教えてもらうかず
31

おんなじ顔してる3トリオ
32


ぐるっとお散歩して、ちょっと小腹が空いた時、見つけたのは
おいしーーーープリン!!!
33

34
これ本当美味しかった!!
本格派の卵いっぱいのプリンはフランスの香りがしたよ~~

あまりに美味しくて、宿に着いてからも食べたくって
かずにmyお皿を持ってテイクアウトしてもらいに行っちゃった
ちょっとそこまでお豆腐買いに行くみたいな状態(笑)



お散歩の最後は、城壁を出て、青を見渡せる場所まで
35
いい天気です

そして最後の〆は、中まで青い部屋で
いつもの自炊セットで青い服着て自炊中
36
全身青って、まさにキャッツアイの瞳ではないか(自称)




10日間のモロッコで駆け抜けたのは

マラケシュ
トドラ
フェズ
シャウエン、の4都市

どの町も自分の足でただぐるぐる歩き周るのが面白かった
迷子になって一つ路地を曲がると、どんどん新しい場所が続いていく
ただ歩いてるだけが面白い、そんな国って中々ない気がする

どこを撮っても絵になるから、モロッコ編は写真がいっぱい^^

可愛い町造りと雑貨に、モロッコが女子に人気が高いっていうのが分かった気がした
ここはケープタウンに続き、新婚旅行に絶対おススメの場所!

いいな
いいな

モロッコの魅力は尽きず、もっともっとこの雑多な町に埋もれたかった



そして旅はいよいよ明日、
ジブラルタル海峡を渡ってスペインへ
ちょっぴり寄り道ヨーロッパ編へ入る


旅の始まりには、まさか自分達がヨーロッパへ踏み入れるとは思ってなかった
でも、これもまたお導き
一ヶ月、おなかいっぱいにヨーロッパの美しさを感じてみよう

泥にまみれて感じるのが旅だとは、今でも思ってしまうけど
世界には沢山の優れた遺産があるから
海を渡って始まる欧州の世界にわくわくが止まらない今夜



また新しい旅が始まるんだね



ばいばい、モロッコの猫ちゃんたち^^
37
元気に暮らせよーー




Category: Morocco

モロッコ!その1。 迷路と岩の国


南アフリカ・喜望峰を最後に、アフリカ縦断の旅は無事に完結した
ここから白飯の旅は次なるステージへ

 
向かうのは、モロッコ
あら?アフリカ卒業したと思ってたけど、そういやモロッコってまだアフリカだったね!
ぐぐぐぃーーーっと南アフリカから、久々のフライトでモロッコへ
アフリカに最後のお別れをするのはモロッコを出る時だね

途中ドバイを経由して、空路計14000kmの旅
かの有名な超背の高いビルは、空の上からでも際立ってた
すごいねぇ
①

利用したのはエミレーツ航空
うちらってば庶民派だから全然知らなかったんだけど
エミレーツって噂のすんごい高級飛行機だったんだね!!
びっくりした
本当びっくりした

座席と出てくる食事のクオリティ、飲み物サービス
日本語の映画は30本近く
15時間以上のフライトは快適この上なく、映画三昧リラックス
②
最近はLCCだったから、この美味しすぎる食事が4回も付くってだけで大興奮のウチラ
ブラボー!

調子にのってワインやらチーズやらをいっぱいお土産に失敬したのは言うまでもありません
そして飲めない白飯は、そのワインをしばらく保持する事になるのも言うまでもありません



至福の時間を堪能してるうちに
飛行機はあっという間にケープタウンの反対に位置するモロッコに到着する

便利なのは空港から直結で長距離列車が走ってる事
滞在予定は10日の、また駆け足なモロッコ旅
首都カサブランカに着いたその足ですぐにマラケシュに移動なのだ
③


モロッコと言えば、有名なのはサハラ砂漠と、迷路みたいに張り巡らされてる古都
マラケシュはその中でも一番に有名な町で「一度入ったら出られませんよ」が謳い文句の迷路都市だ

わくわく
迷路って言葉だけで興奮しちゃうね!

到着したその夜、早速迷路をぐるぐるしてみよう

④

⑤


あぁ、この狭い石畳の道に連なる商店や宿街
スカーフを被った女性が歩き、モスクからアザーンが聞こえる風景

長く親しんだ黒人社会も落ち着くけど
なんだろう、このイスラム圏のすんなり入り込める感は。
この旅で完全なイスラム国はここが最後かもしれない
ちょっぴり感傷に浸りながらも、モロッコは早くも肌に馴染む国


巨大迷路の真ん中にあるのは
ジャマ・エル・フナ広場
ここは大賑わいで人と活気で大盛り上がりだった

食堂に露店に売り子がいっぱいで目移りしちゃうーーー!
⑥

⑦

⑧


活気活気活気
イスラムってやっぱこうだよね

そしてここが、大道芸人発祥の地と言われる広場
あちこちで蛇使いやら楽器演奏者が人だかりを作ってる
賑やかな音楽隊だ~♪
⑨

おぉぉぉ!!我が姉よ、モロッコ大道芸国ですよーーー!
(注:姉は夫婦そろっての大道芸人であるのだ)
でも、ジャグリングやらクラウンやら、そういう近代的なのはいなかったよ
蛇使いが古来から伝わる芸なんだぁね
ほほぅ


これだけ楽しいと、つまみ食いもジャンジャンしたい
ふと値段を聞いてみると
まさかの、、、え、、、、結構高いじゃないか!?
エジプト、更にはインドアジア並の物価を予想してた我らは
ここはヨーロッパの玄関口と言う事をすっかり忘れてた

そしてモロッコで初めて食べたもの
⑩

か・た・つ・む・り

わっほーーーい!
⑪

茶碗に10個程盛られ、3ディルハム(40円)

いやぁね、エスカルゴってさ、チーズかかってオーブン焼のイメージあるじゃない
でもね、ここの子は醤油ベースな煮汁にまんまの姿で浸かってるのよ
ばっちりかわいい角が2本生えてるのよ

結構ゲテモノもイケル口の私
でも、この日カタツムリに手が伸びなかったのは
南アフリカでテントを張った翌朝、超巨大マイマイが何匹も這っていた事を思い出したからであろう・・

うぅーん、でも、とにかく、エスカルゴさん
さすが仏植民地、あちこちで仏語が溢れ、ここはもう欧州の香りがする国なのでした



~マラケシュの迷路探検~

⑬

⑭

⑮

⑯

所狭しと可愛らしい雑貨店が並び、職人が精を振るって
一歩裏に行くとちゃんと地元民が住んでる場所になる
道は真っ直ぐじゃなくってくねくね曲がってて、一歩入ったら本当に出て来れなかった

そんな中、ひょこんと居たりする猫ちゃんはあちこちに居て
モロッコ風情を更にかもしだしてる
⑫


私達は結婚2周年を、この愛らしい町マラケシュで迎えたのだ
いつもよりちょっといいお宿にしたら
内装はイスラムチックでとっても素敵だった
⑰
いや、照明ピンクっぽいけど、あやしーところではありませぬよ

マラケシュ旧市街が見渡せるレストランで
名物タジン鍋とクスクスに舌鼓♪
⑱


モロッコと言えば映画「カサブランカ」の有名な台詞
   「君の瞳に乾杯」
もちろんそれで2人で乾杯だね~と教えてくれたうちのお父さん

瞳に乾杯される前に爆睡に入ってしまった娘に
ちゃんと優しい旦那様はこっそりと耳元に囁いてくれたらしいです
(後日談。)



そんなロマンチックナイトもあった(後日談)迷路都市マラケシュを存分に堪能して
お次は変わって、岩の町へ


砂漠は、ナミブ砂漠を満喫したからサハラはパスするとして
どっか自然の力を拝みに行きたいなーと思ってた候補は

トドラ渓谷

アトラス山脈を越えた辺りに位置するトドラ渓谷は
クライミングのメッカとして有名らしい

行くしかないよねーー!!


マラケシュの大都市を抜けると、風景は一変して
こんな何もない土の大地になり

⑲


建物もこんな感じになってきた
⑳

21


おぉ
多分、これが、ほとんどのモロッコの国の姿を現してるのかもしれない
ここもまたアフリカの強烈な自然が広がる場所なんだなー

建物は、この土の色と同じに全部がピンク色に統一されて
より一層イスラムを感じる雰囲気になってきた
22



トドラ渓谷には日本人の方が経営する、有名なお宿がある
その名も「ノリコ邸」

なんとも可愛らしいインテリアにやわらかーい雰囲気
そして優しいおかんみたいなノリコさん

居心地良すぎたよ!

こんな可愛いおうちにしたいな~
23

24


夜ご飯はノリコさんお手製のから揚げ定食をごちになるのであった
う、、うまかった・・(涙)


ノリコ邸から歩いて15分
トドラ渓谷に遊びに行ってみた


緑の畑の中を歩いて~♪
25

現れたのはこんな垂直な巨大岩壁たちっっっ!!
26

27

おぉぉ、これは凄い
これはかっこいい
力強いなぁ

間は細い通路になってて、ここにもちゃーんとお土産物屋が並んでる
その先を抜けると

28
やっとるやっとる、クライマー達が!
いやぁ、こんなすごい壁ですもの
そして欧州から近い立地にあって、ヨーロピアンが詰め掛けるポイントになってるそう


29
なんていいロケーションなんだろう


ちょっとだけ半年ぶりに
体験程度だったけどトップロープを4本登らせてもらう
30

31

32

33

こんな圧巻の渓谷で登ったら
そりゃ気分は最高でしょう

赤い岩が目にしみたぜっっ



お弁当のフランスパンをリュックに挿して
たたずむトドラの町
34



モロッコ前半戦
活気ある迷路と力強い岩の大地と

ここはなんとも魅力ある国なのです






06 | 07  (2017) | 08
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。