Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Zambia

バンジー!バンジー!ザンビア!!

マラウイの首都、リビングストンのバスターミナルで偶然にも
ナイロビで会ったコウヘイ君に再会した

ここからはコウヘイ君と一緒に、しばしの3人旅となる事に ^^


リビングストンから、次の目的地ザンビアの首都ルサカまでは一気に直通バスに乗る事にした
この辺りは大抵首都から首都への直行便が出てる
一個の国は日本の倍くらいあるけど、そこをズガーンと長距離で駆け抜けるのだ


①
いざ、マラウイからザンビアへ!!


もうこの辺になると、どの国に何があるのか、馴染みが無さすぎて全く分からない
地名も地理も分かってない状態で前に前に進むのみ!

立派な大型バスは快適に
国境を越えて、快調にルサカまで突っ走る

滞在時間が短いザンビアでは、首都と次の国境沿いしか見ないから
ほとんどのザンビアを見ない事になる
小さな町を刻んでくのが好きなウチラにとってはちょっと寂しいけど、これも仕方なし


そう言えばここ最近目立つ紫色のジャカランタンの花を良く見かける
②

大きな木が何本も
町中が紫に染まったみたいで、すごく素敵
数あるアフリカの花の中でも、私はこのジャカランタンの花が一番好きだなー
しっとりと、綺麗な紫


バスの中から覗く風景

③

④


国境の最初の小さな町を通り過ぎたら、後はお決まりの何にもない風景になった
時折、藁で作った民家がポツポツとある
でもそれを過ぎたら本当に何にもない荒野だ
人の住む気配もない

それがザンビアは永遠に続いた
さすがにこんなに何にもない大地がずっと続いてるのは初めてだった
首都ルサカは国のほぼ中央に位置するけど、ほとんどが何にもない大地なんじゃないかって思う


10時間程揺られて、バスはルサカに着く

到着してびっくりした
大きなビルに、超高級ショッピングモール、宿はプール付の欧米系
その規模は東アフリカ最大の都市、ナイロビをも上回る発展ぶり

えーーーーー何コレ!!!
何もなかった荒野に急にポツンと現れた近代都市にびっくりする
砂漠に出来たラスベガスみたい・・

そして驚いたのは物価の高騰

スーパーを覗けば、食べ物は日本並に高い
インターネットは1時間で200円もする、、この旅初の価格!

小さな町と何にもなかった荒野に住む人達の姿は今までと変わらないのに
でもこの国の物価はもう先進国並み
このギャップがなんとも妙なズレ感

そうなのだ、マラウイを過ぎた後、南アフリカまでは噂どおりに近代都市が続くのだ
でも、だからと言って国の全部がそうな訳じゃない
貧富の差は今まで以上に、異常に感じる

およそアフリカらしくない、でもこの格差もアフリカらしい一面になるのかもしれないね


それを思いっきり感じたルサカで
一泊500円のテントでなんとか踏ん張り
高くて何も買えないスーパーでパスタとスープの素だけ買って食事を摂った



ここで質問!

ザンビア

ザンビアと言えば何でしょう??


実は私たち、アフリカに入るまで知らなかったんだけど
かの有名な三大瀑布の一つ、ヴィクトリアフォールがあるんですねぇ!!

ザンビアとジンバブエの国境にかかるこの滝は
この両国を観光して見ない人はいないって位、超ドル箱的存在


そうなのだ!
ヴィクトリアフォールを見に行くぞーーーー!!

ってな訳で入国してわずか3日目には、滝のあるジンバブエ国境沿いに移動する
マラウイ国境から2日でこの国を横断しちゃう訳ですのん、弾丸!!


長距離バスのお供は
⑤
こーんなロングな焼きトウモロコシとかね♪
うまうま


予定の倍の時間かかって(こんなとこはやっぱりアフリカン)
へろへろになって滝のある町リビングストンへ


ほぼこの町にいる外人は100%滝に行くでしょうってここで
泊まった宿は超快適だった

わぉ!!!
⑥

おしゃれプールとBarが付いて
めちゃめちゃ欧米臭がするけど、久々こんな宿も悪くない!
もちろん庭にひっそりテント張るけどね


綺麗なキッチンで自炊して~♪
⑦


ボルダリングウォールもあるし~♪
⑧


プールでシンクロの練習しちゃうし~♪(ピンボケ)
⑨


可愛いワンコ付♪
⑩
あ、最近こんな事もあろーかと、オシャレに黒のロングドレス買いました
マラウイの古着屋のワゴンセールで30円だったけどね!!ぷぷぷ


いやー、たまにはいいですな!
プール付最高!!



さてさて、メインイベント
ヴィクトリアフォールへ!
⑪


滝はこんな感じになってて、滝を挟んで両国の国境になってる
⑫
幅は確か1.7kmだとか
この大地の裂け目!!自然に出来たものだなんて信じられない~~

ワクワクと入場料20$を払って(高っっ!涙)公園内へ


えーと、では、まず雨季のヴィクトリアフォールの雄姿を見ていただきましょう

⑬

⑭

うぉぉぉーーー!!
まさに布みたいに幅広く続く滝、この水の量!!
さすが!!!!!!


この写真が掲示してあったので超ワクワクして滝に向かって歩いていった


季節は9月
超乾季真っ只中のヴィクトリアの姿はこれだった!!!!!

⑮


あ、、ら~~~???
あららら~~~??
細くな~~い??(笑)

いや、写真で見た布幅の滝を想像したら、これはちょろんちょろんではないか!!!

えっとーーー、推測。
最盛期の5%ですな!この水の量!!!(笑)


乾季なのは分かってたけどぉ~~♪
ちょっと寂しいこの水の量~~~♪

⑯


いや、でもこの水平な大地の裂け目はさすが!!
水が無いから直角さが丸分かっちゃうもん!!

そんでもって乾季だけなのか、滝側を見れば縁のすぐ淵を歩いてる人いるし!!
これは凄い!!
⑰


ちなみにこの滝、ジンバブエ側にメインフォールがあるらしく
この水量でもジンバブエサイドは水煙がもうもうと立ち上がってた

ちょっとやっぱり雨季のヴィクトリアを見たかった
でも、それでもコイツの凄さはひしひしと感じるぜぃーーーー

⑱

⑲


こういうイベント所ってみんなでワイワイ行くのが楽しいもん
コウヘイ君と3人で見れてよかった~♪



そして、最大のイベントはここから始まる


この日はコウヘイ君の旅立ち一周年の記念日
彼は心に決めていたことがあった

「ヴィクトリアフォール・バンジージャンプ!!!!」

このバンジーは旅行者の間では結構有名らしい
滝の裏側、ザンビアとジンバブエの間に架かる鉄橋から飛べるとの事


滝観光を終えて、一度ザンビア側のイミグレにお邪魔する
バンジーするぜって事を伝えて、橋までねっていう許可証を頂く


イミグレ付近をウロウロしてると両替商が寄ってくる
見せてもらったのはジンバブエ札
⑳
噂の経済崩壊、ゼロが増えまくっちゃったお札
50000000000ジンバブエドル!!え?いくら??
これで価値は400円くらいらしい

バンジーのおかげで、ちょっとだけジンバブエにもお邪魔出来たのだ

コウヘイ君は緊張でガチガチになってる
「いや、まだ飛ぶかどうかは決めてませんよ」と彼
全く飛ぶつもりのないウチラは、内心では「超飛んで欲しい!」ってワクワクしてる


見えてきた橋
こっから飛ぶのだ!
21
落差111m、世界遺産の中でのバンジー!


近くで見ると半端なくすごい
滝の切れ目そのまんまに渓谷の底は遥か彼方
高所苦手な私とかずは橋の上に立つだけでオシッコちびりそうだ


バンジーの受付でコウヘイ君は無口になった
このまま止めるのか?やっぱり帰るか??

いやー、誰か先に飛んだのを見たら決めます!
そうコウヘイ君は決めた


しばらく待ってるとそこに威勢のいいヨーロピアン達がやってきた

彼らはやる気満々で受付で名前を書いて、そのままサクサク台まで向かってった

早っっ!!
速攻っっ!!
さすがヨーロピアン!!


そして飛んだ!

22


うぉぉぉぉおおおおおおお!!
3人とも笑い混じりの大絶叫

これは、、、凄いアトラクションである
私達は全く飛ぶつもりはないけど、見るだけでアドレナリン出まくりだ



そしてコウヘイ君は言った
「やっぱやるしかないっすネ」

男コウヘイ25歳、出陣である

23


バンジーは台に立ったら最後
スタッフの人の掛け声と共に躊躇する暇なんて全くなく、半ば押し出されるようにダイブする

コウヘイ君も大分ビビってた
でも、彼は潔く、台に乗って、そして大空に舞ったのだ


3・2・1・・バンジーーーーーー!!!!

24


コウヘイ君の絶叫が谷に響き渡り、体は何回もびよよ~んとバウンスして
彼は見事にバンジーしたのだった


いやぁ、見事だった
興奮した、最高に面白かった!!(見てるだけの人)
旅中に中々出会えない興奮感

そしてこの時はたまたまキャンペーンイベント開催中
バンジーは一本130$(!!!)
キャンペーン中なら何本飛んでもいいらしい

地上に戻ってきたコウヘイ君
「最高に怖くて最高に気持ちよかったっス!!、でも、、、1回でいい!!」


はははは。
いやぁ~バンジーは28歳までって言うから、やりたかったけど残念だったよね~
残念、残念、わっはっはーとウチラ
申し込み用紙にはしっかり年齢60歳の欄も用意されていた・・



いやぁ、三大瀑布ヴィクトリアフォール
滝だけでなく、このバンジー含めてのヴィクトリアである

なんとも濃くて楽しい充実した一日だった

25



そして今宵も3人で旅話に花が咲く
6日で駆け抜けてしまうザンビア、短期決戦の勢いも大事
大大大満足なのであった



お次はこの勢いでボツワナを駆け抜けますぞ!!!


スポンサーサイト
05 | 06  (2017) | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。