Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: India②

最後の聖地


パキスタンを早めに切り上げて、私達には一つ重大なミッションがあった


そうなのだ

一か月前に

乾燥アンズを食べたら

前歯欠けた


今まで1年半、白飯は持前の丈夫さもあってか一度も大きな病気になった事はない
ここ一番の駆け込み緊急が、まさかの歯医者だったのだ

一時はもしかしたらこのまま差し歯で
もしかしたら緊急帰国になるかも
もしかしたら今年の夏は実家でBBQしちゃうかも
え?焼肉?え?冷し中華?

なんて半分淡い夢を抱いてたところ…


インドの歯医者は結構頑張ってくれた

①
こちら一緒に診察をうけるカズアキ氏

丁度良い機会にと、2人まとめて見てもらったら
案の定虫歯も発見されて
私よりかずの虫歯は重症だった

それでも通う事3回
ばっちり前歯も治って
かずはセラミックの被せ物もしてもらって

治療本数計4本
クリーニングもしてもらってのお値段、15000Rs(約25000円)!!
早い・安い・簡単(え?)インドの歯医者、おススメですよ


②


デリーもまさに今が雨季の入り始め
丁度1年前もここにいた
雨が降るデリーは気がつけば帰ってくる場所になっていた



予想以上に歯医者がファインプレーを見せたので
余った時間で小旅行をする事に


2人せーので、ここにしようって決めたのは

デリーから北西へ200km、リシュケシュ
ヨガの聖地として有名すぎる、小さな山間の町だ



リシュケシュは緑のモリモリした山の中で
ガンガーの川沿いにひっそりとある町だった

③

今年の雨季は豪雨らしく、既に下流のバラナシと上流のリシュケシュと
ガンガー大増水でかなりの被害が出ているそうだった
ガンガーの色は茶色に濁り、明らかに早い濁流になって流れてる

ずっと降り続ける雨の為に、いつでも薄霧がかかってて
山の中にモヤがかかってるみたいなここは不思議な雰囲気が漂ってる
まさに山奥の聖地

でも、どっかで見たことがあるような雰囲気
なんだか熱海みたいな、日光みたいな
どっかの日本の温泉地のようなほのぼのさ


ニホンザルみたい
④

こちらはインドの白猿
⑤

ここの牛は、よく肥えてて幸せそうに暮らしてる
⑥

⑦


ガンガー増水と雨季のせいでこの一大観光地も
なんだかひっそりしていて今はこの静けさを独占できる状態だった


リシュケシュと言えばヨガ
町には宿の数と同じくらいのヨガアシュラム(道場)で溢れ返ってる

ここは世界中から何ヶ月もの長期で
ヨガを修行しにくる人が集まる場所なのだ

私達は初めての、ほんのちょっとのヨガ体験


ふらりと連れられて来たヨガ教室で、通ったのは3日間5レッスン、計10時間
これも何かのめぐりあわせなのか、先生が同じ大学の先輩だったのだ!!


現役バリバリダンサーの先生の身体は美しすぎた
きっちりびっちり体のブレを正してくれるヨガは、なんだか本当にダンスのお稽古みたい

そういえば最近踊る事なんてすっかり忘れてた
自分の為に踊ったのなんて本当何年前だろう
久しぶりに感じる床の感触が超気持ちいい

⑧

⑨


なまり過ぎた体にビキビキと正しいポジションがきつくて
一日4時間のレッスンがきつくて
でも何だか踊る事が大好きだった昔を思い出して、嬉しいキツさ

完全に頭の中を集中させて
呼吸をしながら体を一つ一つ感じていく
あっという間に過ぎてく2時間

かずは3日間で前屈が床につくようになった!すごい!!
⑩


朝起きていそいそとスタジオに通って
呼吸をしながら雨が降る音を静かに床で聞いて
びっしょり汗をかいた後にターリ―を食べて
心地良い疲れで倒れ込むようにそのまま寝る

山奥の神秘的な場所で、この身体だけの生活
旅に出てこんなに気持ちい生活も初めて


まさかインドでリシュケシュで
まさか日女の大大先輩と出会えるなんて
びっくり嬉しい出会いだった
⑪
レッスンありがとうございました!!
先生は毎日3レッスンを休みなく半年も続けてるそう
すんごい!!!!



身も心も浄化されたリシュケシュを経て
お隣の町ハリドワールへ


ここもガンガー沿いの大きな町
日没の時間に始まるプジャ(お祈り)を覗いてみた

⑫
お供えの花売りから、蓮が乗ってるお花を一つ買った


ガートにはいっぱいの人が座って警察が誘導してる
人の流れのまんまに火を灯したお花をガンガーに流す

⑬

⑭

裸になって沐浴をしてる人達の横で
ちょびっとだけ聖なるガンガーを私達も触ってみる
⑱


鐘も読経の声もわんわん響いて
みんな手を上げてお祈りをする

そのうち火が灯されて、ガンガーは何とも言えない幻想的な姿になった

⑮

⑯

⑰


毎日毎日、ガンガーではプジャが行われる
この濁った茶色いガンガーは全インド人の心なのだ

インドで見る最後の景色はとってもインドらしい物だった
数ある聖地の中でこの場所にこれて良かった

⑲

⑳

このガンガーに溶けてるみたいな優しい色が好き
沢山いる人もみんな一つの景色になって溶け込んでる


ぼんやり眺めながら、もうインドが最後なんだって事を思う
もしかしたらもうインドにも来ないかもしれない
もうアジアへも戻らないかもしれない

この入り混じったような独特の匂いとお別れして前に進まなきゃ
戻ってこれて良かった、もう一度感じたかったこの感覚


牛が人と同じ様にいる街角
21

木の下で修行僧がたむろする
22

どこに行ってもするスパイスの香り
23



私達の旅はここからアフリカ大陸へと戻る

旅はこうやってちょっと寂しい想いを抱えながら
前へ前へと進むんだ




スポンサーサイト
Category: India②

~ここから始まる2人の旅~


IMG_3295.jpg


デリーの町は4度目
さすがに帰ってきた感がある、安心する町


いま、私はここに一人でいる
一人になって早一週間
500日以上同じ部屋で寝てたかずがいないのは変な感じ

この一週間でも色々あった
殆ど宿街から一歩も出ない一週間も、旅の時間は流れてる


宿や旅行会社の人が一年も前の事なのに私を覚えていてくれて嬉しかった事
人との繋がりのもろさに酷く悲しくて落ち込んだ事
反対に、いつも涙が出るほど嬉しく支えてくれる友人に心が温まった事
日本からの友人の合流に心配したり、わくわくした事
いつものように、早速体調崩しちゃった事


そんないろーんな事を私は全部かずに話す
それをうんうんって一喜一憂しながら聞いてくれるかずが好き

そして
かずの今日一日の出来事を、私も一喜一憂しながら聞くのだ



一人旅をする事
それには色んな意味が含まれるけど
私達にとって今、大きな大きな意味がある



元来私は、「自分は自分として強くありたい」と思って生きてきたタチだ
パートナーであっても、同じ目線でぶつかって、自分の足で立ってお互い生きていたいと思う
つまりは馴れ合いの支え合いはいらないねぇ、というやっかいな孤軍奮闘タイプなのだ

そんな、妻として非常にメンドクサイタイプの私の事を
旦那であるかずは誰よりも理解してくれてる

人として論がありすぎるが故に感受性が強すぎて
たまに崩壊してしまう弱い心がある事も理解してくれる


一つは、この私のそんな面を、この旅の中で消化していきたいという事
去年もやもやしてた想いも含めて、嫌って程旅の中で自分と向き合って行こうと思う

それを考える為には
静かに、穏やかに過ごす自分との時間がどうしても必要だ


30歳を前に
まだまだ考えたい事が沢山ある
考える事を止めない旅でありたい

脳みそ活性プロジェクトである


かずとの日々は、非常に楽しい
24時間楽しい事でいっぱいだ、うん、ラブラブだ

そんな2人でもケンカして1週間口をきかない時もあるし
そんなケンカした後は2晩くらい続けて語り続ける時ある

世界情勢
思想論
金融
宗教観
家族について

以外にこんな事でも夜を徹して語り明かしていたりする


でも自分の脳みその構築をゆっくり振り返るって事は
今、絶対的に必要としてる事なのだ



そしてもう一つは

今、離れて分かる
想いを共有しあう事、それが支え合う事になるんだって事に気づいた

心配事、楽しみな事、辛い事、嬉しい事
自分が体験した事が、2人の体験になってく

おもしろいもんで
そうすると、なんだか2つの旅をしている気がしてくる


いってきますといってらっしゃいを互いに言い合って
私はかずの見てる景色を想像する

これは常に一緒にいたら、分からなかった事かもしれない




ここからそれぞれの2人の、2人にとっての、旅が始まる



私はこれからパキスタンへ向かう

永遠の桃源郷の中で、山に抱かれる2ヶ月プロジェクトの始まりだ


このご時世の中パキスタンへ向かう事で
既に家族、友人に沢山の沢山の心配をかけてる

決して
ダイジョウブだよ!!!!なんて笑顔では言えないけど
久々に歩く1人の道、気を張って進んでいこうと思う


パキスタンはフンザ以外の北部にも
たーくさんの、たーくさんの魅力が沢山ある

アフガン国境には、独自文化を持って厳しい自然環境の中で谷に住みつづける民族

3週間近くかけて進み、拝む
世界二位のK2峰

狭いエリアの中に混在する
ヒンドゥークシュ山脈、カラコルム山脈、ヒマラヤ山脈

もう目の前に見える、新疆中国側の国境



ドキドキとワクワクがいっぱいなのだ




自然の中でゆっくりと深呼吸をしたいと思う
そんな旅へ、パキスタン!


安全第一でいってまいります




Category: India②

玄関口はムンバイから


しばしお別れだよアフリカ、また帰ってくるから!!
眼下に広がる緑の大地よ
①
一生懸命この大陸を駆け抜けてきたけど
こーして機上から眺めるのも地球って感じでステキ


久々の飛行機には興奮した
LCCであるエアアラビアは、一日60ケースもロストバゲージがあると噂される会社…
心配しまくってたけど、荷物は無事に輸送され
(はっ!!でも帰りもあるんだ、、荷物は勘弁して!!)

初のアラブ諸国、シャルージャに立ち寄り
久々にマックなんてものを食べてしまった、大興奮
完全なるイスラム社会、ちょっと懐かしい
しかも超金持ち社会だ、さすが隣はドバイ

もちろん飛行機内はLCCなので食事が付かない
持参した、ゆで卵・じゃがいも・食パンで作成するサンドイッチのなんと旨かった事よ
水すら提供されず、唾を飲みこみしのいでると
優しい隣の金持ちインド人がコーラを分けてくれた

そんな彼はインドと言えばーの映画「スラムドッグ・ミリオネア」を知らなかった
ちらっと話をしても全く興味がなさそうだった
やっぱり上流階級者からみたら、そんなもんなの?


このAIRトランジットの中でPCで「スラムドッグ・ミリオネア」を見た
インドに入る前に気合入れようぜって事で
2人とも大好きな映画である、もう何度も何度も見た
私は、初めてインドに行った4年前に帰国した直後に上映されたこの映画をすぐに見た
インドをインドらしく分かりやすく描いてる
 "生きながら学んできた" 
多分インドで大半の人がそうせざるを得ないような、人生の凝縮

映画を見ながら何度も興奮する

うん、来るよ、来るよ、インド
やっぱりインドだね



インドに着いた

インドに着いたでーーー!!!

②

③


2人とも3度目のインド
降り立ったのは、初めてのムンバイ
南インドへの玄関口である

どんだけIT先端大都市なんだろうと思ってたら
そうでもなかった
程よい、洗練されて、海の風がそよぐ、きもちーーい街だった


客引きされたどことなく日本人に見える笑顔の可愛いおじちゃんに連れられて
このおじちゃんが大好きになったのと、この宿が居心地良かったのと(独房的でしたが)
ムンバイにすんなり
 
屋上で髪を切るかず
暑すぎない爽やかな風が気持ちいい
④


インドらしからぬ?って思ったけど、すぐに屋台街が発見できた
全くこういうとこには鼻が効いちゃう白飯。

⑤
立ち食いでみんなと一緒にかきこむターリーは、一食15Rs~
25円…やっぱインドって凄いかも

どこからでも声がかかって、ちょい胡散臭い憎めないかわいー兄ちゃん達
⑥

さみしー目をして、人一倍ずる賢いけど
生意気ながらに愛らしい物乞いの兄弟達
⑦


あぁ、やっぱりここはインドなのだ
どの国とも圧倒的に違う、このインド独特の空気
入国して数日で、うっかりアフリカの事忘れるくらい、インドっぷり全開肌に浸みこむ



今回の予定
ゲートムンバイより、一週間共に過ごし
そこから互い離れ、南北へと進んでいく


どこに行こうかーって考えた時、エローラ遺跡が出てきた
このデカン高原の近くには、なーんもない平原に、石造りの寺院が何千とあるらしい
いってみようではないか

起点の町、アウランガバードへ

宿近くは、ちょうど野菜マーケットだった

わーーーーー!!!
⑧

⑨

み…っみどりの野菜があるっっ!!!
エジプトを出てから早数か月、緑、葉物には全くご縁がなかったのだ
感動。この野菜の豊富さ、感動した

早速大量に緑を買い込んだ
オクラ、ピーマン、ゴーヤ、インゲン
キューりなんて涙が出る程久しぶり
真っ赤で綺麗なトマトにいつものニンジャガタマトリオ

あぁー、いや、カレーも久々に食べたら超旨いんだけど
特に南は辛くないし、米うまいし (基本私はカレー飽きるのでダメな人)

でも、、3日目にして早速作っちゃったよ
・4種の緑のゴーヤチャンプル(必殺カツオ節入!)
・オクラとトマトのねばねば丼(目玉焼付!)
・いつもの肉じゃが(肉ないけどね)
・トマトキューリとゆで卵サラダ
こんな時にはVIPに味噌汁もつけよう

⑩

⑪
いやーー、もう最高だった、うまかった、、
やっぱ、体はビタミンを欲するよ
これはいくら外食の安いインドにいても、、自炊必須…

でも、宿の人に「電熱コイルは電力を食うから使っちゃダメ!自炊するな!!」
って怒られてしまった
はーーーー?ちょとちょと、電力不足を唱えていーのは、アフリカの方ですよ
こんなに町中電力に溢れてる町でそんなの通用しない、アフリカを見てみろ!!

とゆー訳で無視して作りまくって、更に怒られるウチラなのであった


あぁ、、でもこんな美味しい自炊も、離れ離れになったらもうしばらくないのか
今回はテントや冬用シュラフのでかものを私が持ってくので
自炊セットやその他もろもろ備品を全部かずが引き受けてくれる

2人で最後にささやかに2人の味を作る
これ最高

バタバタとアフリカ最後を来て、あっという間にここまで来ちゃったから
離れるって実感が湧かないまんま
さみしーね、さみしーねって毎日言い合うさみしんぼう夫婦のお2人、未だラブラブ。

だから、この1週間はたっぷりのデートでもある



エローラ遺跡は綺麗な敷地にゆったりと広がってて
インド人ファミリーのピクニック的な場所にもなってた

のんびりおだやかない――空気が広がってて
思わずビニールシート広げて、アイス買って、デートデート

おわ!!すごい猿もいた
⑫

木に登ってみたら、その後インド人に一斉に囲まれまくる
⑬

写真一緒にとってって言われたのをエローラだけでも100枚くらいやった気がする
つ、、つかれるよ、、インド人団体、、
最後の方は笑顔もひきつってしまった…


エローラは凄かった
平均寿命が30歳に到達しなかったという8世紀ごろに、100年もかけて
ひたすら岩山を削り、ノミだけで彫りあげて出来た寺院

⑭

久々に遺跡系を見たけれど、やっぱり緻密で精巧な物を見るって本当に面白い
でもやっぱ、紀元前数千年を考えると…エジプトって桁外れに超人だね


デートなもんで、2人の写真も色々とりまくる
⑮

⑯

⑰

⑱
あら、久々良いツーショット♡

中々いい場所に来れたなぁ
静かな遺跡は気持ちいい


んで、もう一個気になってたのは…



サイババの町



はい、キタヨーーー

歩き方のほんの隅っこに書かれてたシールディという町
サイババってあの、昔流行ったもじゃ頭で白い粉と見事な手術(トリック)で有名なサイババ!!
どうもここは、その前身、1920年に亡くなった元祖、シェリー・サイババの居た地だそうな

ものすごぉーーーく気になってた
インドと言えばサイババっての忘れてたよ!!
多分もう今の大学生は知らんのかな…


ここも、、、凄かった…!!

バスを一歩降りれば、町サイズに似合わない程の高級ホテルいっぱい、宿だらけ
大型バスでインド人観光客がいーーーっぱい町へ乗り込んでってる
旅行会社だらけ、なんかすごい活気

へ?歩き方には小さな町って書いてあったんだけど?

んで、道路には溢れんばかりのサイババ・グッズ達
⑲

⑳

21

シルディ・サイババって、このちょい猿系の顔で、白い髭と白い帽子のおじいちゃんなんだけど
まさにこのおじいちゃんの顔でこの町は埋め尽くされてる…
ブロマイド、ペンダント、置き物、カレンダー、DVD、指輪etc
この状況ちょっと期待してた

でも本当、このたった一人のおじいちゃんが絶大な信仰を受けていて
こんだけ一つの町を飲みこむくらい影響力があるって、、やっぱりすごい


今回購入した、ちょっと、いや、かなりくだらないお土産を手にするのはいったい誰でしょう??
ぷぷぷ、楽しみに待ってて下さいまし♪


お寺は付近に4つあるらしく
その全部で朝は4時から、夜は22時まで
ほぼ数時間置きに何かしらのサイババにまつわるイベントが行われてる

私達はそのうちの一個の寺の付近に宿をとった

近くは例のグッズ土産物屋と、お供えの生花を売る店がいっぱい
22

そういえば、白い粉探したけど、、なかったよ
でもその代りに、サイババって書いてあるタイガーバームみたいなヤツみつけたよ
買っとけばよかったかな??


お寺の中に入る時から完全に裸足
持ち物チェックが厳しく、カメラは没収!!

残念ながら詳細は撮れませんでしたが

デイズに―ランド並の大行列で
恐らくは祀ってある本尊のような所は、入れないくらい長蛇の列

小さな博物館もあって、当時着ていた衣服や家具が厳重に保管されてる
それを見ていくインド人はみんな手を合わせ、拝んでる


ちょっと遊び半分心で来てる私達でも
本気でお祈りしてる人達の前では、こっちも本気で祈ってみようという気持ちになる


結局サイババって何なんだろう
活仏的な?
日本であれだけオカルトブームで持ち上げたけど、そんな一瞬の流行りすたれじゃなくて
本当にインド全土の心の支えって感じがしたよ、ちょっとアイドル的だけどね

ちなみに外人はサイババって何?って全く知らなかった…
日本はギボ愛子とか織田無道とかと一緒にブームを作りすぎだよね




そんなこんなインド入り1週間、非常~~~に濃く濃く充実した1週間だった!!
やっぱ面白すぎるよインド…



最後は同じ駅の同時刻の別の列車で、ホームで見送ってもらいながら
かずと「いってきます&いってらっしゃい」と涙のお別れ
私はデリーへ
かずはゴアへ

ここから、始まる
2人の新しい旅!!

23

そー、だからバイバイじゃなくて
いってきますと、いってらっしゃいなのだ!!



01 | 02  (2017) | 03
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。