Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Sudan

さんま蒲焼からエチオピアへ

私達は今、「地球の歩き方、東アフリカ編」を1冊持っている
ここにはエチオピア・ウガンダ・ケニア・タンザニアの情報は載ってても
スーダンの情報はない

持っていたのは欧米人御用達ロンリープラネットの数ページの情報
英語ばっかりの内容はほとんど読まずに、頼りにしてたのはスーダン全図の地図

今までこんなに調べなかった国もなかったと思う
でもバスを乗り継いでいくのにはその地図一つで実際十分だった

情報なんてそんなになくたって、旅は出来るね
そう思ったスーダンの国


ハルツームからバスに乗る事10時間
南東部カッサラの町へ

ここはエチオピア国境へ向かう前の最後の町


到着したのがもう日が落ちる頃
今日はとりあえずバスターミナルの近くに泊まろうって思ったら
そのまま3日ここにいてしまった

というのも
町の中心部はターミナルから6kmも離れてる
め、めんどくさい

そんなのもアリだ


さすがターミナル付近なのか
ここには車の整備屋さんがいっぱい
パーツ売りから修理から、あっちにもこっちにも
①

トヨタ?オンパレード
②

もの凄いポンコツって思うものでも、何でも直して乗っちゃう
これってすごい技術だよね


このカッサラで実に画期的な事をしてみた


珍しく、ちょっぴり風邪気味になったかず
これはイケナイ
そんな時は元気が出るご飯が食べたいね!!

米だ 米だ
風邪には米でしょ

自炊キッチンはここにはない
でもお鍋なら持ってる

そうだ

チャイ屋さんのガス台借りよう!!


仲良くなったチャイ屋のおばちゃんに聞いてみると
心良く、いいわよーのお返事

ありがとう!おばちゃん!!


~路上チャイ屋DE米を炊くの巻~
③

わらわら人が集まってくる

待つ事15分
おぉっ!!ふっくらと!!
美味しく炊けたよ~~~~

④

おかずは秘蔵っ子で温めておいた
さんま蒲焼缶詰
ふりかけ
梅こぶ茶の素

う、う、うまい!
なーーんて最高のご馳走よ!!
3合ペロリで完食
⑤

鍋持参して、米炊いてサンマ缶開けちゃう日本人
きっとこの町で史上初だろうな
お陰様で風邪もばっちりでございます



早朝のカッサラバスターミナル
人がわんさか集まるこの時間が一番賑やか
⑥


ここからガダーリフを乗り継いで国境へ
移動、移動、移動

実は今までバスの窓はぜーんぶ厚いカーテンで仕切られてて
外の景色が一切見えなかった

直射日光を避ける為なんだろうけど
チラっと見える砂漠を横目に、ミステリーツアーのロケバス状態
最後の最後でやっと外の景色が見えるミニバンに乗れた

クーラーもいいけど
窓全開で風感じて走る方が何倍も気持ちいいって

⑦


南部には今まで見たことないキノコハウスの集落がいっぱいあった
⑧


国境の町、ガラバットは今までより更に更に暑かった
宿を探してウロウロしてたら、今度は私が熱中症気味になってしまった

ここまで2週間以上もビタミンが足りてない食生活
この暑さ、背負う荷物はサブザックを入れたら25kgはある
いやー眩暈でフラフラちん

ここぞのポカリ粉末を溶かして、水分をいっぱいいっぱい摂る
数少ない野菜の中、トマトとライムをかじる

過酷な土地の中、栄養と休息は何より大事と実感なのだ


宿ではカイロで買ってきた蚊帳が初の活躍
蚊帳の中は守られてるって落ち着く感じがいいね!
⑨

⑩


宿と言ってもここは簡素なものだった

バラック小屋は時間制の自家発電の電気
ドラム缶に汲み置きの水で水浴びをする
虫がつかない麻で編んだだけのベッドで、虫がつかないように慎重に横たわる

女の人は大部屋で、男の人は外で寝てる人もいる
こっちのが涼しくていいかも
⑪


同じ部屋に寝てるのに
A型のかずはあんまり虫に刺されない
B型の私は日に日に増えていくダニ跡よ~
靴下に長ズボンをINするモンペスタイルに長袖の完全防備で頑張ってるのになぁ

B型って食われるんだよねぇ、、くすん


蚊帳・ポカリ・非常食(さんま缶)
日本製の虫避けに、ダニ避けビニールシート

うぅーん、今まで全然使わなかったもの達が
早速アフリカ旅では大活躍
やっぱ備えあれば、だね!


さて、国境を超えるぞーとまずはビタミン補給にオレンジ一杯
⑫

カメラを出してたら
囲まれる囲まれる
あっという間に人だかり

⑮

⑯


集まるよー
⑬

コレいっぱいいすぎでしょ!笑
⑭


でも実はこの人達、私服を着てるのはエチオピア人
スーダン人はイスラム服の白いガラベーヤを着ている

この国境は和やかな雰囲気で、どっちの国の人も自由に行き来してる
イミグレもゆる~い感じで国境特有のピリピリ感は全くないのだ


スーダンからの
⑰

ようこそエチオピア
⑱


早速目にしたもの
エチオピアのアムハラ語
⑲
むむっ
これは全く分からないでしょーー!!
グルジアとアルメニアの宇宙文字を思い出すな


国境越えてすぐ試したのが
エチオピアの国民食、インジェラ
⑳
麦の一種を発酵させてクレープ状にしたもの

世界三大まずい物と言われるインジェラ
見た目雑巾、味はゲ○、と例えられてしまうインジェラ

お味はとゆーと
なんで発酵物ってすっぱいんだろうか…
砂糖を入れたら立派なクレープなのにねと二人の意見は一致する

でもそんな不味いもんじゃないよインジェラ
すっぱいだけさ!! 毎日これだったら泣いちゃうけどね


不思議な事に
国境を越えたら今まで全く生えてなかった木がモリモリ生えてる
最初の町、ゴンダールは標高2000m

久しぶりの山の景色は新鮮
雲がある、坂があるよここ!!

21

気温は20℃そこそこくらいかな
一気に20℃も下がってる!!

涼しくて過ごしやすいし、心なしか蚊も少ない気がする


これが隣の国だなんて思えない
おもしろいなー、アフリカ大陸


ゴンダールの町に着いても早速人に囲まれる
ハメルンの笛吹き状態に歩けば子供達が着いてくる
22

23

子供達は早朝4時半から道でサッカーをしてる
元気すぎっ


みんな首には十字架のネックレスを下げてる
24

あなたはイエス・キリストを信じてる?
僕は彼をとっても尊敬してるんだよ

そう子供達は話をした


女性は布を巻かずにTシャツ姿で
町にはお酒を出すバーがいっぱい

今まであったチャイ屋の代わりに
停電の中、おしゃれなマキアートを飲む

25


宗教が変わるって一個国境を越えただけでこんなに感じるもんなんだなー
エチオピア、無事到着です



スポンサーサイト
Category: Sudan

田舎村と首都ハルツーム

スーダンの良いところってどこ?って聞くと

みんな口を揃えて

んんーー(考えて)、人かなぁ~~ って言う


ある人は
スーダンには何にもないよー って言う


見どころと言えば唯一世界遺産の小さな崩れそうなピラミッドがあるくらい
エジプトからわざわざフライトでエチオピアまで飛んじゃう人もいる

でもでも
そのなーーんもないと言われるスーダンの空気
これが感じたかったものなのだ



灼熱砂漠の国スーダン
真っ青な空に茶色の砂の色が映える、と思ったら
②

翌日には砂嵐が舞って一面真っ白で何も見えなかったりする
①


国境の村ワディハルファから
ドンゴラとカリマという小さな村を乗り継いできた

びっくりするぐらい、ほとんどが砂漠の国
その広大な砂地に申し訳なさ程度の小さな村々がぽつんぽつんと点在する

③

でも意外なのは結構隅々までに綺麗に舗装された道路が整ってる事
交通手段の相乗りミニバンは想像以上に乗り心地も良くって、クーラーも効いてる
長距離便は高クオリティの中国製ハデハデ大型バス

もしかしたらこんなに道路が整備されたのもここ最近の事かもしれないけど
移動、文句なしに快適!


土壁の家々が並ぶカリマの村は
なーんもないが、いい感じのまったり感を醸し出してる
④

⑤


ここでも生活の足になってるのはロバ
ロバ、足短いけど本気出すと結構速いよ
信号がある町では車と一緒に信号待ちしてるし
ロバ愛好家の私としては頭でっかちの姿が愛くるしくってしょうがない
⑥
これ、多分うしろに乗ってるの気づいてないよ
ぷぷぷーかわいー♪


村の人達はとっても気さく
どこかせわしくてエネルギー全開のエジプト人に比べたら
穏やかでまったりしながら声をかけてくる

⑧

⑨

「チャイナ―」って声かけられてもうざったく感じないから
こっちも笑顔で「ヤバーン(japan)」って返しちゃうもんね


それにしても、あぢぃ、あぢぃ
強烈な日差しは38℃あるよ、やっぱし
でも夏には50℃を越えるって言うもん、この季節を選んで正解だったかも

みんなも暑いもんだから
日中の日差しの中なんて誰もいない
商店は昼間閉まってる所が多いし、人が集まってるのは木陰のチャイ屋

賑やかになるのは夜になってから
⑩
食堂にも地面の上にも、みんなチャイをのんで談笑してる
これぞ正しい砂漠の国の生活スタイル


~村の子供たち~

この足がかわいい
⑪

女の子は気合いの入った三つ編み!
⑫

学校帰りメンズ
⑬

市場で着いてきた物乞いの子
⑭


線路沿いの市場は賑やかでした
いやーーいいなーのんびり
⑮

⑯


困った事は食料事情
食べるものはというと
ファラフェルというトウモロコシ粉のコロッケ、揚げたては最高のサクサク
豆を煮て玉葱と一緒につぶしたフール、あっさりしていて飽きのこない味
これをアエーシっていうパンと一緒に食べる
⑰
食堂のぞいても、大体これしかないのね
チキンと魚も見かけるけど結構な高級品
ひたすらファラフェルとフールとアエーシのローテーション
スーダン人も毎日毎日このローテーション
いや、美味しいんだけどね、、

ビタミンが足りないっっ!!
頼りの野菜も果物も、エジプトに比べたら倍以上に値段が上がってる
緑の葉っぱのサラダが食べたいですワタシ。。
あと白い米だーーーーー!!

⑦
ファラフェル揚げてます
8個で1ポンド(14円)、何十個食べてるんだろうか



村でまたーり生活を堪能した後は
首都ハルツームへ

ハルツーム、中々の大都市です
近代ビルがある (ところだってある)
車も大渋滞 (ロバも大活躍中)
高級ホテルのwifiも無事に盗めた (外の路上に座ってね)
でも田舎村に売ってたアイスが、この首都にはどこ探しても売ってないよ!!!
なんでじゃーー大問題っっ


首都に来たからといって、やる事が変わる訳でもない

チャイ屋で談笑して
⑱

パン買って
⑲

道端でおっちゃん達と握手する
⑳


なんか観光がばっちりある国だと
やっぱり「観光」しなくっちゃって気分になっちゃうけど
あえてなんもないっス!!って所の方が気負わなくて私は好きかなー

スーダン、いい所です


この国のスゴイとこは、どこにでも道端に水飲み場がある
21

田舎では陶器で出来た水瓶ので
ここではサーバーで
中に入ってる水はキンキンに冷たい
誰でも自由に飲めるように、自分の家の前にみんな置いてるみたい
水はここでは死活問題だもんね

かなり濁ってるこの水はさすがに飲まないけれど
食堂で出される水は飲めるようになっちゃった
ちょっとずつお腹も順応しとかないとね

水って最高に美味い飲み物だよなーって事を実感
ビールより牛乳よりね


そうそう、かずはハルツームで青空床屋に挑戦しました
22

お値段10ポンド(140円)でやってくれたお兄ちゃん
見習かしら?最高の段段カット、頑張ってます
23

この見事な襟足、もみあげも直角
24
日本じゃ中々見られないよね
お見事!

この青空、違法だったのか警察らしき人が来た瞬間、一斉に周り全員撤収
え?え?まだ途中?だったかな??
重めにビシっと揃ってるかずは、前から見たら、、

河童みたいだった

(その後、彼は路上で自分で手直ししました)



~ハルツームの街角から~

25
※ちなみに今、このチャイ屋に座ってお隣高級ホテルのWIFIを盗んでブログUP中!!

26

27

いい笑顔!



あ、荷物の整理をしてたら
正月明けに日本から受け取った本のあいだに、なんと両親からの年賀状を発見
サプライズ!
28

宛先:地球のいろいろな所

お茶目なおとんとおかん^^
大好き!
2月13日、無事に受け取りました~♪



さてさて次にネットが繋がるのはエチオピアの首都になるのかなー
それまでもーちょっと田舎暮らしを楽しみたいと思います



Category: Sudan

スーダン入国、船の旅!

エジプト南部アスワンからスーダンへ
同じ宿には他にも何人か週一便の船を待つ旅人達がいる

2月第一週目を狙ったのは
欧米人グループ4人
中国人グループ4人
そして私達とダハブからの友人まりちゃんの、日本人3人

みんなアスワンでビザを取って
船のチケットを手に入れて準備してきた
なんかこんな大がかりな国境越えって中国―キルギス以来かも
初めての船入国にわくわく


いつも国境越えの時は買出しに余念がないけど
今回は余計に多かった
あれもこれも
トイレットペーパーも6ロールに
ダニ避けの丈夫なビニールシートも入手(これがここから大活躍!)
食糧もインスタントラーメンにパンに
ジャムにオレンジにトマトにお菓子

気がついたら過去最高なくらい荷物が膨れ上がってる…
最近日本からの差し入れ強化で、私のバックパックの中には未だ大量の日本食が入ってる
かずのバックパックの3分の1はドでかい登山靴を2足無理やり詰め込んでる

気合でせーので荷物を背負って
出発しますは船の出るアスワンハイダム駅まで、まずは電車で!
①


出航17時に向けてゲートの開門は午前10時
港に着いた9時前にはもう人でごった返してる

駅から港までは直結
当日キャンセル待ちをする人の列
出国ゲートに並ぶ列

これに並ぶのか…
と思ってたけど、パスポートを見せると外国人は最優先
ずらっと並ぶみんなを横目にあっさり手続きスルーなのだ
②


あれよという間にほぼ開門同刻で目指す船まで来れちゃった
これが噂の船!
③
結構愛らしい姿をしてるでしょ


しかしまー
みんなもの凄い荷物を持ってる
スーダンからエジプトに買出しに来ている人が多いって話だけど
持ってくものも半端じゃない

大液晶TVに、洗濯機、大型冷蔵庫
これ、みーんな個人のモノ

事前に船脇に準備されてるものだけでこんなにいっぱい
④

押し合いへし合いの乗船を覚悟してたけど
あれれ?こんなにあっさり乗り込めていいの?
外国人パスって凄い効力だなー
まだガラガラの船の中でいい場所も確保した


こっから出発まで7時間もあるのかーと思ってると
ぞろぞろみんな乗り込んできた

300人乗船に対して700人乗せるっていう船なのに
乗船口はたった一つ
みんなを乗り込ませるだけで7時間もかかるのか

でっかい荷物を狭い通路に持ち込むもんだから
ぶつかり合ってすぐにケンカが始まる
そこら中で大声が上がっても、でもみんなすぐ笑いあってる

真っ黒なスーダン人は結構陽気な国の人みたい


乗船料金は2等席で307ポンド、約4000円
もちろんこれは現地人のウン倍の外人料金だ
1回の食事券付

食事は早い方がいいものがあるよって情報を元に、落ち着いたらすぐに食堂車にいってみた
キッチンもいい感じ!
⑤

チキンにじゃがいもシチューにサラダ
パンにオレンジが一個付く
⑥
豪華だね~~~!!


床にビニールシートを敷いて、寝袋を出して
オレンジ剥いて、おやつも食べちゃう

どれだけ過酷かと思ったけど
結構快適な船旅でござい


ナイル川は風もなくて穏やかな凪
船は音もなく静かに進んでく
あぁこれからいよいよ南下してくんだなーなんて事をただぼんやり考えてる

荷物でいっぱいの席から
床に雑魚寝状態のスーダン人に囲まれて、いい夜です
⑦


早朝、朝もやの中で窓からアブシンベル神殿が見えた
アスワンから車で3時間の距離を、船は12時間かかってゆっくり進む
ありがとうエジプト、これで本当にバイバイだ!
⑧

さて
日も昇った事だし
甲板へ出てみましょう


コチラ、乗船直後の人がいない甲板
⑨
うーーん、広々ですね!!


コレ、乗船後はこんな状態になってた!!
⑩
物・人・人・物ーーーー!!

救命ボートにまで人がいっぱい
みんなこの状態で夜を明かしてたんだね
実は、ちょっとだけ、この状況期待してたりして(笑)

⑪

⑫

⑬

こんなに荷物がいっぱいでも
ちゃーんとみんな心地良い場所を見つけて、おしゃべりしてほんわか楽しいムード
これってやっぱり国民性かもね!

救命ボート下でのお茶会に参加してみる
ボウルの中に入ったジャムとチーズをパンにつけて
日陰で延々続く談話会
⑭

⑯

甲板にいると歩く度にすぐに声をかけられる
中国人か?
写真撮ってくれ
俺の携帯で写真撮ろう
みんなにこにこな可愛い笑顔の人でいっぱい


船の上にはエジプトとスーダンの国旗が並ぶ
⑮


両国の間は現在高速道路建設予定中って話も聞いた
今は週一便のこの船だけが唯一の手段
エジプトへ出稼ぎに来る人も、買い出しに来た人も
スーダン人の大量の荷物も旅人もみーんな一緒にまぜこぜに乗ってくる

こんなごちゃまぜ船での国境越えは
今じゃないと出来ないのかもしれないね

こういうのこそが醍醐味だよなーー


17時間の船旅
下船時は揉みに揉まれてーの怒涛でした



桟橋を歩いて、いざスーダン入国!!
⑰


カイロにいた時、天気予報を調べてみたら
スーダンの気温、38℃…

うん!
熱いよスーダン!!!!!!
この陽射し、強烈!!

ついこの前カイロが4℃だったとは思えない、お隣の国スーダンです


入口はナセル湖の南端の村、ワディハルファ
⑱

⑲

⑳


砂砂の国に到着です


21
宿の廊下にて



07 | 03  (2017) | 08
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。