Archive   RSS   (Login)

to the unknown ground

ゆっくり、あるきはじめよう。 はじめのいーっぽ!!

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類

帰国から一年


to the unknown ground.
1115日間
53カ国



道いっぱいに行く手を阻むヤギ達からポロポロと大量の糞が落ちる


ロウソクの灯りだけの部屋で買ってきた果物をナイフで半分こする


むき出しの広い荒野の中でポツンと現れるダチョウ


ボロボロになったスキッ歯でニカっと笑う怪しいおっちゃん


何百人の人達が同じ場所に集まって、ただ一心に祈りを捧げる


カラっカラの埃まみれの中で見つけた全く冷えてないスプライト


見知らぬ子供達とぎゅっと手を繋いで、ぎゅっと熱いハグをする


目が悪いけどそれでもびっくりするぐらい見える星の数


トントントンとソムタムの壷を叩く音で目を覚ます


見渡す限りの地平線に落ちていく強烈な赤のバカでかい夕陽



記憶はいつまでも消える事なく
小さな欠片になって日常をふわふわ漂ってる



1年の時間はあっという間で
エアコンが無くてカビが生える家は気づけば落ち着く場所になって
かずの髭がもじゃもじゃに生える事も、
ジャガイモみたいにボロボロの日焼けをする事もなくなって
産まれたばかりだった甥っ子はすっかり歩き始めて幼児になった

冷蔵庫の中身を見て献立を考えて、
明日はゴミの日だっけ?って考える
平和で穏やかな事は間違いないんだけど、
電車に乗る為に5分単位で時間に追われる生活は息苦しい



昨年、私達の旅をまとめた写真展を開催する機会があった

①

3年間で撮り貯めた写真は5万枚
その中から選んで選んで選び抜いた30枚の写真達は
今も我が家の壁を鮮やかに飾ってくれてる

写真を引き伸ばしてパネルに張って、眺めて
初めて記憶だった旅がカタチになった


日が暮れてからその日の宿を必死に探していた生活は遥か遠い昔みたい



②



でも、どこで暮らして、どうやって生活してても、
「地球で生きてる事」は、みーーーんな一緒。なんだなぁ

ただ間違いなく言えるのは
「丸い地球は全て同じ環境ではない」って事

それを私達は知った


この地球には
肌の色も宗教も文化もお金の価値観も違う人間が居て
熱かったり寒かったり、
緑だったりカラカラだったりの大地があって
動物達もその環境に応じて容姿を変えていた


色んな人が居て
色んな自然があって
色んな「生きる」があった



③


⑩


⑦


⑧


21


24


⑱


22


④



前よりずっと「生きる」という事を考えるようになった

これから二人でどうやってどこで生きていくのか

それを語り合えるパートナーがいるって、
本当に幸せな事だって思う。



迷ったら時、寝っころがってみたら何か見つかるかもしれない
⑪

暇だったら何か楽しい事をやってみたらいいだけの話
⑫

結局は荷物なんて背負えるだけのモノしか必要じゃない
25

生活する空間もそんなに必要じゃないし
⑭



多分普通の人の30年分の夫婦の時間を、私達は一緒に過ごした
だから最近なんてもう「アレ」だけで会話が出来ちゃうもんね
もうすっかり老夫婦の域に達してる


わっはっはっは。


23



人生はまだまだ長い

どうしようかって迷った時は
手を取り合って、手を差し伸べる事を忘れないようにしよう


このでっかい地球の上で、最大限に生きていけるように


⑮


⑯


⑰



山岳民族の村で静かに暮らしたいな~
どっかの村で暮らしたくない?ってかずに聞くと
そうでもないなーってかずは言う。

そうか、、、
それは残念だ
うーーーむ。


26


さてっと

どうするかな


地球の色と音と匂いを
これからも感じながら生きていきたいな


29



人生はまだまだ長いのだ。



⑳



楽しもうじゃないか
精一杯に。





スポンサーサイト
Category: 未分類

帰国から4ヶ月。


2014年12月29日
私達は神奈川にある実家に辿り着いた

3年に渡る1115日、53カ国の長い長い旅のゴール


それから時は流れに流れて
季節は冬から春へ、しかもちょっと汗ばむくらいになってきた

あれからずーーーっと私の心残りだったのは
最後のブログを書き綴れてない事
長い間、私は旅の最後を書き綴れなかった。


家族とたっぷりと時間を過ごして
会いたい大切な人達に沢山あって
何を食べても美味しくて
実家のベッドはやっぱり一番で
地元の空気は最高だった

日本ってヤツは、ここに産まれた日本人ならば
すぐに順応しちゃうんだよね

家で過ごす日々がこんなにも穏やかで温かで幸せで
旅に出てた3年が、気がつけば夢だったんじゃないかな感覚

このブログも、写真すらも見返す事がなくて
ただひたすら私はここに居たのだ


住民票を入れた
アルバイトをしてみた
日本の雪山にも行ってみた

家を探した
引越しをした
かずが就活を始めた

ここで2人で暮らす事を考える


桜も散ったぜ
今日の陽射しはもはや半袖だったよ

さてっと。
順調に新しい生活が始まっている


この4ヶ月はそんな風に過ぎて行った
のんびりとだけど着実に。



でもねー

どうしても。

どうしても、もっかい

かずとなーーーんにもない所で、ぷはーーってやりたかったのだ

地平線が見えるような、大地のど真ん中でさ


それはどうも2人同じだったらしい。


この3年の旅を思い返すには、
あまりにも大きくて宝箱の蓋が閉まんないような感じ

私達が経験してきた全てのことは、全部この体に吸収されてるのだ。


旅の今までと、これからと
色んな事を2人で好きなだけ語り合いたくて
大地を感じる感覚を思い返したかった

そんな時間が欲しかったのだ



帰国して4ヶ月
再び、ひょいと荷物を担いで

いってきます


アフリカへ。


の、横っちょにある日本より大きな島


マダガスカル。



バオバブの見える地平線の中でテント張ろう


なーんて実感が全く沸かないままに
数時間後にはテイクオフでございます。


待ってろアフリカ。



久々にブログを立ち上げて
いきなり始まる、2人のおまけの旅


いってきます。




Category: 未分類

出発前夜

いよいよ旅立ち。
温めて温めて、思い描いていた夢。

隣にいる相棒と一緒に、新しい一歩を踏み出す前夜。


この一カ月で、沢山の大切な人達との時間を過ごせた。
何よりも温かくて嬉しい時間だった。

「かけがえのない」

ありがとうがいっぱい。



to the unknown gland

背筋がしゃんとする。

Category: 未分類

飯田親子タイに行く の巻

さて、明日から一週間。
飯田親子はタイにいってきます。

娘脱出直前に親孝行3人旅という訳ですねー。

バックパック1:父マコト
バックパック2:娘ミキ
おかんはちびリュックを背負って。

宿 決めてない。
父母 「えーーー!!」

トイレは流れるの?
手で拭く?
正露丸は?
お湯は??

当初は困惑だった我が両親も、THEアジアにボルテージが上がっております。
昨夜父はバックパックを「お父さんのはコレ!」と嬉しそうに背負っておりました。

はてさて、どんな一週間の旅になるでしょうか。


かくいう私も海外は実に2年以上ぶり。(最終渡航もタイ)
おぉぉ。
緊張するなー
「go to KAOSAN!!」
って言っとけばいいんだべ。

タイよりまず成田に興奮するなぁ。


12月の出発の地もバンコク。
下見を兼ねていざゆかん!

両親は娘イチオシのプーパッポンカリー(蟹の卵カレー炒め)を楽しみに
屋台の選び放題麺類を楽しみに
マンゴスチン食べまくりを楽しみに
象に乗るのを楽しみにしております。
…あぁぁあどれくらい増量するだろうかー…


こうして親子3人で海外に行く機会もない事
楽しい旅になりますように
(姉よ、兄よ、旦那よ、すまん。)

ついたらカオサンのBarでまずは乾杯だ!
夜な夜な語りべを開催したいと思います。


いってきまーす♪♪


Category: 未分類

高揚

私の苦手な事の一つに「はっちゃける」という事がある。

どうも、こう苦手なのだ。
他愛もない事で華が炸裂する場は緊張する。


私の中で「テンションが上がる」というのは、自分の中で沸々と湧きあがる事。
スイッチが入る瞬間はいつも静かな空間だ。

久しぶりに本を手に取り、カフェに入る。
あぁ、スイッチが入るなと分かる瞬間。

結婚する事によって生活・稼ぎ・子供、一人の時には一人だけの思惑だった事達が現実味を帯びてくるが、
旅に出る事はそれほど深くは考えていない。
ここにくるまでひたすら必死だったけれど
あくまでも人生の中で幾つもある分岐点の一つな訳で、そこが最大のスタートな訳ではない。
長い旅に出ようと思ったのはすごく自然な流れだったと思う。


出発したその日には、多分
「あぁ、きたんだな」とそっと目を閉じていると思う。

多分その感覚が一番自分にとって心地いいんだろうなと今日想像した。


沸々と湧きあがる瞬間。
きっとこれから何回も出会うだろう。





06 | 07  (2017) | 08
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

GOEMON27

Author:GOEMON27
人が好き
旅が好き
山が好き
バイクが好き

そう、ずっと地球を歩きたかった。

人生の相棒と2人で
遥かなる大地へ

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。